【選挙から学ぶ判例】crps 裁判例 lgbt 裁判例 nda 裁判例 nhk 裁判例 nhk 受信料 裁判例 pl法 裁判例 pta 裁判例 ptsd 裁判例 アメリカ 裁判例 検索 オーバーローン 財産分与 裁判例 クレーマー 裁判例 クレプトマニア 裁判例 サブリース 裁判例 ストーカー 裁判例 セクシャルハラスメント 裁判例 せクハラ 裁判例 タイムカード 裁判例 タイムスタンプ 裁判例 ドライブレコーダー 裁判例 ノンオペレーションチャージ 裁判例 ハーグ条約 裁判例 バイトテロ 裁判例 パタハラ 裁判例 パブリシティ権 裁判例 ハラスメント 裁判例 パワーハラスメント 裁判例 パワハラ 裁判例 ファクタリング 裁判例 プライバシー 裁判例 プライバシーの侵害 裁判例 プライバシー権 裁判例 ブラックバイト 裁判例 ベネッセ 裁判例 ベルシステム24 裁判例 マタニティハラスメント 裁判例 マタハラ 裁判例 マンション 騒音 裁判例 メンタルヘルス 裁判例 モラハラ 裁判例 モラルハラスメント 裁判例 リストラ 裁判例 リツイート 名誉毀損 裁判例 リフォーム 裁判例 遺言 解釈 裁判例 遺言 裁判例 遺言書 裁判例 遺言能力 裁判例 引き抜き 裁判例 営業秘密 裁判例 応召義務 裁判例 応用美術 裁判例 横浜地裁 裁判例 過失割合 裁判例 過労死 裁判例 介護事故 裁判例 会社法 裁判例 解雇 裁判例 外国人労働者 裁判例 学校 裁判例 学校教育法施行規則第48条 裁判例 学校事故 裁判例 環境権 裁判例 管理監督者 裁判例 器物損壊 裁判例 基本的人権 裁判例 寄与分 裁判例 偽装請負 裁判例 逆パワハラ 裁判例 休業損害 裁判例 休憩時間 裁判例 競業避止義務 裁判例 教育を受ける権利 裁判例 脅迫 裁判例 業務上横領 裁判例 近隣トラブル 裁判例 契約締結上の過失 裁判例 原状回復 裁判例 固定残業代 裁判例 雇い止め 裁判例 雇止め 裁判例 交通事故 過失割合 裁判例 交通事故 裁判例 交通事故 裁判例 検索 公共の福祉 裁判例 公序良俗違反 裁判例 公図 裁判例 厚生労働省 パワハラ 裁判例 行政訴訟 裁判例 行政法 裁判例 降格 裁判例 合併 裁判例 婚約破棄 裁判例 裁判員制度 裁判例 裁判所 知的財産 裁判例 裁判例 データ 裁判例 データベース 裁判例 データベース 無料 裁判例 とは 裁判例 とは 判例 裁判例 ニュース 裁判例 レポート 裁判例 安全配慮義務 裁判例 意味 裁判例 引用 裁判例 引用の仕方 裁判例 引用方法 裁判例 英語 裁判例 英語で 裁判例 英訳 裁判例 閲覧 裁判例 学説にみる交通事故物的損害 2-1 全損編 裁判例 共有物分割 裁判例 刑事事件 裁判例 刑法 裁判例 憲法 裁判例 検査 裁判例 検索 裁判例 検索方法 裁判例 公開 裁判例 公知の事実 裁判例 広島 裁判例 国際私法 裁判例 最高裁 裁判例 最高裁判所 裁判例 最新 裁判例 裁判所 裁判例 雑誌 裁判例 事件番号 裁判例 射程 裁判例 書き方 裁判例 書籍 裁判例 商標 裁判例 消費税 裁判例 証拠説明書 裁判例 証拠提出 裁判例 情報 裁判例 全文 裁判例 速報 裁判例 探し方 裁判例 知財 裁判例 調べ方 裁判例 調査 裁判例 定義 裁判例 東京地裁 裁判例 同一労働同一賃金 裁判例 特許 裁判例 読み方 裁判例 入手方法 裁判例 判決 違い 裁判例 判決文 裁判例 判例 裁判例 判例 違い 裁判例 百選 裁判例 表記 裁判例 別紙 裁判例 本 裁判例 面白い 裁判例 労働 裁判例・学説にみる交通事故物的損害 2-1 全損編 裁判例・審判例からみた 特別受益・寄与分 裁判例からみる消費税法 裁判例とは 裁量労働制 裁判例 財産分与 裁判例 産業医 裁判例 残業代未払い 裁判例 試用期間 解雇 裁判例 持ち帰り残業 裁判例 自己決定権 裁判例 自転車事故 裁判例 自由権 裁判例 手待ち時間 裁判例 受動喫煙 裁判例 重過失 裁判例 商法512条 裁判例 証拠説明書 記載例 裁判例 証拠説明書 裁判例 引用 情報公開 裁判例 職員会議 裁判例 振り込め詐欺 裁判例 身元保証 裁判例 人権侵害 裁判例 人種差別撤廃条約 裁判例 整理解雇 裁判例 生活保護 裁判例 生存権 裁判例 生命保険 裁判例 盛岡地裁 裁判例 製造物責任 裁判例 製造物責任法 裁判例 請負 裁判例 税務大学校 裁判例 接見交通権 裁判例 先使用権 裁判例 租税 裁判例 租税法 裁判例 相続 裁判例 相続税 裁判例 相続放棄 裁判例 騒音 裁判例 尊厳死 裁判例 損害賠償請求 裁判例 体罰 裁判例 退職勧奨 違法 裁判例 退職勧奨 裁判例 退職強要 裁判例 退職金 裁判例 大阪高裁 裁判例 大阪地裁 裁判例 大阪地方裁判所 裁判例 大麻 裁判例 第一法規 裁判例 男女差別 裁判例 男女差别 裁判例 知財高裁 裁判例 知的財産 裁判例 知的財産権 裁判例 中絶 慰謝料 裁判例 著作権 裁判例 長時間労働 裁判例 追突 裁判例 通勤災害 裁判例 通信の秘密 裁判例 貞操権 慰謝料 裁判例 転勤 裁判例 転籍 裁判例 電子契約 裁判例 電子署名 裁判例 同性婚 裁判例 独占禁止法 裁判例 内縁 裁判例 内定取り消し 裁判例 内定取消 裁判例 内部統制システム 裁判例 二次創作 裁判例 日本郵便 裁判例 熱中症 裁判例 能力不足 解雇 裁判例 脳死 裁判例 脳脊髄液減少症 裁判例 派遣 裁判例 判決 裁判例 違い 判決 判例 裁判例 判例 と 裁判例 判例 裁判例 とは 判例 裁判例 違い 秘密保持契約 裁判例 秘密録音 裁判例 非接触事故 裁判例 美容整形 裁判例 表現の自由 裁判例 表明保証 裁判例 評価損 裁判例 不正競争防止法 営業秘密 裁判例 不正競争防止法 裁判例 不貞 慰謝料 裁判例 不貞行為 慰謝料 裁判例 不貞行為 裁判例 不当解雇 裁判例 不動産 裁判例 浮気 慰謝料 裁判例 副業 裁判例 副業禁止 裁判例 分掌変更 裁判例 文書提出命令 裁判例 平和的生存権 裁判例 別居期間 裁判例 変形労働時間制 裁判例 弁護士会照会 裁判例 法の下の平等 裁判例 法人格否認の法理 裁判例 法務省 裁判例 忘れられる権利 裁判例 枕営業 裁判例 未払い残業代 裁判例 民事事件 裁判例 民事信託 裁判例 民事訴訟 裁判例 民泊 裁判例 民法 裁判例 無期転換 裁判例 無断欠勤 解雇 裁判例 名ばかり管理職 裁判例 名義株 裁判例 名古屋高裁 裁判例 名誉棄損 裁判例 名誉毀損 裁判例 免責不許可 裁判例 面会交流 裁判例 約款 裁判例 有給休暇 裁判例 有責配偶者 裁判例 予防接種 裁判例 離婚 裁判例 立ち退き料 裁判例 立退料 裁判例 類推解釈 裁判例 類推解釈の禁止 裁判例 礼金 裁判例 労災 裁判例 労災事故 裁判例 労働基準法 裁判例 労働基準法違反 裁判例 労働契約法20条 裁判例 労働裁判 裁判例 労働時間 裁判例 労働者性 裁判例 労働法 裁判例 和解 裁判例

「公職選挙法 ポスター 掲示交渉」に関する裁判例(149)昭和48年 9月26日  名古屋高裁  昭47(行ケ)4号 市議会議員当選の効力に関する訴願裁決取消請求事件

「公職選挙法 ポスター 掲示交渉」に関する裁判例(149)昭和48年 9月26日  名古屋高裁  昭47(行ケ)4号 市議会議員当選の効力に関する訴願裁決取消請求事件

裁判年月日  昭和48年 9月26日  裁判所名  名古屋高裁  裁判区分  判決
事件番号  昭47(行ケ)4号
事件名  市議会議員当選の効力に関する訴願裁決取消請求事件
文献番号  1973WLJPCA09260013

要旨
◆候補者の氏名に付けた「御中」を他事記載と認めた事例
◆右投票中「未太郎」と記載されているのは選挙人が「末太郎」と書くべきところを誤記したものと認められるのであるが、さらに同票には「愛知未太郎」の名下に「御中」なる二文字が記載されているのでこの点について審按するに、そもそも右「御中」なる文言は会社、団体など個人あてでない郵便物などの宛名の下に添える語で、しかも「へ」「に」あるいは「宛」などの語と同趣旨の呈示の意思を表示する意味を含んでいるものであつて、「殿」「様」などの単なる敬称とは異なり、これをこえた有意の文言と解すべきものであるところ、さらに加えて右投票においては「御中」なる語が右のような通常の用法と異なり、個人名の下に添えて記載されているのであつて、以上の点をあわせ考えるとかかる文言の記入は公職選挙法六八条五号に定める他事記載に該当するものと解するのが相当であり、されば右投票は無効というべきである。

裁判経過
第二次上告審 昭和49年 3月22日 最高裁第二小法廷 判決 昭48(行ツ)110号 市議会議員当選の効力に関する訴願裁決取消請求事件
第一次上告審 昭和47年 7月20日 最高裁第一小法廷 判決 昭47(行ツ)24号 市議会議員当選の効力に関する訴願裁決取消請求
第一審 昭和46年12月24日 名古屋高裁金沢支部 判決 昭46(行ケ)2号

出典
判時 724号26頁

参照条文
公職選挙法68条

裁判年月日  昭和48年 9月26日  裁判所名  名古屋高裁  裁判区分  判決
事件番号  昭47(行ケ)4号
事件名  市議会議員当選の効力に関する訴願裁決取消請求事件
文献番号  1973WLJPCA09260013

原告 太田建次郎
右訴訟代理人弁護士 織田義夫
被告 石川県選挙管理委員会
右代表者委員長 三由信二
右指定代理人委員 盛一銀二郎
〈ほか三名〉
参加人 中野光弘
右訴訟代理人弁護士 面洋

 

主文
原告の請求を棄却する。
訴訟費用は上告審分とも原告の負担とする。

 

