【選挙から学ぶ判例】crps 裁判例 lgbt 裁判例 nda 裁判例 nhk 裁判例 nhk 受信料 裁判例 pl法 裁判例 pta 裁判例 ptsd 裁判例 アメリカ 裁判例 検索 オーバーローン 財産分与 裁判例 クレーマー 裁判例 クレプトマニア 裁判例 サブリース 裁判例 ストーカー 裁判例 セクシャルハラスメント 裁判例 せクハラ 裁判例 タイムカード 裁判例 タイムスタンプ 裁判例 ドライブレコーダー 裁判例 ノンオペレーションチャージ 裁判例 ハーグ条約 裁判例 バイトテロ 裁判例 パタハラ 裁判例 パブリシティ権 裁判例 ハラスメント 裁判例 パワーハラスメント 裁判例 パワハラ 裁判例 ファクタリング 裁判例 プライバシー 裁判例 プライバシーの侵害 裁判例 プライバシー権 裁判例 ブラックバイト 裁判例 ベネッセ 裁判例 ベルシステム24 裁判例 マタニティハラスメント 裁判例 マタハラ 裁判例 マンション 騒音 裁判例 メンタルヘルス 裁判例 モラハラ 裁判例 モラルハラスメント 裁判例 リストラ 裁判例 リツイート 名誉毀損 裁判例 リフォーム 裁判例 遺言 解釈 裁判例 遺言 裁判例 遺言書 裁判例 遺言能力 裁判例 引き抜き 裁判例 営業秘密 裁判例 応召義務 裁判例 応用美術 裁判例 横浜地裁 裁判例 過失割合 裁判例 過労死 裁判例 介護事故 裁判例 会社法 裁判例 解雇 裁判例 外国人労働者 裁判例 学校 裁判例 学校教育法施行規則第48条 裁判例 学校事故 裁判例 環境権 裁判例 管理監督者 裁判例 器物損壊 裁判例 基本的人権 裁判例 寄与分 裁判例 偽装請負 裁判例 逆パワハラ 裁判例 休業損害 裁判例 休憩時間 裁判例 競業避止義務 裁判例 教育を受ける権利 裁判例 脅迫 裁判例 業務上横領 裁判例 近隣トラブル 裁判例 契約締結上の過失 裁判例 原状回復 裁判例 固定残業代 裁判例 雇い止め 裁判例 雇止め 裁判例 交通事故 過失割合 裁判例 交通事故 裁判例 交通事故 裁判例 検索 公共の福祉 裁判例 公序良俗違反 裁判例 公図 裁判例 厚生労働省 パワハラ 裁判例 行政訴訟 裁判例 行政法 裁判例 降格 裁判例 合併 裁判例 婚約破棄 裁判例 裁判員制度 裁判例 裁判所 知的財産 裁判例 裁判例 データ 裁判例 データベース 裁判例 データベース 無料 裁判例 とは 裁判例 とは 判例 裁判例 ニュース 裁判例 レポート 裁判例 安全配慮義務 裁判例 意味 裁判例 引用 裁判例 引用の仕方 裁判例 引用方法 裁判例 英語 裁判例 英語で 裁判例 英訳 裁判例 閲覧 裁判例 学説にみる交通事故物的損害 2-1 全損編 裁判例 共有物分割 裁判例 刑事事件 裁判例 刑法 裁判例 憲法 裁判例 検査 裁判例 検索 裁判例 検索方法 裁判例 公開 裁判例 公知の事実 裁判例 広島 裁判例 国際私法 裁判例 最高裁 裁判例 最高裁判所 裁判例 最新 裁判例 裁判所 裁判例 雑誌 裁判例 事件番号 裁判例 射程 裁判例 書き方 裁判例 書籍 裁判例 商標 裁判例 消費税 裁判例 証拠説明書 裁判例 証拠提出 裁判例 情報 裁判例 全文 裁判例 速報 裁判例 探し方 裁判例 知財 裁判例 調べ方 裁判例 調査 裁判例 定義 裁判例 東京地裁 裁判例 同一労働同一賃金 裁判例 特許 裁判例 読み方 裁判例 入手方法 裁判例 判決 違い 裁判例 判決文 裁判例 判例 裁判例 判例 違い 裁判例 百選 裁判例 表記 裁判例 別紙 裁判例 本 裁判例 面白い 裁判例 労働 裁判例・学説にみる交通事故物的損害 2-1 全損編 裁判例・審判例からみた 特別受益・寄与分 裁判例からみる消費税法 裁判例とは 裁量労働制 裁判例 財産分与 裁判例 産業医 裁判例 残業代未払い 裁判例 試用期間 解雇 裁判例 持ち帰り残業 裁判例 自己決定権 裁判例 自転車事故 裁判例 自由権 裁判例 手待ち時間 裁判例 受動喫煙 裁判例 重過失 裁判例 商法512条 裁判例 証拠説明書 記載例 裁判例 証拠説明書 裁判例 引用 情報公開 裁判例 職員会議 裁判例 振り込め詐欺 裁判例 