クレーム対応/交渉

クレーム対応/交渉

【ポスター掲示後のクレーム対応および交渉について】
東京都内の、とある商店街にてポスターの掲示交渉をして「許可をいただいて」貼らせていただいたものの、それでもクレームがくる場合があります。

■当該箇所に掲示をさせていただく際のご対応フロー
①名刺とビラをお渡ししながら、地域の有権者へご挨拶。
②ポスター掲示許可をいただく。
③貼っている間、いつ選挙があるかなどの会話で「つなぐ」。
④掲示完了し、ご確認いただく。
⑤もしも第三者などから「政治関係のポスターなんて剥がせ」と言われた場合のご迷惑やご不都合に備えて、ご連絡先カードを手渡す。
⑥ご協力いただきましたことに感謝申し上げ、深く頭を下げる。

ここまでしても、「許可なんてしてないぞ!」とクレームがくる場合があります。
「なんだ?うちの爺さんがボケてるとでも言いたいのか?」
「警察に通報する」
「無断で貼ったこと認めろ」
「お前の話し方は生意気だ」
「選挙管理委員会にも通告する」

あらゆるクレームは、ポスターを剥がしても、止まりません。
先方のお怒りに深く謝罪申し上げても、止まりません。
「無断で貼った」と自白を強要し、事実無根の言いがかりに対して認めるまで、いわゆる警察の誘導尋問による取り調べのようです。
このようなクレームは選挙に関わるスタッフなら当然ご存知かと思いますが、上記の画像でご確認んいただけるように、人通りの多い商店街で、店主が見ている状況で、無断でのポスター貼りによる違法行為はありえません。
実際のところ、このようなクレームを深く辿っていくことによって、はたして「選挙妨害」であることを判別することは容易ではありません。
いかなる理由があろうと、クレームはストレスになり、モチベーションを低下させてしまいます。
コロナウイルスによる自粛が続けば続くほど、人のストレスが蓄積し、いかようにも終わりの見えないクレームの対象になります。
そのため、クレーム対応および交渉は、選挙ドットウィン!にご相談ください。
掲示責任者代行のページは、こちらです!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。