事実
原告訴訟代理人は「被告が、昭和四六年四月二五日施行の金沢市議会議員の選挙の当選の効力に関する原告の審査申立に対し、同年八月二一日付をもってなした棄却の裁決はこれを取消す。右選挙における当選人中野光弘の当選を無効とする。愛知末太郎が右選挙における当選人であることを確認する。訴訟費用は被告の負担とする。」との判決を求め、その請求原因として、
一  原告は昭和四六年四月二五日施行された金沢市議会議員選挙(以下本件選挙という)の選挙人である。
二  参加人中野光弘(以下中野候補という)、訴外愛知末太郎(以下愛知候補という)は右選挙に立候補した者であるところ、選挙会において開票の結果、参加人中野候補は得票数二、九六六票で最下位当選者であり、愛知候補は二、九六三票で最高位落選者と決定した。
三  原告は右決定を不服とし、法定期間内である昭和四六年五月七日、金沢市選挙管理委員会に対し異議を申出でたところ、同委員会は参加人中野候補の得票数は変わらず二、九六六票、愛知候補の得票数は一票増して二、九六四票と認定し、結局当選の効力には影響がないとして、同年五月二九日に原告の異議の申出を棄却する旨の決定をなした。
四  そこで原告はさらに被告に対し法定期間内である昭和四六年六月一一日審査の申出をなしたところ、被告は同年八月二一日付をもって、中野候補の得票を一票増し二、九六七票、愛知候補の得票を同じく一票増し二、九六五票と認定した上結局当選の効力には影響ないとして原告の審査の申出を棄却する旨の裁決をなし、原告に対しその頃その裁決を交付した。
五  しかしながら、被告のなした右裁決には以下のとおり瑕疵があるから取消を免れない。
(一)  被告が無効投票と判定した次の三票は愛知候補に対する有効投票と認めるべきである。
(1)  「 」と記載された一票
右投票は文字を書くのに不馴れな選挙人が記載したものであり、第一字目は「愛」とは読めないが、「愛」に非常に類似しており、第二字目は「和」と判読できるが、これも「知」の字を誤記したものと認めうるのであり、本件選挙の候補者中これに類似した氏名を有する者がいないことからみて、公職選挙法六七条に定める「その投票した選挙人の意思が明白であれば、その投票を有効とするようにしなければならない」との趣旨から、これは愛知候補に対する有効投票と認定すべきである。
被告は自書能力のない者のために代理投票の制度があるとし、このような制度があるのにこれを利用しなかったからその限界を越えると主張するが、この様な制度の有無やこれを利用したかどうかということと右投票の効力とは全く別個の問題である。
又被告は片仮名、平仮名で書けばよいのに漢字で書いたのは何等かの意図があるのではないかと主張する。しかし、選挙人は一般に投票は漢字で書くものと思っており、法律的知識のない者は、万一仮名で書いて無効となったのでは、せっかくの一票が無駄になると思って漢字で書こうとするのが普通であって、これをもって有意の記載と判断することは誤りといわねばならない。
(2)  「 」と記載された一票
被告は、右投票について単に雑事記載したものとして無効投票と判定しているが、第一字目ははっきりと「あ」と読みうるものであり、第二字目は「こ」とも読みうるが「い」が横に傾いたものとも読みうる。第三字目は「ら」とも読みうるが、これも「ち」の書き損じとも見ることができ、第四字目は「お」ともみえるが、むしろ「す」と読むべきである。ともかく右投票を記載した選挙人は多分「あいちす」えたろうと書く意思であったが、文字を書くのに不慣れなため右のような記載になったものとみるべく、これは愛知候補に対する有効投票と判定すべきである。
(3)  「 」と記載された一票
右投票もやはり文字の不慣れな人又は中気等の病気の人が書いたもののようであるが、その意思を推測してみると、第一字目は「あ」と判読できるものであり、第二字目は「い」と判読できるものであり、第三字目も「い」のようであるが、むしろ統一的にみて「あいち」の「ち」の書き損じとみることができ、従ってこれは愛知候補に対する有効投票とみるべきである。
(二)  被告が参加人中野候補に対する有効投票と判定した次の七票は無効投票と認定すべきである。
(1)  「中村光弘」と記載された二票
本件選挙において「中村利吉」、「中村外次」なる候補者があり、従って右「中村光弘」と記載された二票は、中村利吉と中村外次のいずれかの氏と中野光弘の名とを混記したものであって、何人を記載したかを確認できない無効投票と認定すべきである。
被告および参加人は「中川」「中村」「中野」は平凡で混同しやすい氏であること、一方「光弘」は余り多くみられない名で候補者中類似する名の者がいないことを理由として右投票を中野候補に対する有効投票と主張している。
しかし、右被告等の考え方は誤っている。けだし第一に「中村」「中野」の氏が平凡であり「光弘」の名が平凡でないとはいえず、それは全く被告等の主観的主張に過ぎない。
第二に選挙人中には故意に他の者の「氏」と他の者の「名」とを記載するふまじめな者もおり、このような者の投票を有効とすべきでないことは論をまたないところであり、本件の場合このふまじめな混記と区別しうる特別の事情も見当らない。
第三に選挙人において、故意ではないが過失により、例えば「中村外次」と記載する意思であったが、その「名」を忘れ、選挙投票場に掲載してある候補者一覧表を見た際、「中村外次」の処を見誤り「中野光弘」の処を見て「中村外次」の「名」は「光弘」であったと感違いして「中村外次」に対して投票する意思で「中村光弘」と記載することもありうるのである。
このことは候補者中村利吉についてもいえることであり、従って右の様な場合もありうるに拘らず、これを無視して「中村光弘」はすべて「中野光弘」の誤記に過ぎないと認定することは非常な誤りをおかすものである。むしろ、候補者中「中村」という氏の者がおり「光弘」という名の者がいて、これが別人であれば「中村光弘」という記載の投票は何人に対する投票か不明として無効と認定するのが正当な判断といわねばならない。
第四に本件の場合「中村」という氏の候補者が二名いたことから被告等は「氏」に重点を置かず、「名」に重点を置いた感があるが、投票の判定は記載自体からあらゆる可能性を考えて判定すべきものであり、一方的に「名」のみに重点を置くことは避けねばならないものである。
被告等の主張に従えば例えば候補者中「木上秀勝」と「山本明夫」と「山下明夫」なる者がいたとして「木上明夫」と記載された投票については「明夫」が二名いるから「名」に重点を置かず「氏」に重点を置くとして、右投票は「木上秀勝」に対する有効投票と認定することとなり、その不当なること明らかである。
(2)  「中野利光」と記載された一票
被告は、右投票について、これを中野候補に対する有効投票と判定しているが、氏において「中野」と記載してはあるものの、名において「利光」と明記しているのであるから、これをもって右中野候補に対する有効投票とは認定できないものというべきである。
(3)  なお以上のほかに、「中野光」と記載されたもの二票、「中野弘」と記載されたもの一票、「中野光雄」と記載されたもの一票が、いずれも中野候補に対する有効投票とされているが、同名の実在人物があり、公職選挙法六八条五号又は七号によりこれらはいずれも無効投票と認定すべきである。
(三)  以上の理由により被告が認定した参加人中野候補の得票は七票減少することにより二、九六〇票、愛知候補の得票は三票増し二、九六八票となるから、当選の効力に影響の生ずることは当然というべきである。
と述べ、参加人の主張に対し
以下(1)ないし(4)の投票について、被告はこれを愛知候補に対する有効投票と認定しているのに対し、参加人はこれを無効投票と主張しているものであり、(5)の投票について被告は無効投票と判定したが、参加人はこれを中野候補に対する有効投票と主張するので、原告は次のとおり反論する。
(1)  「あい」と記載された一票
右投票は明確に「あい」と読み得ること、そして、本件選挙の候補者中「あい」なる文字を有する者のいないことからみて、これは「あいち」と記載する意思で「ち」の字を書き忘れたものと推認することができ、公職選挙法六七条の「無効投票の規定に反しない限りにおいて、その投票した選挙人の意思が明白であれば、その投票を有効としなければならない」との規定からしても、被告の認定通り愛知候補に対する有効投票と認定すべきものである。
(2)  「あたご末太郎」と記載された一票
参加人は、これは他に右氏名を称する実在の人物がおり、無効投票と主張するが、もし、単に同名の実在の人物がいた場合無効投票となるというのであれば、中野候補に対する有効投票中にも、第一開票区において「中野光」、第二開票区において「中野弘」、第三開票区において「中野光雄」なる投票があり、右各氏名と同一の人物が金沢に実在しており、しかも「中野弘」にいたっては三名も同名人物が実在しているものであるからこれらの投票もひとしく無効投票というべきであろう。
成程愛宕末太郎なる氏名を称する者が金沢市内に在住していることは認める。しかしわが国での公職選挙は長年にわたり立候補制度による選挙方法を採用しており、候補者以外の者の氏名を記載してなされた投票が無効となることは一般公知の事実であるが、選挙人が故意にかかる投票をなす場合は格別として、一般には候補者に対して投票する意思で投票の記載をするものであるから、たとえ、ある投票に記載された氏名が候補者以外の実在者の氏名に合致する場合でも、その実在者に投票したと認められる特別の事情が存しない限り、候補者に対して投票したものと認定すべきである。しかして右投票に記載されている「あたご」なる氏は、漢字では「愛宕」と書くものであるが、そうすると愛知末太郎候補の氏名との差異は「知」と「宕」の一字でしかなく、残りの四字はすべて同じで、また平仮名においても「たご」と「ち」の差異があるにすぎず、両者の類似性は非常に高いものといわねばならない。なお、判例には候補者の氏名に類似した氏名を称する実在の人物がいる場合同人の氏名を記載した投票が無効とされた事例は多数あるが、これらはいずれもその実在の人物が漁業会長、県会議員、元衆議院議員、市長、元市会議員、町会議員等の要職にあり、当該選挙区域において、社会的に知名度が高く、いわゆる著名な人物であった場合に限られているのである。しかるに、本件において実在の人物である「愛宕末太郎」は自動車の運転手を業とする者であり、かって公職に就いたり、公の選挙に立候補したりした経験は一度もなく、社会的知名度は全くない。このことは本件選挙の全投票数一八七、六八四票中「あたご末太郎」なる投票は本票のみであったことによっても明らかである。よって右投票は愛知候補に対する有効投票と認定さるべきものである。
(3)  「愛知未太郎御中」と記載された一票
参加人は右投票を他事記載として無効であると主張する。
しかし、公職選挙法六八条五号によれば職業、身分、住所又は敬称の類を記入したものは有効としている。従って右「御中」は「様」「殿」等と同様に単なる敬称とみるべきで右は有効投票と認定すべきものである。
(4)  「あいつ」と記載された一票
参加人は右投票を一般的な代名詞として無効と主張する。
しかし、右投票の記載は、不特定代名詞である「あいつ」ではない。同投票には少なくとも「あい」と記載されており、その記載のある投票は愛知候補に対する有効投票とみるべきことは前述のとおりである。ただ、この「あい」の次に「つ」がついた場合、不特定代名詞を記載したのではないかとの疑問が生ずるのであるが、選挙人のほとんどの者は真面目に候補者に対して投票しているのであって、右投票は「あいち」と記載する意思で「あいつ」と書き損じたものか、あるいは言葉使い上方言として「ち」を「つ」と発音する場合があることは公知の事実であるところ、右は発音のままを表記したものと考えられるのであり、いずれにせよ愛知候補に対して投票する意思でこれを記載したことを推測しうるから、右投票は愛知候補に対する有効投票と認定すべきものである。
(5)  「中野実」と記載された三票ならびに「中の実」と記載された一票
被告は右四票について無効投票と判定したが、参加人はこれを中野候補に対する有効投票と主張する。
しかし、本件選挙においては「白沢実」なる候補者がおり、従って白沢「実」と「中野」光弘との氏と名とを混記したもので、しかもいずれの候補者に対して投票する意思でこれを記載したものか不明であり、従っていずれも無効投票といわねばならない。
さらに「中野実」なる実在の人物は金沢市内に少なくとも三名はおり、その内一名は「中野光弘」候補の住所地と同一の小立野地区に居住していること、小立野開票区である第五開票区の中から「中野実」と「中の実」の各一票が出ていることからみて、これらが中野候補に対するものとは判定しがたい。
参加人は民社党候補として、市会議員には中野光弘、県会議員には荒木実がそれぞれ公認され、両名が同時に共同で宣伝活動したから「中野実」は中野候補に投票する意思をもって名を誤記したにすぎず、同人に対する有効投票と主張する。
しかし、参加人主張のように、中野候補が民社党の公認候補であること、荒木実と共同で選挙活動をした事実はこれを認めるにしても、本件候補者中に別に「白沢実」候補がいる以上、「中野実」なる記載は「白沢実」と書く意思であったか、「中野光弘」と書く意思であったか不明といわざるをえず、このことは参加人主張の事実の有無とは関係なくいいうるものである。
と述べたほか、なお、当差戻審における審判の限界について次のとおり付陳した。