身元保証 裁判例 人権侵害 裁判例 人種差別撤廃条約 裁判例 整理解雇 裁判例 生活保護 裁判例 生存権 裁判例 生命保険 裁判例 盛岡地裁 裁判例 製造物責任 裁判例 製造物責任法 裁判例 請負 裁判例 税務大学校 裁判例 接見交通権 裁判例 先使用権 裁判例 租税 裁判例 租税法 裁判例 相続 裁判例 相続税 裁判例 相続放棄 裁判例 騒音 裁判例 尊厳死 裁判例 損害賠償請求 裁判例 体罰 裁判例 退職勧奨 違法 裁判例 退職勧奨 裁判例 退職強要 裁判例 退職金 裁判例 大阪高裁 裁判例 大阪地裁 裁判例 大阪地方裁判所 裁判例 大麻 裁判例 第一法規 裁判例 男女差別 裁判例 男女差别 裁判例 知財高裁 裁判例 知的財産 裁判例 知的財産権 裁判例 中絶 慰謝料 裁判例 著作権 裁判例 長時間労働 裁判例 追突 裁判例 通勤災害 裁判例 通信の秘密 裁判例 貞操権 慰謝料 裁判例 転勤 裁判例 転籍 裁判例 電子契約 裁判例 電子署名 裁判例 同性婚 裁判例 独占禁止法 裁判例 内縁 裁判例 内定取り消し 裁判例 内定取消 裁判例 内部統制システム 裁判例 二次創作 裁判例 日本郵便 裁判例 熱中症 裁判例 能力不足 解雇 裁判例 脳死 裁判例 脳脊髄液減少症 裁判例 派遣 裁判例 判決 裁判例 違い 判決 判例 裁判例 判例 と 裁判例 判例 裁判例 とは 判例 裁判例 違い 秘密保持契約 裁判例 秘密録音 裁判例 非接触事故 裁判例 美容整形 裁判例 表現の自由 裁判例 表明保証 裁判例 評価損 裁判例 不正競争防止法 営業秘密 裁判例 不正競争防止法 裁判例 不貞 慰謝料 裁判例 不貞行為 慰謝料 裁判例 不貞行為 裁判例 不当解雇 裁判例 不動産 裁判例 浮気 慰謝料 裁判例 副業 裁判例 副業禁止 裁判例 分掌変更 裁判例 文書提出命令 裁判例 平和的生存権 裁判例 別居期間 裁判例 変形労働時間制 裁判例 弁護士会照会 裁判例 法の下の平等 裁判例 法人格否認の法理 裁判例 法務省 裁判例 忘れられる権利 裁判例 枕営業 裁判例 未払い残業代 裁判例 民事事件 裁判例 民事信託 裁判例 民事訴訟 裁判例 民泊 裁判例 民法 裁判例 無期転換 裁判例 無断欠勤 解雇 裁判例 名ばかり管理職 裁判例 名義株 裁判例 名古屋高裁 裁判例 名誉棄損 裁判例 名誉毀損 裁判例 免責不許可 裁判例 面会交流 裁判例 約款 裁判例 有給休暇 裁判例 有責配偶者 裁判例 予防接種 裁判例 離婚 裁判例 立ち退き料 裁判例 立退料 裁判例 類推解釈 裁判例 類推解釈の禁止 裁判例 礼金 裁判例 労災 裁判例 労災事故 裁判例 労働基準法 裁判例 労働基準法違反 裁判例 労働契約法20条 裁判例 労働裁判 裁判例 労働時間 裁判例 労働者性 裁判例 労働法 裁判例 和解 裁判例

「選挙 コンサルタント」に関する裁判例(83)平成 5年 3月16日 札幌地裁 平元(わ)559号 受託収賄被告事件 〔北海道新長計汚職事件〕

「選挙 コンサルタント」に関する裁判例(83)平成 5年 3月16日 札幌地裁 平元(わ)559号 受託収賄被告事件 〔北海道新長計汚職事件〕

裁判年月日  平成 5年 3月16日  裁判所名  札幌地裁  裁判区分  判決
事件番号  平元(わ)559号・平元(わ)561号・平元(わ)560号
事件名  受託収賄被告事件 〔北海道新長計汚職事件〕
裁判結果  有罪  上訴等  一部控訴  文献番号  1993WLJPCA03160008

要旨
◆北海道の幹部職員が、北海道の調査業務の受注につき便宜を図る旨の明示ないし黙示の請託を受け、請託したコンサルタント業者から送金を受けたことが受託収賄罪に該当するとされた事例

出典
判タ 829号239頁

参照条文
刑法197条1項
刑法198条

裁判年月日  平成 5年 3月16日  裁判所名  札幌地裁  裁判区分  判決
事件番号  平元(わ)559号・平元(わ)561号・平元(わ)560号
事件名  受託収賄被告事件 〔北海道新長計汚職事件〕
裁判結果  有罪  上訴等  一部控訴  文献番号  1993WLJPCA03160008