参加人は「 」「 」と記載された投票について、差戻前の原審はこれを愛知候補に対する有効投票と判断しているが、上告審の審判の拘束力は右判断に及ばないから差戻審たる当審においてはこの点について再度判断を求めることができると主張する。
しかし、差戻前の原審において一旦判断が示されたがこれに対して上告されず、別の理由で上告され原審に差戻された場合、差戻後の裁判所は、破棄理由となった以外の事由によっても、すでに差戻前の原審がなした判断について、これと異る判断をなすことはできないものというべきである。すなわち、たとえ裁判所の構成が異るとはいえ同一の裁判所において裁判がなされる以上同一事件についてすでに示した判断と異る判断をなしえないことは当然であって、一旦なされた判断事由についての不服申立は上告以外にはその方法がなく、同一裁判所に対してこれを変更する判断を求めることはできないものである。本件上告審の判決においても「原審において判断を経ていない票があり、この判断如何によって結論を異にする」といい、差戻審において予想しているものは、いまだ判断を経ていない投票についての判断であって、すでに判断をへている投票についての判断ではないのである。
被告指定代理人は主文同旨の判決を求め、答弁として
一  原告主張の請求原因事実第一ないし第四項を認める。
二  同第五項中、本件選挙において原告主張のような文字の記載された投票のあったことは認めるが、その投票の効力についてはすべて争う。
三  参加人の主張に対する原告の反論中本件選挙において原告主張のような文字の記載された投票のあったこと、および右投票の効力について被告が原告主張のとおりに判定したことはいずれも認める。
四  被告が原告および参加人主張の投票について無効と判定した理由は以下のとおりである。
(一)  「「 」」と記載された投票について
第一に、右投票の第一字目は文字として全く存在しないものであるし、又、第二字目も「知」と記載しようとしたのかも知れないが、それにしても間違っているので投票を有効とするための限界を越えていると解されること。第二に、公職選挙法は自書能力のない者のために、代理投票の制度を設けて選挙人の意思を最大限に尊重しているのにこれを利用しなかったことからもその限界を越えているものと解されること。第三に、自信のない漢字を書くよりは、片仮名又は平仮名で候補者の氏名又は本件の場合は氏を書けば足りると思われるのに、あえて漢字を書こうとしたのは何らかの意図があるのではないかと疑われる節があること。第四に、法律の規定は、「公職の候補者の何人を記載したかを確認し難いもの」と規定し、確認不能のものとはいっていない。従って、法は当初から投票の有効無効の判断をなす場合に一定の限界のあることを予定していると解されること等の理由からすれば、右投票は無効と解するほかはない。
(二)  「「 」」ならびに「「 」」と記載された各投票について
右投票は、いずれも、第一に、字形全体が不明であり、投票を有効とするための限界を越えており、候補者中の誰に投票したか確認できないものと解されること。第二に、公職選挙法は自書能力のない者のために、代理投票制度を設けて選挙人の意思を最大限に尊重しているのに、これを利用しなかったことからもその限界を越えているものと解される。第三に、法は当初から投票の有効無効の判断をなす場合に一定の限界のあることを予定していると解されるからである。
(三)  「中野実」ならびに「中の実」と記載された各投票について
参加人は右各投票を中野候補に対する有効投票と主張する。
しかしながら、本件選挙の候補者中に「白沢実」なる者がおり、従って「白沢実」の名の部分と、「中野光弘」の氏の部分の「中野」とを混記したものとして、いずれの候補者に対し投票したか不明である。
仮りに、本件選挙の候補者以外に「実」なる名の者がいたとしても、選挙人は、単記無記名制度の下においては候補者中一人の候補者に対して投票する意思をもってその氏名を記載するものと解するのが妥当であるから、右投票は氏と名の混記として無効投票と認定すべきものである。
五  被告が原告および参加人主張の投票について有効と判定した理由は以下のとおりである。
(一)  「中村光弘」と記載された投票について
本件選挙の候補者中に「中村」、「中川」、「中野」と「中」のつく氏の者が三名あるが、第一に、「中村」、「中川」、「中野」の氏は比較的多くみられる氏であり、平凡で特徴がなく、ために混同しやすい氏であること。第二に、「光弘」なる名は余り多くみられない名で、しかも本件選挙の候補者中にこれと類似する名がないことから氏と名の混記と解するよりは選挙人は中野候補に投票する意思で「中野」と記載すべきところを「中村」と記載したもので、第二字目の誤記と解したからである。
(二)  「中野利光」と記載された投票について
右投票の名の部分「利光」は、中野光弘候補の名の部分を「利光」と書き誤ってはいるが、語呂に類似性を有し、これは単なる選挙人の記憶違いと判断するのが妥当である。
(三)  「中野光」、「中野弘」、「中野光雄」とそれぞれ記載された投票は名の部分の単なる誤記であって、中野光弘候補に対する有効投票である。仮りに、同名の実在人物がいたとしても、選挙人は立候補制度のもとでは候補者に投票する意思であったと推定すべきだからである。
(四)  「あい」、「あたご末太郎」、「愛知未太郎御中」、ならびに「あいつ」と記載された各投票については、いずれもこれを有効投票と判定したがその理由は原告主張の理由と同じである。
と述べ、
参加人は答弁および主張として
一  原告主張の請求原因事実第一ないし第五項については被告の答弁と同一であるからこれを援用する。
二  参加人の主張
(一)  被告は「中野実」ならびに「中の実」と記載された四票の投票を無効投票と認定している。これは本件選挙の候補者である訴外白沢実の名との混記と解して無効投票と判断したものと解される。しかし右認定は誤っており、右投票は左の理由により有効投票と認定すべきである。
すなわち、中野候補は民社党公認の金沢市議会議員候補者であったが、同党は金沢市選挙区における石川県議会議員候補者として訴外荒木実を公認した。
県議会議員の選挙は昭和四六年四月一一日であり、金沢市議会議員選挙は四月二五日であって、二つの選挙はほぼ同じ時期に行われたので、民社党は選挙作戦として「市会は中野光弘、県会は荒木実」の標語で両候補名を同時に選挙人に浸透させる方針をたて、三月一五日に金沢市観光会館大ホールにおいて荒木・中野をはげます集会を開催し、その他講演会も両候補が一緒に行うなどの方法をとったのであった。そのため選挙人の中には中野光弘の氏、「中野」と荒木実の名、「実」を混同して記憶したりすることがおこりうることも十分推測されるところである。
従って「中野実」と記載された投票は、中野光弘と白沢実との混記と解すべきではなくして、参加人中野候補に投票する意思をもって名を誤って「中野実」と書いたものと解すべきであって同参加人に対する有効投票と認定すべきものである。
しかも、無効投票中に四票も「中野実」(ただし、うち一票は第二字が野でなくして平仮名の「の」であるが)という投票が存することは、単なる偶然ではなくして参加人の主張の正当性を物語るものである。
更に、「選挙人は常に必ずしも平常から候補者たるべき者の氏名を記憶しているわけではなく、選挙に際して候補者氏名の掲示、ポスター、新聞紙、演説会等を通じてその氏名をはじめて記憶する者も多かるべく、その場合に氏名を誤って記憶し、或いは二人の候補者氏名を混同して一人の候補者の氏名として記憶することのある場合も十分に想像し得るのである。
そして特段の事由によるものを除き、選挙人は一人の候補者に対して投票する意思をもってその氏名を記載するものと解すべきであるから、投票を二人の候補者氏名を混記したものとして無効とすべき場合は、いずれの候補者の氏名を記載したか全く判断し難い場合に限るべきであって、そうでない場合は公職選挙法六八条五号又は七号に該当する無効のものでない限り、いずれか一方の氏名にもっとも近い記載のものはこれをその候補者に対する投票と認め、合致しない記載はこれを誤った記憶によるものか、又は単なる誤記になるものと解するを相当とすべきである。」とは最高裁判所も明示しているところである(昭和三二年九月二〇日最高裁民集一一巻九号一六二一頁参照)。
本件選挙の候補者中に「中野」の氏は参加人のみであり、「実」の名の候補者である白沢実の氏「白沢」と「中野」の氏は全く類似性がなく、しかもポスター、演説会等を通じて、中野光弘と荒木実の二人の候補者氏名を混同して記憶する場合も十分に想像しうる本件の場合は、参加人主張の右四票は参加人中野候補に投票する意思をもって記載したものと解すべきことは疑いをいれざるところである。
(二)  原告主張の有効投票についての反論
(1)  「あい」と記載された投票について
右投票は平仮名の「あい」の二文字しか記載がなく「ち」が脱漏していると考えられなくもないが、ただ二文字のみにてはそう考えるための材料や根拠が全くないといわざるをえず、公職選挙法六八条七号に該当するとみるべきである。
(2)  「あたご末太郎」と記載された投票について
金沢市押野ホ二二九番二号に愛宕末太郎という氏名の人物が実在し、同人の氏「愛宕」はアタゴと発音し、右投票の「あたご」の部分と同一発音であり名は同一文字である。従って右投票は原告でなくして右愛宕末太郎なる人物に対する投票とも解せられるので、右は公職選挙法六八条五号又は七号に該当する無効投票である。
(3)  「愛知未太郎御中」と記載された投票について
右投票は原告名の下に「御中」の二文字が記載されている。御中は団体、会社などへの宛名の下に書くことばであって「氏」「クン」「サマ」「ドノ」の如く敬称の類に属するとはいえない。
ところで公職選挙法六八条五号は同法四六条二項、五二条などとともに憲法一五条四項の定める秘密投票主義に由来するもので、公職選挙法一条が掲げるように、選挙が選挙人の自由に表明した意思によって公明かつ適正に行われることを制度として担保しようとするものであるが、この意味において本号の規定は極めて重要なものというべく、いかに投票の記載から選挙人がある候補者を選ぼうとする意思が明白であっても、制度としての、また全体としての選挙に関する右の観点からの制約を免れないことは当然である。
従って候補者の氏名及び公職選挙法六八条五号但書列挙の事項とこれに準じて考えられる若干のものを除けば、それ以外の記載のなされた投票は、選挙人の意図いかんは明らかでなくとも、それが無意識的なものでなく、ともかくも書くことにつき意識があって記載したものである限りは、原則として事項の大小などを問わず、一般的に選挙の公正を害する恐れがあるものとして無効投票とされなければならないのである。
原告は「殿」「様」は個人に対する敬称であり、「御中」は会社、団体等多数人の集団に対する敬称であるが、一般人は右のような区別をそれほど意識しておらず、まして学力、知識の低い人にあってはこれを区別せず、「殿」「様」の代りに「御中」と書くことがしばしばあるのであるから、「御中」も敬称として有効とみるべきであると主張するけれども、「御中」は「殿」「様」に比べれば一般的でなく学力知識の低い人はかかる用語、文字を使用しないのがむしろ通常であって、原告の右主張は当らないものである。しかして公職選挙法六八条五号の趣旨や、「へ」「呈」「に」を他事記載にあたるとする判例の立場からいけば、「御中」もまた敬称をこえた有意の記入にあたるものというべく、右投票は同条号に該当する無効投票と認定すべきである。
(4)  「あいつ」と記載された投票について
右投票記載の「あいつ」は、第三者を軽蔑して又は親しみをこめていう代名詞である。「あいち」と書くつもりで第三字目の「ち」が「つ」と誤記されたと解するには、右投票の「つ」の文字が余りにも明白に「つ」と書かれており意識的に「あいつ」と記載したと解する方が相当であると考えられる。また特定の地域において「ち」を「つ」と発言する方言があるかも知れないが、本件選挙の行われた金沢市の地域にはかかる方言はない。従って、右は公職選挙法六八条七号にあたる無効投票である。
(三)  「中野利光」と記載された投票について
原告は右投票を無効と主張するが、右投票の上の二字「中野」は参加人の氏であり、下の二字の中に参加人の名「光弘」の一字「光」の字が記載されている。
右投票の記載は参加人の氏名と一字しか違わないものであり、しかも本件選挙の候補者中に中野の氏は参加人が唯一人なのであるから、右投票を参加人の有効投票とすることは全く問題がなく、原告の主張は失当である。
(四)  「中野光」、「中野弘」、ならびに「中野光雄」と記載された票がいずれも参加人に対する有効投票と解すべきこと、被告の主張と同じであるからこれを援用する。
(五)  「 」「 」と記載された投票について
原告は右投票をいずれも原告の有効投票と認定すべきであると主張するが、右投票の記載はいずれも判読も困難な記載であって単なる雑事記入と解するほかなく、公職選挙法が自書能力のない者のために代理投票の制度を設けている趣旨から考えても、到底原告への有効投票と解することは困難である。
なお、右の各票の効力に関する差戻前の原審の判断については上告理由となっていなかったので、上告審においてはこれに対して直接の判断を示していないのであるが、上告裁判所の破棄判決の破棄理由となった事実上および法律上の判断のみが差戻を受けた裁判所を羈束するものであり、右の各票の効力いかんは破棄理由とは全く無関係であるので、当審においてその効力を争うことは当然許されるところである。
と述べた。
証拠関係≪省略≫