主文
被告人Aを懲役三年に、被告人B、被告人C及び被告人Dをそれぞれ懲役一年六か月に処する。
この裁判確定の日から、被告人Aに対しては五年間、被告人B、被告人C及び被告人Dに対してはいずれも三年間、それぞれその刑の執行を猶予する。
被告人Aから、三九四八万円を追徴する。
訴訟費用については、別紙訴訟費用負担一覧表記載のとおり、それぞれの被告人に負担させる。

理由
(犯罪事実)
第一  被告人A関係
被告人Aは、昭和五九年九月一一日から昭和六三年一月一〇日までの間、北海道事務吏員として勤務し、その間の昭和五九年九月一一日から昭和六〇年四月一〇日までは北海道開発調整部(以下「開発調整部」という。)参事(計画)の主幹として、北海道の新長期計画にかかる戦略プロジェクト(以下「戦略プロ」という。)の企画、立案、調査委託発注等に関する事務を処理する職務に従事し、昭和六〇年四月一一日から昭和六三年一月一〇日までは開発調整部参事(計画)の参事として、これらの事務を統括する職務に従事していた。
一  昭和六〇年度の戦略プロ関係調査をめぐる収賄
開発調整部では、昭和六〇年一月ころまでに、昭和六〇年度において、戦略プロに関する可能性調査(以下「戦プロ可能性調査」という。)を民間のシンクタンク等に委託発注する方針を固め、その予算化措置を要求していたところ、同年二月六日の知事査定によって総額一億三〇〇〇万円の予算が計上されることとなり、被告人Aや同僚の中橋勇一らが中心となって、発注会社の選定、発注方式の決定等に関する事務の処理に当たっていた。
1 ところが、被告人Aは、この昭和六〇年度戦プロ可能性調査に関し、昭和六〇年三月上旬ころ、東京都文京区〈番地略〉所在の株式会社開発計画研究所(以下「開研」という。)の事務所において、同社の代表取締役(肩書は当時のもの。以下、他の被告人についても同じ。)であった被告人Bに対し、戦プロ可能性調査の委託業務を同社が受注できるように取り計らう見返りとして、「調整費」あるいは「活動費」の名目で、同社の受注額の一五ないし二〇パーセントに当たる金額を割り戻すという方法で供与することを要求した。被告人Aは、その場で、被告人Bから右金員の支払要求に応じる旨の承諾を得るとともに、被告人Bとの間で、開研の受注に関して便宜を図ることで暗黙の意思を通じ、その旨の黙示の請託を受けた。そして、被告人Aは、戦プロ中の昭和六〇年度「二一世紀技術開発プロジェクト調査」等の指名競争入札における指名業者の選定や落札予定価格の事前漏洩等について便宜な取り計らいを受けたことに対する謝礼の趣旨で供与されるものであることを知りながら、被告人Bから、東京都渋谷区〈番地略〉所在の株式会社富士銀行渋谷支店にあった株式会社メープル政策企画研究所(以下「メープル企画」という。)名義の口座番号一八六〇六七八の普通預金口座宛に、昭和六〇年七月一二日に一八〇万円の、また、口座番号一八六八四二三の普通預金口座宛に、同年一〇月七日に三〇〇万円、同年一二月三一日に一七八万円の合計六五八万円の振込送金を受け、前記職務に関して賄賂を収受した。
2 また、被告人Aは、前記昭和六〇年度戦プロ可能性調査に関し、昭和六〇年三月上旬ころ、札幌市中央区〈番地略〉所在の札幌グランドホテル内にある喫茶店「ポプラ」において、北海道開発コンサルタント株式会社(以下「道コン」という。)技術開発部の主任技師であった被告人Dに対し、戦プロ可能性調査の委託業務を同社が受注できるように取り計らう見返りとして、「活動費」の名目で、同社の受注額の一五パーセントに当たる金額を割り戻すという方法で供与することを要求した。被告人Dは、その日のうちにこの話を上司である同社技術開発部長の被告人Cに伝え、被告人Cも、これを承諾した。そこで、被告人Dは、その翌日ころ、被告人Aに電話をかけて右金員の支払要求に応じることを伝えるとともに、道コンの受注につき「宜しくお願いします。」と述べて、便宜な取り計らいをしてもらいたい旨依頼した。このようにして、被告人Aは、被告人Cの意向を受けた被告人Dから、右金員の支払要求に応じる旨の承諾を得るとともに、道コンの受注に関する便宜を図ることについての請託を受けた。