 

理由
一  原告主張の請求原因のうち第一ないし第四項の事実ならびに原告主張のような文字の記載された各投票の存在することは当事者間に争いがない。
二  そこで以下原告主張にかかる係争投票について被告のなした判定の可否につき順次検討することとする。
(一)  「 」と記載された投票について
検証(第一回)の結果によれば、右投票の第一字目は漢字として記載されたものと推測しうるが、通常日本語として使用される漢字には全く存在しない文字であって判読不可能というほかないし、第二字目は漢字の「和」と読めるが、両文字合わせても結局本件候補者中何人に対して投票したのか判断し難いものというほかない。
およそ選挙における投票は、選挙人が候補者の何人に対して投票する意思を有するかを判断するための資料であるから、投票用紙に記載された文字又はこれに類似する符号は、投票の秘密保持、選挙の公正確保という要請からいっても、右記載自体から一般的、客観的に了解可能なものでなければならないのである。
しかるに、当該係争の投票用紙に記載された第一字目は前記のように漢字に類似しているというだけで、如何なる意味の文字か判断が困難であって、漢字のもつ多様性、多面性からいっても、右文字を原告が主張するように「愛」に非常に類似した文字であるというのは、些か飛躍した見方であって、単なる希望的判断というほかなく、これを支持すべき根拠はない。
してみれば、右投票は候補者の何人を記載したかを確認し難いものとして無効というべきである。
(二)  「 」と記載された投票について
検証(第一回)の結果によれば、当該投票の第一字目は「あ」と読むことができ、第二字目は「こ」又は縦に傾斜して書かれた「い」とも読むことができ、第三字目は「ら」であり、第四字目は「お」又は「す」のいずれかに読むことができる。従って、右投票は、「あこらお」、「あこらす」、「あいらお」、「あいらす」の四通りの読み方をすることができるわけであるが、問題は、右記載のうち、いずれが本件選挙の有効投票と認めることができるかにある。
ところで、右投票の記載内容は一見明瞭を欠くかにみえるけれども、投票の記載は、文字に誤りや脱漏があり、又は明確を欠く点があっても、記載された文字を全体的に考察することによって当該選挙人が右記載によっていかなる候補者に対して投票する意思を有するのかについて判断ができさえすれば、右投票はその当該候補者に対する有効投票と認めるのが相当である。
そこで、右観点から係争投票の記載について考えてみると、本件選挙の候補者中、氏名を呼称する際の初めの二字が「あこ」に該る者はおらず、「あい」に該る者は愛知候補のみであるから、右投票の記載についての前記四通りの読み方のうち、「あこらお」と「あこらす」は無意味であるというほかない。そして、残る「あいらお」と「あいらす」のうち、右候補者愛知末太郎(あいちすえたろう)の氏名の呼称にもっとも近い記載は「あいらす」であることは明らかであるから、右記載は結局愛知候補に対し投票する意思をもって、ひらがなで第四字目までを記載したところ、第三字目「ち」を「ら」と誤記したうえ、しかも第五字以下を記載することをやめたものであると解することができる。
されば、右投票は些か明確を欠くことは否定できないにしても、選挙人の意思としては愛知候補に対して投票したものと判断することができ、従って、同候補に対する有効投票と認むべきである。
(三)  「 」と記載された投票について
検証(第一回)の結果によれば、右投票の第一字目は「あ」又は「お」と読むことができ、第二字目は「い」とも読め、あるいは、単なる書き損じにすぎないとも考えられ、第三字目は「い」と読むことができる。そうすると、右投票は「あいい」、「おいい」、「あい」、「おい」のいずれかであるが、選挙人の投票が一般に候補者のいずれかに対してなされるものであると推認されるべきことから考えると、本件選挙の候補者愛知末太郎の「あい」と記載したものと考えるのが最も合理的であると解せられる。しかして、被告においても、単に「あい」と記載した投票をもって愛知候補に対する有効投票と判定していることは当事者間に争いがないこと、更に、右判定は選挙人において「あいち」の「ち」を書き忘れたものであること、他の候補者に対する投票と見誤る可能性の全くないこと等の点からして正当というべきであることからみても、右係争の投票を被告が無効投票と判定したのは失当というほかはない。
よって、右投票は愛知候補に対する有効投票と認定すべきである。
三  次に原告は以下の投票について、いずれもこれを無効投票と主張する。
(一)  先ず「中村光弘」と記載された投票について
右投票は中野候補に対する投票として有効と認めるのが相当である。
すなわち、なるほど≪証拠省略≫によれば、本件選挙において中野光弘の氏名に類似する候補者氏名として「中村利吉」、「中川哲夫」、「中村外次」の三名のいることが認められるが、投票を二人の候補者氏名を混記したものとして無効とすべき場合は、いずれの候補者氏名を記載したか全く判断し難い場合に限るべきであって、「中村光弘」なる投票が候補者中野光弘と右類似の候補者三名をもあわせ、いずれの候補者の氏名を記載したものかどうか全く判断しがたいということはできず、むしろ「中村光弘」なる投票は、「村」の一字を除けば中野光弘に最も近似した氏名であるし、名前の「光弘」だけとらえても候補者中野光弘を特定するに十分であることにかんがみると、「中村光弘」なる投票は、当該投票者が「中野光弘」の「野」を「村」と誤って記憶していたか、又は誤記したことによるものと認められるのである。
(二)  「中野利光」と記載された投票について
前記三の(一)の観点からすると、右投票は名の「利」の一字を除いて、候補者中野光弘の氏名に最も近似していること、≪証拠省略≫によれば本件選挙における候補者中「中野」の氏を称する者が中野光弘のみであることが明らかであることからみて、氏の「中野」だけとらえても中野候補に対する投票と判断しうるに十分であることにかんがみると、「中野利光」なる投票は、「中野光弘」の「弘」を「利」と誤記し、更に語順をも誤ったことによるものと解されるのである。
従って右投票は中野候補に対する投票として有効と認めるのが相当である。
(三)  「中野光」、「中野弘」、「中野光雄」と記載された各投票について
右各投票については、中野候補に対し投票する意思をもって、名のうちの一字を脱落したか、もしくは誤記したことは右各投票の記載自体から明瞭であり、しかも他の候補者に対する投票と混同されるおそれは全くないから、これらはすべて中野候補に対する投票として有効と認むべきである。
四  参加人の主張について
(一)  「中野実」および「中の実」と記載された各投票について
「中野実」および「中の実」と記載された投票四票が存在することは当事者間に争いがない。
被告は、右各投票はいずれも本件選挙の候補者中の「白沢実」の名の部分と、候補者「中野光弘」の氏の部分とを混記したものとしていずれの候補者に対し投票したか不明であると主張するので審按する。
≪証拠省略≫によると本件選挙の候補者中には「白沢実」なる氏名の者がいたことが認められるのであるが、「光弘」と「実」との間にはなんらの類似性も認められないことを考えれば、参加人主張のような事情、すなわち本件選挙において中野光弘候補は民社党の公認候補として、同じく同党の公認をうけて県議会議員選挙に立候補した訴外荒木実と共同して選挙活動をしていたこと(この事実は当事者間に争いがない)から直ちに「中野実」および「中の実」と記載された各投票は選挙人が中野光弘候補に投票する意思をもって名を誤記したものとは即断しえず、結局右各投票は、中野光弘、白沢実両候補の氏名を混記したものと認めるのほかないものというべきであって、候補者の何人を記載したかを確認し難いものとして無効投票と認定すべきものである。
(二)  「あい」および「あいつ」と記載された投票について
検証(第一回)の結果によれば、右各投票には、いずれも明確に「あい」および「あいつ」と記載されていることが認められ、また≪証拠省略≫によれば本件選挙の候補者中には「あい」なる文字をもってはじまる氏名の者は愛知候補のほかにはないことが窺えることおよび方言として「ち」を「つ」と発音する地方があることは公知の事実であるところ、証人愛宕末太郎の証言によると、金沢市においてはかかる方言はないことが窺えるけれども、さりとて本件選挙の選挙人にかかる方言を使用する者がいないとは断定しえないこと等の諸点を考えあわせると、右各投票はいずれも選挙人が「あいち」と記載する意思を有していたものであるが、前者は「ち」を書き忘れて単に「あい」とのみ記載し、後者は「あいち」を「あいつ」と誤記したか、あるいは前記方言を使用する選挙人が「あいち」を訛言どおり「あいつ」と記載したもののいずれかと推認されるものである。参加人は右投票記載の「あいつ」は第三者を軽蔑して又は親しみをこめていう代名詞としての表現であって、右投票は愛知候補に対する有効な投票と認めるべきでない旨主張するけれども、一般に選挙人は真摯な態度で投票に臨んでいるものと考えられ、本件においてはこの点につき特段の反対の事情を認めうる証拠もないので右主張はにわかに採用できない。
されば右各投票は些か明確を欠くことは否定できないにしても選挙人の意思としては愛知候補に対して投票したものと判断することができ、従って同候補に対する有効投票と認むべきである。
(三)  「あたご末太郎」と記載された投票について
「あたご末太郎」は漢字で書けば「愛宕末太郎」であって候補者愛知末太郎とは一字異るだけであり、また≪証拠省略≫によると本件選挙の候補者中には「末太郎」なる名の者は愛知候補のほかにはないことが窺えること等の点を考えあわせると右投票は選挙人が愛知候補に投票する意思をもって記載したが、氏の部分を誤記したものと認むべきものである。
参加人は、右投票は金沢市押野ホ二二九番二号に在住する「愛宕末太郎」なる実在の人物に対する投票とも解せられるので無効である旨主張し、証人愛宕末太郎の証言によると、愛宕末太郎は昭和三四年頃から金沢市に在住していることが明らかであるが、しかしながら、一般に選挙人は候補者に投票する意思で投票するものであるから、故意に候補者以外の者に投票したと認められる特段の事情の存する場合は格別として、そうでなければ、ある投票に記載された氏名が候補者以外の実在者の氏名に合致する場合でも、候補者に対して投票したものと認めるのが相当であるところ、本件においてはかかる特段の事情を認めるに足りる証拠はないのみならず、前掲証人の証言によれば、愛宕末太郎は金沢市に居住後、鉄工所、建設会社、あるいはタクシーの運転手などをして稼働し、従来公職選挙に立候補したり、その他の公職についたりしたことは全くなく、いわゆる社会的な知名度の低い人物であることが認められるので、むしろ右投票の記載は実在者である愛宕末太郎に対して投票する意思で記載されたものではなく、愛知候補に投票する意思でただ投票にあたり氏の部分を誤記したものと解されるから、右投票は同候補に対する有効投票と認むべきである。
(四)  「愛知未太郎御中」と記載された投票について
右投票中「未太郎」と記載されているのは選挙人が「末太郎」と書くべきところを誤記したものと認められるのであるが、さらに同票には「愛知未太郎」の名下に「御中」なる二文字が記載されているのでこの点について審按するに、そもそも右「御中」なる文言は会社、団体など個人あてでない郵便物などの宛名の下に添える語で、しかも「へ」「に」あるいは「宛」などの語と同趣旨の呈示の意思を表示する意味を含んでいるものであって「殿」「様」などの単なる敬称とは異り、これをこえた有意の文言と解すべきものであるところ、さらに加えて右投票においては「御中」なる語が右のような通常の用法と異り、個人名の下に添えて記載されているのであって、以上の点をあわせ考えるとかかる文言の記入は公職選挙法六八条五号に定める他事記載に該当するものと解するのが相当であり、されば右投票は無効というべきである。
五  以上の理由により、愛知候補の本件選挙における得票総数は、被告が判定した二、九六五票に前記認定にかかる有効投票二票を加算し、同じく無効投票一票を減じた結果二、九六六票となるのに対し、参加人中野候補の得票総数は被告の判定した二、九六七票と変らないこととなるから、結局、愛知候補の得票総数は中野候補の得票総数を依然として下廻るものであって同候補者の当選の効力にはなんら影響はないものといわざるを得ない。
してみれば、原告の審査申立を棄却した被告の裁決は相当であるので、右裁決の取消を求める原告の本訴請求は失当であるからこれを棄却することとし、訴訟費用の負担について民事訴訟法九五条八九条を適用して主文のとおり判決する。
(裁判長裁判官 岡本元夫 裁判官 土井俊文 裁判官丸山武夫は転任につき署名押印することができない。裁判長裁判官 岡本元夫)