そして、被告人Aは、戦プロ中の昭和六〇年度「二一世紀交通運輸システムプロジェクト調査」の指名競争入札における指名業者の選定、落札予定価格の事前漏洩等について便宜な取り計らいを受けたことに対する謝礼の趣旨で供与されるものであることを知りながら、被告人C及び被告人Dから、前記富士銀行渋谷支店のメープル企画名義の口座番号一八六〇六七八の普通預金口座宛に、昭和六〇年八月三〇日に四〇〇万円の、口座番号一八六八四二三の普通預金口座宛に、同年一〇月三一日に三七〇万円の合計七七〇万円の振込送金を受け、前記職務に関して賄賂を収受した。
二  昭和六一年度の戦プロ関係調査をめぐる収賄
開発調整部では、昭和六〇年一二月ころまでに、昭和六一年度においても、昭和六〇年度に引き続いて、戦プロ事業を推進するための調査(以下「戦プロ推進調査」という。)を民間のシンクタンク等に委託発注する方針を固め、そのための予算措置を要求していたところ、昭和六一年二月六日の知事査定において、総額三億円の予算が計上されることになり、被告人Aが中心となって、発注会社の選定、発注方式の決定等に関する事務の処理に当たっていた。
1 ところが、被告人Aは、この昭和六一年度戦プロ推進調査に関し、昭和六一年五月上旬ころ、前記開研事務所において、被告人Bに対し、戦プロ推進調査の委託業務を同社が受注できるように取り計らう見返りとして、昭和六〇年度と同様に、「調整費」あるいは「活動費」の名目で、同社の受注額の中から一五〇〇万円を割り戻すという方法で供与することを要求した。被告人Aは、その場で、被告人Bから右金員の支払要求に応じる旨の承諾を得るとともに、被告人Bとの間で、開研の受注に関して便宜を図ることで暗黙の意思を通じ、その旨の黙示の請託を受けた。そして、被告人Aは、戦プロ中の昭和六一年度「北の技術開発ネットワーク基本計画調査」等の随意契約における契約業者の選定等について便宜な取り計らいを受けること、または受けたことに対する謝礼の趣旨で供与されるものであることを知りながら、被告人Bから、前記富士銀行渋谷支店のメープル企画名義の口座番号一八六八四二三の普通預金口座宛に、昭和六一年五月一四日に六〇〇万円、同年九月二七日に四〇〇万円の、また、メープル企画が商号変更した株式会社ピーアンドデー研究所(以下「ピーアンドデー」という。)名義の同銀行同支店の右普通預金口座に、同年一一月一日一〇〇万円、同年一二月一六日に二〇〇万円、昭和六二年一月一九日に二〇〇万円の合計一五〇〇万円の振込送金を受け、前記職務に関して賄賂を収受した。
2 また、被告人Aは、前記昭和六一年度戦プロ推進調査に関し、昭和六一年四月下旬ないし、五月上旬ころ、札幌市中央区〈番地略〉所在の北海道庁内の開発調整部会議室において、被告人Dに対し、戦プロ推進調査の委託業務を道コンが受注できるように取り計らう見返りとして、昭和六〇年度と同様、「活動費」の名目で、同社が実際に外注に出す調査の費用分を除く同社の受注額の一五パーセントに当たる金額を割り戻す方法で供与することを要求した。被告人Aは、その場で、被告人Dからその承諾を得て、道コンの受注に関して便宜を図ることで暗黙の意思を通じ、その旨の黙示の請託を受け、他方、被告人Dは、その直後にこの事情を被告人Cに報告し、その了承を得て、被告人Cとの間で、この請託の趣旨にのって被告人Aに賄賂を贈ることを共謀した。そして、被告人Aは、戦プロ中の昭和六一年度「新世紀型高速交通システム推進調査」等の随意契約における契約業者の選定等について便宜な取り計らいを受けたことに対する謝礼の趣旨で供与されるものであることを知りながら、被告人C及び被告人Dから、前記富士銀行渋谷支店のメープル企画名義の口座番号一八六八四二三の普通預金口座宛に、昭和六一年六月三〇日に五〇〇万円の、また、前記ピーアンドデー名義の同銀行札幌支店の口座番号一六四九八七三の普通預金口座宛に、同年一一月二八日に五二〇万円の合計一〇二〇万円の振込送金を受け、前記職務に関して賄賂を収受した。
第二  被告人B関係