「公職選挙法 ポスター 掲示交渉」に関する裁判例一覧
(101)昭和56年12月23日 名古屋高裁 昭56(行ケ)2号
(102)昭和56年12月21日 福岡地裁 昭34(ワ)765号 雇傭関係存在確認等請求事件
(103)昭和56年 8月10日 高松高裁 昭55(行ケ)1号 選挙無効裁決取消請求事件
(104)昭和56年 7月 9日 東京地裁八王子支部 昭49(特わ)242号 公職選挙法違反被告事件
(105)昭和56年 6月17日 東京高裁 昭55(行ケ)368号 当選無効請求事件
(106)昭和56年 6月15日 最高裁第二小法廷 昭55(あ)874号 公職選挙法違反被告事件 〔戸別訪問禁止違憲事件・差戻前上告審〕
(107)昭和56年 5月30日 大阪地裁 昭49(わ)2174号 公職選挙法違反被告事件 〔糸山派選挙違反事件〕
(108)昭和56年 4月23日 東京地裁 昭55(ワ)8860号 損害賠償請求事件
(109)昭和56年 3月27日 大阪地裁 昭49(わ)2174号 公職選挙法違反被告事件
(110)昭和55年10月 3日 仙台高裁 昭54(行ケ)2号 町議会議員一般選挙の当選の効力に関する裁判取消、当選決定処分有効確認請求事件
(111)昭和55年 6月24日 千葉地裁 昭54(わ)1292号 公職選挙法違反事件 〔宇野派選挙違反事件・第一審〕
(112)昭和55年 4月22日 大阪高裁 昭55(行ケ)2号 町議会議員の当選の効力に関する裁決取消請求事件
(113)昭和55年 2月29日 最高裁第三小法廷 昭54(あ)809号 暴力行為等処罰に関する法律違反被告事件 〔「殺人シール」事件・上告審決定〕
(114)昭和55年 2月 1日 神戸地裁 昭49(わ)502号 公職選挙法違反事件 〔糸山派選挙違反事件・第一審〕
(115)昭和54年10月 9日 東京高裁 昭53(行ケ)180号 裁決取消請求事件
(116)昭和54年 3月20日 東京高裁 昭53(う)1253号 暴力行為等処罰に関する法律違反被告事件
(117)昭和54年 1月26日 東京高裁 昭53(う)1056号 公職選挙法違反被告事件
(118)昭和54年 1月24日 松江地裁出雲支部 昭51(わ)43号 公職選挙法違反被告事件 〔戸別訪問禁止違憲事件〕
(119)昭和53年11月 2日 岸和田簡裁 昭46(ろ)104号 公職選挙法違反被告事件
(120)昭和53年 7月10日 最高裁第一小法廷 昭53(行ツ)58号 裁決取消請求事件
(121)昭和53年 4月17日 東京地裁 昭52(刑わ)2736号 暴力行為等処罰に関する法律違反被告事件
(122)昭和53年 2月28日 東京高裁 昭51(行ケ)59号 裁決取消請求事件
(123)昭和53年 1月26日 最高裁第一小法廷 昭52(あ)308号 公職選挙法違反被告事件
(124)昭和52年12月23日 福岡高裁那覇支部 昭52(行ケ)1号 町長選挙無効等確認請求事件
(125)昭和52年12月22日 神戸地裁柏原支部 昭48(わ)4号 公職選挙法違反被告事件
(126)昭和52年10月27日 大阪高裁 昭52(行ケ)2号
(127)昭和52年 6月16日 福岡高裁 昭50(行ケ)4号 町議会議員選挙無効の裁決の取消請求事件
(128)昭和52年 3月15日 仙台高裁 昭50(う)38号 公職選挙法違反事件 〔岩手県南バス労組員選挙違反事件〕
(129)昭和52年 2月24日 東京地裁 昭45(行ウ)4号 懲戒戒告処分取消請求事件 〔全国税東京足立分会事件〕
(130)昭和51年12月24日 最高裁第二小法廷 昭51(あ)192号 公職選挙法違反被告事件
(131)昭和51年 9月30日 最高裁第一小法廷 昭51(行ツ)49号 選挙無効請求事件
(132)昭和51年 6月30日 最高裁第二小法廷 昭50(行ツ)106号 町長当選の効力に関する裁決取消請求事件
(133)昭和51年 4月28日 名古屋高裁 昭45(行コ)14号 損害賠償請求控訴事件
(134)昭和51年 3月11日 最高裁第一小法廷 昭50(あ)1957号 公職選挙法違反被告事件
(135)昭和51年 2月25日 東京高裁 昭50(行ケ)127号 選挙無効請求事件
(136)昭和50年12月11日 東京高裁 昭50(う)1324号 公職選挙法違反被告事件
(137)昭和50年12月10日 大阪高裁 昭50(う)697号 公職選挙法違反被告事件
(138)昭和50年 8月20日 大阪高裁 昭47(う)1086号 公職選挙法違反被告事件
(139)昭和50年 6月 4日 東京簡裁 昭50(ろ)82号 公職選挙法違反被告事件
(140)昭和50年 3月 3日 東京地裁 昭47(行ウ)160号 損害賠償請求事件
(141)昭和50年 2月21日 大阪高裁 昭48(う)394号 公職選挙法違反被告事件
(142)昭和50年 2月 5日 盛岡地裁 昭47(わ)35号 公職選挙法違反被告事件
(143)昭和49年12月23日 最高裁第二小法廷 昭49(行ツ)53号 町議会議員選挙に関する裁決取消請求事件
(144)昭和49年11月 6日 最高裁大法廷 昭44(あ)1501号 国家公務員法違反被告事件 〔猿払事件・上告審〕
(145)昭和49年 8月29日 札幌高裁 昭49(う)17号 公職選挙法違反被告事件
(146)昭和49年 5月21日 広島高裁岡山支部 昭48(う)124号 公職選挙法違反事件
(147)昭和49年 4月24日 仙台高裁 昭47(行ケ)2号 町議会議員選挙の効力に関する訴願裁決取消請求事件
(148)昭和49年 2月19日 仙台高裁秋田支部 昭48(う)13号 公職選挙法違反被告事件
(149)昭和48年 9月26日 名古屋高裁 昭47(行ケ)4号 市議会議員当選の効力に関する訴願裁決取消請求事件
(150)昭和48年 9月13日 名古屋高裁 昭47(う)510号 公職選挙法違反被告事件
(151)昭和48年 3月30日 名古屋地裁豊橋支部 昭42(わ)347号 国家公務員法違反被告事件
(152)昭和48年 3月29日 仙台地裁 昭42(わ)120号 公職選挙法違反被告事件
(153)昭和48年 3月 1日 大阪地裁 昭43(わ)2537号 公職選挙法違反被告事件
(154)昭和47年12月22日 東京高裁 昭46(行ケ)100号 裁決取消請求及び同参加事件
(155)昭和47年 8月10日 岡山地裁 昭46(わ)507号 国家公務員法違反・公職選挙法違反被告事件
(156)昭和47年 5月25日 京都地裁 昭40(わ)1209号 公職選挙法違反被告事件
(157)昭和47年 4月10日 東京高裁 昭45(う)1795号 公職選挙法違反被告事件
(158)昭和47年 1月28日 高松高裁 昭46(行ケ)2号 選挙の効力に関する裁決に対する不服請求事件
(159)昭和46年 8月27日 大阪高裁 昭46(行ケ)4号 選挙無効請求事件
(160)昭和46年 3月11日 大阪高裁 昭46(行ス)2号 行政処分執行停止申立却下決定に対する即時抗告申立事件
(161)昭和45年12月 7日 仙台高裁秋田支部 昭44(行ケ)1号 村議会議員一般選挙における当選の効力に関する裁決取消請求事件
(162)昭和45年11月 7日 名古屋地裁 昭43(わ)1271号 公職選挙法違反被告事件
(163)昭和45年10月13日 東京地裁八王子支部 昭41(ワ)331号 損害賠償請求事件
(164)昭和45年 9月25日 大阪高裁 昭43(う)1525号 公職選挙法違反被告事件
(165)昭和45年 7月16日 東京高裁 昭43(行ケ)99号 選挙の効力に関する訴訟事件
(166)昭和45年 6月11日 東京高裁 昭44(行タ)3号 裁決取消請求事件
(167)昭和45年 4月24日 水戸地裁 昭43(わ)305号 公職選挙法違反被告事件
(168)昭和44年 6月14日 東京地裁 昭40(特わ)555号 国家公務員法違反、公職選挙法違反被告事件 〔総理府統計局事件・第一審〕
(169)昭和44年 3月18日 最高裁第三小法廷 昭43(あ)487号 公職選挙法違反被告事件
(170)昭和43年12月25日 佐賀地裁 昭42(わ)26号 公職選挙法違反被告事件
(171)昭和43年12月 2日 東京高裁 昭43(う)1736号 公職選挙法違反被告事件
(172)昭和43年11月11日 大阪高裁 昭43(う)322号 公職選挙法違反被告事件
(173)昭和43年 9月17日 福岡高裁 昭42(行ケ)12号 町長選挙の当選の効力に関する裁決取消並びに当選無効請求事件
(174)昭和43年 6月 6日 東京地裁 昭42(行ウ)213号 行政処分取消請求事件 〔練馬区長準公選事件〕
(175)昭和43年 5月31日 名古屋高裁金沢支部 昭42(行ケ)1号 町議会議員選挙の当選効力に関する審査申立に対する裁決取消
(176)昭和43年 4月12日 東京地裁 事件番号不詳 公職選挙法違反被告事件
(177)昭和43年 3月25日 旭川地裁 昭42(わ)16号 国家公務員法違反被告事件 〔いわゆる猿払事件・第一審〕
(178)昭和43年 2月12日 東京高裁 事件番号不詳 公職選挙法違反被告事件
(179)昭和43年 1月25日 高松高裁 昭42(う)59号 公職選挙法違反被告事件
(180)昭和42年11月20日 伊丹簡裁 昭42(ろ)6号 公職選挙法違反被告事件
(181)昭和42年10月20日 東京高裁 昭42(行ケ)34号 選挙無効等確認請求事件
(182)昭和42年 8月 8日 高松高裁 昭40(う)240号 公職選挙法違反被告事件
(183)昭和42年 5月30日 大阪高裁 昭41(ネ)427号 損害賠償及び慰謝料請求控訴事件
(184)昭和42年 5月23日 福岡高裁 昭41(う)853号 公職選挙法違反被告事件
(185)昭和42年 4月27日 東京地裁 昭40(特わ)594号 公職選挙法違反被告事件
(186)昭和42年 1月25日 東京地裁 昭40(特わ)589号 公職選挙法違反被告事件
(187)昭和41年10月31日 広島高裁 昭41(う)120号
(188)昭和41年10月24日 東京高裁 昭38(ナ)6号 裁決取消、選挙無効確認併合事件 〔東京都知事選ニセ証紙事件・第二審〕
(189)昭和41年 9月28日 東京高裁 昭41(う)1371号 公職選挙法違反被告事件
(190)昭和41年 9月16日 東京高裁 昭40(う)2319号 公職選挙法違反被告事件
(191)昭和41年 5月10日 東京高裁 昭38(ナ)23号 選挙無効事件
(192)昭和41年 4月28日 東京高裁 事件番号不詳 公職選挙法違反被告事件
(193)昭和40年11月29日 大阪高裁 昭40(行ケ)1号 当選無効請求事件
(194)昭和40年11月26日 東京高裁 昭39(う)642号 公職選挙法違反被告事件
(195)昭和40年11月 5日 東京高裁 昭40(う)353号 公職選挙法違反被告事件
(196)昭和40年 6月 5日 松山地裁 昭38(わ)68号 公職選挙法違反被告事件
(197)昭和40年 4月27日 大阪高裁 昭38(ナ)4号 裁決取消請求事件
(198)昭和40年 2月 5日 最高裁第二小法廷 昭39(あ)2106号 公職選挙法違反被告事件
(199)昭和39年12月20日 大阪高裁 昭39(う)1338号
(200)昭和39年12月15日 東京地裁 昭38(刑わ)2385号 公職選挙法違反、公記号偽造、公記号偽造行使等事件
(201)昭和39年12月 7日 千葉地裁 昭37(わ)297号 公職選挙法違反各被告事件
(202)昭和39年11月18日 東京高裁 昭39(う)1173号 公職選挙法違反被告事件
(203)昭和39年10月14日 福岡高裁 昭37(ナ)3号 市長選挙の当選の効力に関する訴願裁決取消請求事件
(204)昭和39年 8月31日 大阪高裁 昭39(う)643号 公職選挙法違反被告事件
(205)昭和39年 5月22日 大阪高裁 昭38(ナ)10号 当選無効請求事件
(206)昭和39年 5月22日 大阪高裁 事件番号不詳 当選無効請求事件
(207)昭和39年 5月 9日 福岡高裁 事件番号不詳 市長選挙の当選の効力に関する訴願裁決取消請求事件
(208)昭和39年 4月30日 大阪高裁 昭38(ナ)9号 選挙並びに当選無効事件
(209)昭和39年 3月11日 東京高裁 昭38(う)2547号 公職選挙法違反被告事件
(210)昭和39年 2月26日 東京高裁 昭38(う)2109号 公職選挙法違反被告事件