被告人Bは、昭和六一年当時、地域開発、産業開発等に関する調査、立案等を目的とする開研の代表取締役として、同社の業務を統括していた。ところが、被告人Bは、同年五月上旬ころ、前記開研事務所において、開発調整部参事(計画)の参事として前記戦プロに関する事務を統括する職務に従事していた被告人Aから、開発調整部が昭和六一年度に民間シンクタンク等への委託発注を予定していた戦プロ推進調査業務を開研が受注できるよう取り計らう見返りとして、「調整費」あるいは「活動費」の名目で、同社の受注額の中から一五〇〇万円を割り戻すという方法で供与することを要求された。被告人Bは、その場で、この要求に応じる旨承諾し、被告人Aとの間で、開研の受注に関して便宜を図ってもらうことで暗黙の意思を通じ、その旨の黙示の請託をした。そして、被告人Bは、被告人Aから戦プロ中の昭和六一年度「北の技術開発ネットワーク基本計画調査」等の随意契約における契約業者の選定等について便宜な取り計らいを受けること、または受けたことに対する謝礼の趣旨で、前記富士銀行渋谷支店のメープル企画名義の口座番号一八六八四二三の普通預金口座宛に、昭和六一年五月一四日に六〇〇万円、同年九月二七日に四〇〇万円の、また、前記ピーアンドデー名義の同銀行支店の右普通預金口座宛に、同年一一月一日に一〇〇万円、同年一二月一六日に二〇〇万円、昭和六二年一月一九日に二〇〇万円の合計一五〇〇万円の振込送金をし、被告人Aの前記職務に関して賄賂を供与した。
第三  被告人C、被告人D関係
被告人Cは、昭和六一年当時、土木、建築、地域計画等に関する調査、立案等を目的とする道コンの技術開発部長として、同部における業務を統括しており、被告人Dは、そのころ、同部特別主任技師として、同部における業務の遂行に当たっていた。ところが、被告人Dは、同年四月下旬ないし五月上旬ころ、前記開発調整部会議室において、開発調整部参事(計画)の参事として前記戦プロに関する事務を統括する職務に従事していた被告人Aから、開発調整部が昭和六一年度に民間シンクタンク等への委託発注を予定していた戦プロ推進調査業務を道コンが受注できるよう取り計らう見返りとして、「活動費」の名目で、同社が実際に外注に出す調査の費用分を除く同社の受注額の一五パーセントに当たる金額を割り戻すという方法で供与することを要求された。被告人Dは、その場で、この要求に応じる旨承諾し、被告人Aとの間で道コンの受注に関して便宜を図ることで暗黙の意思を通じて、その旨の黙示の請託をするとともに、その直後にこの事情について被告人Cに報告し、その了承を得て、被告人Cとの間で、この請託の趣旨にのって被告人Aに賄賂を贈ることを共謀した。そして、被告人C及び被告人Dは、この共謀に基づき、被告人Aから戦プロ中の昭和六一年度に「新世紀型高速交通システム推進調査」等の随意契約における契約業者の選定等について便宜な取り計らいを受けたことに対する謝礼の趣旨で、前記富士銀行渋谷支店のメープル企画名義の口座番号一八六八四二三の普通預金口座宛に、昭和六一年六月三〇日に五〇〇万円の、また、前記ピーアンドデー名義の同銀行札幌支店の口座番号一六四九八七三の普通預金口座宛に、同年一一月二八日に五二〇万円の合計一〇二〇万円の振込送金をし、被告人Aの前記職務に関して賄賂を供与した。
(証拠)〈省略〉
(補足説明)
被告人四名の弁護人は、それぞれの理由を述べて、各被告人の無罪を主張する。当裁判所は、これらの主張につき検討したうえで犯罪事実を認定したが、以下、関係証拠によって認められる事実に照らしながら、主要な争点である被告人Aの職務権限の存否、金員供与の要求と請託の有無、供与された金員の賄賂性の有無、各被告人の贈収賄の動機と賄賂性の認識、メープル企画及びピーアンドデーの役割、各被告人の捜査段階における供述の信用性について、順次当裁判所の判断を補足的に説明する。
第一  被告人Aの職務権限
一  職務権限の存在と内容
1 関係証拠によれば、戦プロ可能性調査及び戦プロ推進調査の民間委託発注等をめぐる被告人Aの職務権限に関し、以下の事実が認められる。
(一) 北海道は、昭和五三年度から一〇年間の長期計画として「北海道発展計画」を実施していたが、昭和五七年度からその点検、見直し作業に着手し、これに代わる新たな長期計画(新計画)を策定するための準備に取りかかり、昭和五九年四月には、開発調整部参事(計画)の参事を従来の二人から四人に増員するなどして組織体制を整備し、昭和六二年度からの計画実施を目指して、新計画策定作業を開始した。そして、道民の意向についてのアンケート調査を実施し、その結果に基づいて、昭和六〇年二月二〇日には「新計画基本構想骨子案」を、同年六月には「新計画基本構想案」を公表し、さらに、昭和六一年一月には、市町村意向調査に基づく「新計画素案」を策定して、知事の諮問機関である北海道総合開発委員会に諮り、その答申を得て、同年三月には「北海道新長期計画案」を策定して、道議会に提示した。
(二) このような一連の動きの中、被告人Aは、昭和五九年九月一一日、出向先の外務省から北海道庁に復帰して北海道事務吏員に再任命され、同日付けで開発調整部参事(計画)の主幹に、その後昭和六〇年四月一一日付けで同部参事(計画)の参事に就任した。当時、開発調整部主幹の一般的職務権限は、北海道行政組織規則第二八八条二項、別表第九により、上司の命を受け、同部の主管に属する特定の事務についての調査、企画、立案等の事務を処理することとされていた。また、同部参事の一般的職務権限は、同規則二八八条一項、別表第八、同第八その二により、上司の命を受け、総合開発計画に関すること等の事務の全部又は一部に従事するとともに、関係事務を整理することとされていた。そして、被告人Aの具体的な職務内容は、これらの一般的職務権限に基づき、我孫子健一開発調整部長ら上司の命を受け、主幹としては、新長期計画にかかる各種のプロジェクト(後に「戦プロ」と呼ばれるもの。)の企画、立案、発注等に関する事務を処理することであり、参事としては、戦プロに関する右のような事務を統括することであって、実際にも、次にみるように戦プロ業務推進の中心的人物として、これらの事務の遂行に従事していた。
(三) 開発調整部参事(計画)では、被告人Aを中心として、昭和五九年一一月ころまでに、昭和六〇年度において戦プロに関する可能性調査(フィージビリティ・スタディ)を外部委託する方針を取りまとめ、道総務部財政課に対し、戦プロ関係予算として、二六九七万円(内委託料二〇〇〇万円)を要求したが、自由民主党北海道支部も、戦プロに強い関心を抱いて、その可能性調査の外部委託費として二億円の予算要望を行ったこともあり、昭和六〇年二月六日の知事査定では、戦プロ可能性調査外部委託費として一億三〇〇〇万円が計上された。そこで、開発調整部参事(計画)では、被告人Aや中橋らを中心に、この可能性調査委託費の執行を前提としたプロジェクトの選定を行い、昭和六〇年二月上旬ころからは、昭和六〇年度に外部委託すべき調査項目及び割当予算額の目安を作成するとともに、各調査項目について委託候補業者の事実上の選定作業を行い、昭和六〇年五月三一日に行われた指名競争入札では、あらかじめ被告人Aが選定しておいた本命業者が落札するように取り計らうなどした。
(四) また、開発調整部は、昭和六一年度においても戦プロ関係の予算措置を要求し、昭和六一年二月六日の知事査定で戦プロ推進費として三億円(内調査委託費一億八六〇〇万円)が計上された。そこで、同部では、被告人Aが中心となって、昭和六一年度に外部委託すべき調査項目及び割当予算額の目安を作成するとともに、財政課と折衝し、同年度の調査委託業務を、前年度の受注業者に随意契約で発注するように取り計らうなどした。
2 以上の事実によれば、被告人Aは、昭和六〇年度戦プロ可能性調査及び昭和六一年度戦プロ推進調査に関し、外部委託すべき調査項目の決定、各調査項目に対する予算割当、委託発注方式の決定、受注業者の選定等につき、一般的、具体的な職務権限を有していたことは明らかである。
3 これに対し、被告人Aは、公判廷で、主幹時代の職務権限に関し、昭和六〇年度の予算要求の時点では誰が戦プロを担当するかは決まっていなかったし、自らの参事(計画)主幹のポストの暫定的なものであったから、昭和六〇年二月ないし三月においては、自分には戦プロ関係調査の受注業者の選定等について実質的・確定的な職務権限はなかったという趣旨の供述をしている。