■選挙の種類一覧
選挙①【衆議院議員総選挙】に向けた、政治活動ポスター貼り(掲示交渉代行)
選挙②【参議院議員通常選挙】に向けた、政治活動ポスター貼り(掲示交渉代行)
選挙③【一般選挙(地方選挙)】に向けた、政治活動ポスター貼り(掲示交渉代行)
選挙④【特別選挙(国政選挙|地方選挙)】に向けた、政治活動ポスター貼り(掲示交渉代行)


【資料】政治活動用事前街頭ポスター新規掲示交渉実績一覧【PRドットウィン!】選挙,ポスター,貼り,代行,ポスター貼り,業者,選挙,ポスター,貼り,業者,ポスター,貼り,依頼,タウン,ポスター,ポスター,貼る,許可,ポスター,貼ってもらう,頼み方,ポスター,貼れる場所,ポスター,貼付,街,貼り,ポスター,政治活動ポスター,演説会,告知,選挙ポスター,イラスト,選挙ポスター,画像,明るい選挙ポスター,書き方,明るい選挙ポスター,東京,中学生,選挙ポスター,デザイン


(1)政治活動/選挙運動ポスター貼り ☆祝!勝つ!広報活動・事前街頭(単独/二連)選挙ポスター!
勝つ!選挙広報支援事前ポスター 政治選挙新規掲示ポスター貼付! 1枚から貼る事前選挙ポスター!
「政治活動・選挙運動ポスターを貼りたい!」という選挙立候補(予定)者のための、選挙広報支援プロ集団「選挙.WIN!」の事前街頭ポスター新規掲示プランです。

(2)圧倒的に政界No.1を誇る実績! 政治ポスター(演説会告知|政党|個人|二連三連)掲示交渉実績!
地獄のポスター貼りやります! ドブ板選挙ポスタリストが貼る! ポスター掲示交渉実績を大公開!
政治ポスター貼りドットウィン!「ドブ板選挙を戦い抜く覚悟のあなたをぜひ応援したい!」事前街頭PRおよび選挙広報支援コンサルティング実績!

(3)今すぐ無料でお見積りのご相談 ☆大至急スピード無料見積もり!選挙広報支援プランご提案
ポスター掲示難易度ランク調査 ご希望のエリア/貼付箇所/貼付枚数 ☏03-3981-2990✉info@senkyo.win
「政治活動用のポスター貼り代行」や「選挙広報支援プラン」の概算お見積りがほしいというお客様に、選挙ドットウィンの公職選挙法に抵触しない広報支援プランのご提案が可能です。

(4)政界初!世界発!「ワッポン」 選挙管理委員会の認証確認済みPR型「ウィン!ワッポン」
完全無料使い放題でご提供可能! 外壁街頭ポスター掲示貼付ツール 1枚から対応/大至急/一斉貼付け!
「ガンガン注目される訴求型PRポスターを貼りたい!」というお客様に、選挙ドットウィンの「ウィン!ワッポン」を完全無料使い放題でご提供する、究極の広報支援ポスター新規掲示プランです。

(5)選べるドブ板選挙広報支援一覧 選挙.WIN!豊富な選挙立候補(予定)者広報支援プラン一覧!
政治家/選挙立候補予定者広報支援 祝!当選!選挙広報支援プロ集団 世のため人のため「SENKYO.WIN」
アポイントメント獲得代行/後援会イベントセミナー集客代行/組織構築支援/党員募集獲得代行(所属党本部要請案件)/演説コンサルティング/候補者ブランディング/敵対陣営/ネガティブキャンペーン(対策/対応)

(6)握手代行/戸別訪問/ご挨拶回り 御用聞きによる戸別訪問型ご挨拶回り代行をいたします!
ポスター掲示交渉×戸別訪問ご挨拶 100%のリーチ率で攻める御用聞き 1軒でも行くご挨拶訪問交渉支援
ご指定の地域(ターゲットエリア)の個人宅(有権者)を1軒1軒ご訪問し、ビラ・チラシの配布およびアンケート解答用紙の配布収集等の戸別訪問型ポスター新規掲示依頼プランです。

(7)地域密着型ポスターPR広告貼り 地域密着型ポスターPR広告(街頭外壁掲示許可交渉代行)
街頭外壁掲示許可交渉代行/全業種 期間限定!貴社(貴店)ポスター貼り サイズ/枚数/全国エリア対応可能!
【対応可能な業種リスト|名称一覧】地域密着型ポスターPR広告(街頭外壁掲示許可交渉代行)貼り「ガンガン注目される訴求型PRポスターを貼りたい!」街頭外壁掲示ポスター新規掲示プランです。

(8)貼る専門!ポスター新規掲示! ☆貼!勝つ!広報活動・事前街頭(単独/二連)選挙ポスター!
政治活動/選挙運動ポスター貼り 勝つ!選挙広報支援事前ポスター 1枚から貼る事前選挙ポスター!
「政治活動・選挙運動ポスターを貼りたい!」という選挙立候補(予定)者のための、選挙広報支援プロ集団「選挙.WIN!」の事前街頭ポスター新規掲示プランです。

(9)選挙立札看板設置/証票申請代行 絶対ここに設置したい!選挙立札看板(選挙事務所/後援会連絡所)
選挙事務所/後援会連絡所届出代行 公職選挙法の上限/立て札看板設置 1台から可能な選挙立札看板設置
最強の立札看板設置代行/広報(公報)支援/選挙立候補者後援会立札看板/選挙立候補者連絡所立札看板/政治活動用事務所に掲示する立て札・看板/証票申請代行/ガンガン独占設置!