しかし、賄賂罪における公務員の職務権限が実質的・確定的なものである必要のないことは明らかであるから、被告人Aの主張は、それ自体失当というべきである。しかも、被告人Aの関係調整部時代の上司、同僚、部下である我孫子健一、神山健一、奈良崎紀生、能島寛之、片井猛らは、一致して、被告人Aが戦プロ関係の事務の処理につき指導的・中心的な役割を果たしていた旨の信用できる証言をしており、これらの証言に照らすと、被告人Aには、昭和六〇年二月ないし三月の時点において、戦プロ可能性調査の外部委託に関する実質的・確定的な職務権限があったと認定することができる。
二  職務権限に対する認識
被告人Aの職務権限に関する被告人B、被告人C、被告人Dの認識については、被告人A以外の被告人の捜査段階及び公判廷での供述、被告人Aとの交際状況、開研、道コンの昭和六〇年の受注実績等によって、昭和六〇年度、昭和六一年の双方において認めることができるが、昭和六〇年度における被告人Bの右認識については、同被告人の弁護人が争っているので、さらに説明する。
被告人Bは、昭和六〇年二月七日、八日に被告人Aから戦プロ関係の調査テーマ等について相談された際には、開発調整部内における被告人Aの地位を知らず、戦プロ関係の調査事務の一担当者という程度の認識しかなく、調査委託業務の外部発注等に関する権限を一手に握っているという認識は抱いていなかったし、同年三月七日に被告人Aから「調整費」ないし「活動費」の話が持ち出されたときにも、その認識は変わっていなかったとして、昭和六〇年度戦プロ可能性調査の外部委託に関する被告人Aの職務権限についての認識を欠いていたという趣旨の主張をし、被告人B自身も、捜査段階においては、被告人Aの職務権限についての認識があったことを認めていたものの、公判廷においては、これを否定し、弁護人の主張に沿う供述をしている。
しかしながら、賄賂罪における公務員の職務権限が独占的・集中的なものである必要のないことはいうまでもない。また、実際にも、被告人Bは、被告人Aから、昭和六〇年二月七日、八日に戦プロ可能性調査の調査テーマの選定等について相談され、同年三月上旬には、開研に戦プロ可能性調査を発注する前提として「調整費」ないし「活動費」の支払を要求されていた旨公判で述べているから、この公判供述のみによっても、被告人Bが、昭和六〇年三月の時点において、被告人Aが開発調整部内において戦プロ関係の事務に従事し、少なくとも外部委託すべき調査項目の立案、委託発注方式の決定や発注業者の選定等につき影響力を及ぼし得る地位にあったことを認識していたものと推認することができる。そうすると、被告人Aには戦プロ可能性調査の受注業者を決定する権限があることは理解していたという趣旨の被告人Bの捜査段階の供述は、十分信用できるというべきである。
したがって、弁護人の主張は採用できない。
第二  金員供与の要求と請託
一  昭和六〇年度戦プロ可能性調査関係
1 開研関係
(一) 関係証拠によれば、昭和六〇年戦プロ可能性調査をめぐる金員供与の要求と請託の有無に関し、以下の事実を認めることができる。
すなわち、被告人Aは、昭和六〇年一月下旬ころ、かねてから知り合いであった被告人Bに電話をかけて来道を促し、同年二月八日朝、京王プラザホテル札幌の二〇〇一号室において、被告人Bに戦プロ関係の調査項目リストを示したうえ、その中から「北の技術開発ネットワーク」、「航空宇宙産業基地」、「海洋開発拠点」及び「臨森林型産業都市」の可能性調査について検討を依頼した。そのうえで、被告人Aは、昭和六〇年三月上旬ころ、当時の開研事務所を訪ね、被告人Bに対して、「調整費、活動費が必要なので、受注額の一五から二〇パーセント程度を出してもらいたい。」旨述べて、開発調整部が昭和六〇年度戦プロ可能性調査を開研に発注することを前提として、その受注額の一定割合に当たる金額を「調整費」ないし「活動費」の名目で割り戻すことを要求した。これに対して、被告人Bは、やはり開研が昭和六〇年度戦プロ可能性調査の委託業務を受注することを前提として、この要求を承諾した。そして、被告人Aは、そのころから、開研が昭和六〇年度戦プロ可能性調査の委託業務を受注できるよう種々の取り計らいを行った。