お問い合わせ【選挙ドットウィン!】ドブ板選挙広報支援および政治ポスター掲示交渉代行 お問い合わせ 050 お問い合わせ 050plus お問い合わせ 0sim お問い合わせ 109 お問い合わせ 109シネマズ お問い合わせ 10万円給付 お問い合わせ 16銀行 お問い合わせ 17kg お問い合わせ 17ライブ お問い合わせ 31 お問い合わせ 3ce お問い合わせ 3coins お問い合わせ 3ds お問い合わせ 3m お問い合わせ 4ーc お問い合わせ 4b4 お問い合わせ 551 お問い合わせ 551蓬莱 お問い合わせ 5kplayer お問い合わせ 77銀行 お問い合わせ 77銀行アプリ お問い合わせ 7id お問い合わせ 7order お問い合わせ 7pay お問い合わせ 81プロデュース お問い合わせ 9090 お問い合わせ 9monsters お問い合わせ au wallet お問い合わせ au お問い合わせ 0120 au お問い合わせ 157 au お問い合わせ 24時間 au お問い合わせ 無料 back number お問い合わせ contact form 7 お問い合わせ contact form 7 お問い合わせ 表示されない dazn お問い合わせ didi お問い合わせ diesel お問い合わせ diga お問い合わせ dinos お問い合わせ dion お問い合わせ dior お問い合わせ discord お問い合わせ dish// お問い合わせ disney お問い合わせ duo お問い合わせ ep-4004 お問い合わせ ep-707a お問い合わせ ep-802a お問い合わせ ep-803a お問い合わせ ep-805a お問い合わせ ep-806aw お問い合わせ ep-807ab お問い合わせ ep-807aw お問い合わせ ep-808ab お問い合わせ ep-808aw お問い合わせ ep-879aw お問い合わせ ep-978a3 お問い合わせ ep-979a3 お問い合わせ gu お問い合わせ lenovo お問い合わせ line pay お問い合わせ line pay お問い合わせ 電話 line お問い合わせ 電話 lineモバイル お問い合わせ microsoft 365 お問い合わせ nec お問い合わせ パソコン nec お問い合わせ ルータ nec お問い合わせ 電話番号 netflix お問い合わせ nuro お問い合わせ 電話 nuro お問い合わせ 電話番号 nuroモバイル お問い合わせ nuro光 お問い合わせ nuro光 お問い合わせ 電話番号 nuro光 マンション お問い合わせ nuxt お問い合わせ office 365 お問い合わせ peach お問い合わせ pitapa お問い合わせ playstation 4 お問い合わせ px-049a お問い合わせ px-5500 お問い合わせ q10 お問い合わせ q10 お問い合わせ 返信 qbハウス お問い合わせ qcy お問い合わせ qnap お問い合わせ qoo10 お問い合わせ 見方 qrio お問い合わせ qtネット お問い合わせ qtモバイル お問い合わせ qvc お問い合わせ so-net お問い合わせ so-net お問い合わせ line surface pro 7 お問い合わせ tsutaya discas お問い合わせ u-next お問い合わせ vaio お問い合わせ viber お問い合わせ viewカード お問い合わせ vimeo お問い合わせ visa お問い合わせ visa お問い合わせ 電話 visa お問い合わせ 日本 vlive お問い合わせ vプリカ お問い合わせ windows 10 お問い合わせ wordpress お問い合わせ ページ zaif お問い合わせ zaim お問い合わせ zara お問い合わせ zoff お問い合わせ zoho お問い合わせ zoom お問い合わせ zozo gmo お問い合わせ zozotown お問い合わせ 電話 zozoカード お問い合わせ ヴィーナススキン お問い合わせ エポスカード お問い合わせ 24時間 エレコム お問い合わせ ルーター お問い合わせ 0120 お問い合わせ 2-7-0 お問い合わせ 404 お問い合わせ amazon お問い合わせ apple お問い合わせ au お問い合わせ biglobe お問い合わせ cgi お問い合わせ cocoon お問い合わせ contact お問い合わせ css お問い合わせ epic games store お問い合わせ fgo お問い合わせ google お問い合わせ googleフォーム お問い合わせ html お問い合わせ inquiry お問い合わせ line お問い合わせ lixil お問い合わせ mailto お問い合わせ makuake お問い合わせ minne お問い合わせ nec お問い合わせ no お問い合わせ nofollow お問い合わせ note お問い合わせ ntt西日本 お問い合わせ ntt東日本 お問い合わせ pairs お問い合わせ php お問い合わせ pixiv お問い合わせ pop お問い合わせ q&a お問い合わせ rails お問い合わせ sony お問い合わせ ssl お問い合わせ twitter お問い合わせ ufj お問い合わせ ui お問い合わせ uq お問い合わせ weblio お問い合わせ webデザイン お問い合わせ webページ お問い合わせ wordpress お問い合わせ wordpress プラグイン お問い合わせ zozotown お問い合わせ アイコン お問い合わせ アイコン ベクター お問い合わせ アイコン 無料 お問い合わせ アドレス お問い合わせ アマゾン お問い合わせ ありがとう 英語 お問い合わせ ありがとうございます お問い合わせ イメージ画像 お問い合わせ イラスト お問い合わせ イラスト フリー お問い合わせ ウィジェット お問い合わせ ウイルスバスター お問い合わせ お支払い照合番号 メール お問い合わせ お支払照合番号 迷惑メール お問い合わせ お断りメール お問い合わせ お問合せ お問い合わせ お問合せ 公用文 お問い合わせ お礼 お問い合わせ お礼 メール お問い合わせ お礼 例文 お問い合わせ ガイダンス お問い合わせ キューピー お問い合わせ グーグル お問い合わせ グーグルフォーム お問い合わせ ください お問い合わせ クッキー お問い合わせ クックパッド お問い合わせ クラス名 お問い合わせ グラブル お問い合わせ グリー お問い合わせ クリックポスト お問い合わせ クリニック お問い合わせ グループ お問い合わせ グルメ お問い合わせ グレイル お問い合わせ クレーム お問い合わせ クローズ お問い合わせ クロネコ お問い合わせ ゲーセン お問い合わせ ゲーム お問い合わせ コンバージョン お問い合わせ ご質問 お問い合わせ ご質問 類語 お問い合わせ ご相談 窓口 からのメール お問い合わせ ご相談窓口 メール お問い合わせ ご相談窓口 迷惑メール お問い合わせ ご相談窓口 迷惑メール 住所 お問い合わせ ご問い合わせ お問い合わせ ご連絡 お問い合わせ サービス内容の変更 お問い合わせ サービス内容の変更 迷惑メール お問い合わせ サンクスページ お問い合わせ サンクスメール 例文 お問い合わせ サンプル お問い合わせ システム お問い合わせ ジャニーズ お問い合わせ すかいらーく お問い合わせ スクール お問い合わせ スクエア お問い合わせ スクエニ お問い合わせ ステップ お問い合わせ スパム お問い合わせ スペイン語 お問い合わせ する お問い合わせ する側 お問い合わせ セキュリティ お問い合わせ セブンイレブン お問い合わせ センター お問い合わせ ソニー お問い合わせ ソフトバンク お問い合わせ ソフトバンク光 お問い合わせ ダイキン お問い合わせ タイトル お問い合わせ タイ語 お問い合わせ チャット お問い合わせ チャットボット お問い合わせ チラシ お問い合わせ ツイステ お問い合わせ ツイッター お問い合わせ ディズニー お問い合わせ デザイン お問い合わせ デザイン css お問い合わせ デザイン 参考 お問い合わせ テンプレート お問い合わせ というメール お問い合わせ ドイツ語 お問い合わせ ドコモ お問い合わせ とは お問い合わせ ドメイン お問い合わせ ニコス お問い合わせ ニコニコ お問い合わせ ニトリ お問い合わせ ネイルサロン お問い合わせ ネットショップ お問い合わせ の使い方 お問い合わせ は 英語 お問い合わせ バーバリー お問い合わせ パーマリンク お問い合わせ バイト お問い合わせ はくばく お問い合わせ ハコスコ お問い合わせ はじめて お問い合わせ パスワード お問い合わせ バズ部 お問い合わせ パソコン お問い合わせ パソコン工房 お問い合わせ バッファロー お問い合わせ はてな お問い合わせ はてなブログ お問い合わせ バナー お問い合わせ バナー デザイン お問い合わせ バナー 素材 お問い合わせ バナー 無料 お問い合わせ バナー画像 お問い合わせ パナソニック お問い合わせ はなまるうどん お問い合わせ バリデーション お問い合わせ パンテーン お問い合わせ パンフレット お問い合わせ ヒアルロン酸 お問い合わせ ピーチサポート お問い合わせ ピクトグラム お問い合わせ ビザ お問い合わせ ビジネス お問い合わせ ビジネスメール お問い合わせ ビジネス文書 お問い合わせ ひな形 お問い合わせ フォートナイト お問い合わせ フォーム お問い合わせ フォーム html お問い合わせ フォーム php お問い合わせ フォーム デザイン お問い合わせ フォーム 無料 お問い合わせ フォーム 例文 お問い合わせ プライバシーポリシー お問い合わせ プライバシーポリシー 同意 お問い合わせ プラグイン お問い合わせ プラグイン wordpress お問い合わせ プラン変更 迷惑メール お問い合わせ プラン変更送り先 メール お問い合わせ フリー素材 お問い合わせ ふりがな お問い合わせ プルダウン お問い合わせ フロー お問い合わせ ブログ お問い合わせ ペイパル お問い合わせ ベーカリー お問い合わせ ページ お問い合わせ ページ デザイン お問い合わせ ページ 作り方 お問い合わせ ペット お問い合わせ ベトナム語 お問い合わせ ベルパーク お問い合わせ ホームページ お問い合わせ ポケモン お問い合わせ ポケモンgo お問い合わせ ポスター お問い合わせ ボタン お問い合わせ ボタン css お問い合わせ ボタン html お問い合わせ ボタン デザイン お問い合わせ ボタン フリー お問い合わせ ポルトガル語 お問い合わせ マーク お問い合わせ マーケティング お問い合わせ マイクロソフト お問い合わせ マカフィー お問い合わせ マナー お問い合わせ マニュアル お問い合わせ みずほ お問い合わせ ムービック お問い合わせ メーラー起動 お問い合わせ メール お問い合わせ メール お礼 お問い合わせ メール 英語 お問い合わせ メール 件名 お問い合わせ メール 返信 お問い合わせ メールアドレス お問い合わせ メールアドレス 例 お問い合わせ メルカリ お問い合わせ モンスト お問い合わせ ヤフオク お問い合わせ ヤマト お問い合わせ ヤマト運輸 お問い合わせ やり方 お問い合わせ ユニクロ お問い合わせ よくあるご質問 お問い合わせ よくある質問 お問い合わせ ヨドバシ お問い合わせ ライン お問い合わせ リクシル お問い合わせ リクルート お問い合わせ リフォーム お問い合わせ リンク お問い合わせ リンク デザイン お問い合わせ ルミネ お問い合わせ ルミネカード お問い合わせ レスポンシブ お問い合わせ レターパック お問い合わせ レノボ お問い合わせ レンタカー お問い合わせ ローソン お問い合わせ ローチケ お問い合わせ ロゴ お問い合わせ ロッテ お問い合わせ ロボット お問い合わせ ワードプレス お問い合わせ ワイモバイル お問い合わせ ワイヤーフレーム お問い合わせ わかさ生活 お問い合わせ ワコム お問い合わせ を英語で お問い合わせ 挨拶 お問い合わせ 意味 お問い合わせ 一覧 お問い合わせ 営業 お問い合わせ 営業お断り お問い合わせ 営業日 お問い合わせ 英語 お問い合わせ 英語 ホームページ お問い合わせ 英語 メール お問い合わせ 英語 件名 お問い合わせ 英語で お問い合わせ 英訳 お問い合わせ 何度も お問い合わせ 荷物 お問い合わせ 画像 お問い合わせ 画像 フリー お問い合わせ 画像 素材 お問い合わせ 画像添付 お問い合わせ 画像認証 お問い合わせ 画面 お問い合わせ 回答 お問い合わせ 回答 お礼 お問い合わせ 確認画面 お問い合わせ 学校 お問い合わせ 楽天 お問い合わせ 楽天カード お問い合わせ 楽天モバイル お問い合わせ 完了 例文 お問い合わせ 完了画面 お問い合わせ 漢字 お問い合わせ 管理 お問い合わせ 韓国語 お問い合わせ 企業 お問い合わせ 貴社 お問い合わせ 偽名 お問い合わせ 求人 お問い合わせ 給付金 お問い合わせ 銀行 お問い合わせ 熊本市 お問い合わせ 契約条項通知 お問い合わせ 契約条項通知 メール お問い合わせ 契約条項通知 迷惑メール お問い合わせ 敬語 お問い合わせ 敬語 メール お問い合わせ 芸大 お問い合わせ 結び お問い合わせ 件名 お問い合わせ 件名 メール お問い合わせ 件名 英語 お問い合わせ 件名とは お問い合わせ 見積もり お問い合わせ 見本 お問い合わせ 減らす お問い合わせ 現金書留 お問い合わせ 現状 お問い合わせ 言い換え お問い合わせ 言い方 お問い合わせ 言葉 お問い合わせ 言葉遣い お問い合わせ 個人情報 同意 お問い合わせ 個人情報保護 お問い合わせ 個人情報保護方針 お問い合わせ 項目 お問い合わせ 佐川 お問い合わせ 最初 お問い合わせ 採用 お問い合わせ 在庫 お問い合わせ 在宅 お問い合わせ 作り方 お問い合わせ 三井住友銀行 お問い合わせ 参考 お問い合わせ 仕方 お問い合わせ 使い方 お問い合わせ 支払い照合番号 お問い合わせ 資料請求 お問い合わせ 歯医者 お問い合わせ 時間 お問い合わせ 自動返信メール お問い合わせ 自分 お問い合わせ 質問 お問い合わせ 写真 お問い合わせ 謝罪 お問い合わせ 種類 お問い合わせ 受付 メール お問い合わせ 受付時間 お問い合わせ 書き始め お問い合わせ 書き方 お問い合わせ 書き方 ゲーム お問い合わせ 承りました お問い合わせ 照会番号 迷惑メール お問い合わせ 森永 お問い合わせ 人 英語 お問い合わせ 正しい お問い合わせ 正式 お問い合わせ 西濃 お問い合わせ 設置 お問い合わせ 専修大学 お問い合わせ 選考 お問い合わせ 選考辞退 お問い合わせ 選択 お問い合わせ 素材 お問い合わせ 相談窓口 お問い合わせ 相談窓口 メール お問い合わせ 窓口 お問い合わせ 送り状番号 お問い合わせ 送信完了 お問い合わせ 送信完了画面 お問い合わせ 尊敬語 お問い合わせ 他の言い方 お問い合わせ 対応 お問い合わせ 対応 メール お問い合わせ 対応時間 お問い合わせ 代行 お問い合わせ 代理店 お問い合わせ 台湾語 お問い合わせ 大学 お問い合わせ 宅急便 お問い合わせ 担当者様 お問い合わせ 断り方 お問い合わせ 中国語 お問い合わせ 中文 お問い合わせ 注意事項 お問い合わせ 丁寧 お問い合わせ 丁寧語 お問い合わせ 追従 お問い合わせ 締めの言葉 お問い合わせ 店 お問い合わせ 添付 お問い合わせ 電話 お問い合わせ 電話 マナー お問い合わせ 電話 メール お問い合わせ 電話 話し方 お問い合わせ 電話対応 お問い合わせ 電話番号 お問い合わせ 土日 お問い合わせ 動詞 お問い合わせ 同意 お問い合わせ 同意する お問い合わせ 同義語 お問い合わせ 導入 お問い合わせ 匿名 お問い合わせ 特別体験終了 お問い合わせ 読み方 お問い合わせ 内容 お問い合わせ 日経 お問い合わせ 日本語 正しい お問い合わせ 日本郵便 お問い合わせ 日立 お問い合わせ 入力フォーム お問い合わせ 任天堂 お問い合わせ 農林水産省 お問い合わせ 反対語 お問い合わせ 番号 お問い合わせ 誹謗中傷 お問い合わせ 美容院 お問い合わせ 美容液 お問い合わせ 必須 お問い合わせ 必要 お問い合わせ 表記 お問い合わせ 表記 英語 お問い合わせ 表示 お問い合わせ 武蔵野美術大学 お問い合わせ 分析 お問い合わせ 文言 お問い合わせ 文字化け お問い合わせ 文字数 お問い合わせ 文章 お問い合わせ 文章 ゲーム お問い合わせ 文面 お問い合わせ 別の お問い合わせ 別の言い方 お問い合わせ 返信 お問い合わせ 返信 いつ お問い合わせ 返信 お礼 お問い合わせ 返信 こない お問い合わせ 返信 テンプレ お問い合わせ 返信 英語 お問い合わせ 返信 件名 お問い合わせ 返信 例文 お問い合わせ 返信メール テンプレート お問い合わせ 方法 お問い合わせ 褒める お問い合わせ 本名 お問い合わせ 翻訳 お問い合わせ 毎日 お問い合わせ 無視 お問い合わせ 無料 お問い合わせ 無料素材 お問い合わせ 名乗る お問い合わせ 名前 お問い合わせ 名前 偽名 お問い合わせ 名前 本名 お問い合わせ 迷惑メール お問い合わせ 目的 お問い合わせ 問い合わせ お問い合わせ 問合せ お問い合わせ 訳 お問い合わせ 郵便 お問い合わせ 要望 お問い合わせ 要望 書き方 お問い合わせ 留学 お問い合わせ 旅館 お問い合わせ 料金 お問い合わせ 料金確認 特別体験終了 お問い合わせ 料金確認 迷惑メール お問い合わせ 類語 お問い合わせ 例文 お問い合わせ 連絡こない お問い合わせ 連絡先 お問い合わせ 録音 お問い合わせ 話し方 お問い合わせ 亘理町 お問い合わせ(無料) お気に入り お問い合わせありがとうございます 英語 お問い合わせください お問い合わせフォーム お問い合わせフォーム 作り方 お問い合わせ番号 お問い合わせ番号が見つかりません お問合せ お問合せ イラスト お問合せ お礼 お問合せ する お問合せ とは お問合せ ピアノ教室 お問合せ ポータル お問合せ レンタカー お問合せ レンタル お問合せ ロゴ お問合せ 意味 お問合せ 画像 お問合せ 件名 お問合せ 公用文 お問合せ 佐川 お問合せ 三越 お問合せ 申し込み お問合せ 日本語 お問合せ 問い合わせ お問合せ 問合せ ギャラクシー お問い合わせ グラクロ お問い合わせ グラブル お問い合わせ ゲームアイテム名 グラブル お問い合わせ どこ グラブル お問い合わせ モバゲー グラブル お問い合わせ 巻き戻し ゲーム お問い合わせ 書き方 ゲームトレード お問い合わせ ゲオ お問い合わせ ザトール お問い合わせ ザレイズ お問い合わせ シャープ お問い合わせ 050 シャープ お問い合わせ 冷蔵庫 シャドバ お問い合わせ ネタ ズーキーパー お問い合わせ ズーム お問い合わせ ずんどう屋 お問い合わせ ゼクシィ お問い合わせ セディナ お問い合わせ ローン ゼノンザード お問い合わせ ゼロファクター お問い合わせ ゼンハイザー お問い合わせ ゼンリー お問い合わせ ゼンリン お問い合わせ ゾゾタウン お問い合わせ 電話番号 ソフトバンク お問い合わせ 157 ソフトバンク お問い合わせ 24時間 ソフトバンク お問い合わせ 無料 ダイソー お問い合わせ ダイソン お問い合わせ ドコモ お問い合わせ 151 ドコモ お問い合わせ 24時間 ドラクエウォーク お問い合わせ 2-7-4 トレクル お問い合わせ 400 トレクル お問い合わせ 502 ニトリ お問い合わせ 0570 ヌビアン お問い合わせ ネスレ お問い合わせ ノエル銀座クリニック お問い合わせ ノートン お問い合わせ ノーリツ お問い合わせ ノジマ お問い合わせ パスワード お問い合わせ バッファロー ルーター お問い合わせ ぴあ お問い合わせ ピカラ お問い合わせ ピクトリンク お問い合わせ ピグパ お問い合わせ ピザハット お問い合わせ ビセラ お問い合わせ ビックカメラ お問い合わせ ビューカード お問い合わせ ペアーズ お問い合わせ ペイペイ お問い合わせ 電話 ポケコロ お問い合わせ ポケットカード お問い合わせ ポケ森 お問い合わせ ポンタカード お問い合わせ マイナビ お問い合わせ 2021 ムーモ お問い合わせ メルカリ お問い合わせ ページ メルカリ お問い合わせ ログインできない モバイルsuica お問い合わせ ヤマト運輸 お問い合わせ 0570 ゆうパック お問い合わせ 見つからない りそな銀行 お問い合わせ 24時間 ルイヴィトン お問い合わせ ルフトハンザ お問い合わせ るるぶトラベル お問い合わせ ルンバ お問い合わせ ロコンド お問い合わせ 電話 ワイジェイカード お問い合わせ ワイモバイル お問い合わせ 電話 楽天 お問い合わせ 銀行 楽天モバイル お問い合わせ 無料 株式会社アークh.d お問合せ 逆seo対策 株式会社アークhd お問合せ 逆seo 銀だこ お問い合わせ 銀のさら お問い合わせ 銀座カラー お問い合わせ 銀座保険サービス お問い合わせ 劇団四季 お問い合わせ 佐川 お問い合わせ 見方 佐川急便 お問い合わせ 24時間 在留カード お問い合わせ 財宝 お問い合わせ 財務省 お問い合わせ 三井住友銀行 お問い合わせ 24時間 象印 お問い合わせ 税務署 お問い合わせ 全日空 お問い合わせ 全日空 お問い合わせ 電話 全労済 お問い合わせ 造園工事 お問い合わせ 奈良県緑化土木協同組合 大東建託 お問い合わせ 第五人格 お問い合わせ 年金 お問い合わせ 白猫 お問い合わせ 3203 白猫 お問い合わせ 3210 病院 お問い合わせ 崩壊 3rd お問い合わせ 野村證券 お問い合わせ 嵐 5ラ20 お問い合わせ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。