(二) この点に関して、被告人Aは、昭和六〇年三月上旬における被告人Bとのやり取りは、道の予算に計上されなかった戦プロ関係の事務費の調達方法につき、一般論として被告人Bに相談したもので、被告人Bからの答えも、受注会社に負担させる方法もあるという助言程度のものにすぎず、受注額の一五ないし二〇パーセントという具体的な金額を示して金員供与を要求したものではなかったという趣旨の供述をしている。また、被告人Bも、被告人Aの発言を、道の戦プロ担当者からの一般論的な質問ないし打診と理解したという趣旨の供述をしている。
しかしながら、被告人Bは、公判廷においても、昭和六〇年三月上旬の時点で、被告人Aから「調整費」ないし「活動費」という名目の金員を受注業者に負担してもらいたい旨の要請があったことは明確に認めている。また、後述のとおり、被告人Aは、その時点ですでに、被告人Dに対しても、受注額の一五パーセントに当たる金額の「活動費」を要求していたのであって、この点に照らすと、被告人Bとの関係でも、受注額の一定割合という具体的な金額の話が出ていたものとみるのに何ら不自然な点はない。そうすると、昭和六〇年三月七日に、被告人Aから、「調整費」ないし「活動費」の名目で、開研の受注額の一五ないし二〇パーセントに当たる金額を割り戻すという方法で金員を供与してもらいたいとの具体的な要求があったことを認めている被告人Bの捜査段階の供述は、十分に信用することができる。
(三) また、被告人Bの弁護人は、開研は、戦プロ関係の調査項目について十分な調査実績と調査能力を備えており、すでに昭和六〇年二月八日の段階で道側の担当者である被告人Aからの協力要請に応じていたのであるから、被告人Bとしても、具体的な発注段階になれば当然に随意契約の方式で開研に発注されることになるとの認識を有していたのであって、昭和六〇年三月上旬の時点において、開研が戦プロ可能性調査の委託業務を受注できるように有利な取り計らいをしてもらうよう請託する必要性は全くなかったと主張する。
しかしながら、そもそも、受注額の一定割合を発注者に割り戻すという方法で金員を供与することを承諾した者が、その前提となる受注を望まないということはあり得ないことであるばかりか、戦プロ関係のそれぞれの調査項目についての調査実績や調査能力を有するシンクタンクは現実に開研以外にも存在しているし、仮に予備的な段階で調査協力の要請があったとしても、それだけでは当然に実際の発注に至るとは限らないことも明らかである。
(四) そうすると、指名競争入札の形式をとるにせよ、随意契約の形式をとるにせよ、戦プロ可能性調査を開研に発注すること自体が開研にとって有利な取扱になるのであるから、本件のように、受注額の中からその一定割合の金額を割り戻すという方法で還元するという合意があり、開研の受注と金員の供与がまさに表裏一体の関係にある場合には、昭和六〇年三月上旬の会合において、被告人Bが金員の供与を承諾し、被告人Aとの間で、昭和六〇年度戦プロ可能性調査を開研に受注させることにつき意思を通じたことをもって、被告人Bの請託があったと認定することができる。
2 道コン関係
(一) 「一条亭」での会食
関係証拠によれば、被告人四名が、昭和六〇年二月八日に、札幌グランドホテル内の和風レストラン「一条亭」で、初めて一堂に会して行った夕食会に関し、以下の事実を認めることができる。
すなわち、被告人Dは、かねてからの知り合いであった被告人Bから来道の予定があり、被告人Aとも接触することになっている旨の知らせを受け、道庁に復帰する直前まで在カナダ大使館に勤務していた被告人Aの帰国祝いという名目をつけて、昭和六〇年二月八日、「一条亭」において夕食会を催した。この夕食会には、右三名のほか、開発調整部から稲垣利彰、道コンから窪田捷洋が当初から出席し、被告人Cが、遅れて参加した。
この会合について、検察官は、昭和六〇年度戦プロ可能性調査の受注をにらんだ道コンの営業活動であったと主張し、被告人四名の弁護人は、いずれもこの会食の席では戦プロ関係調査の外部委託については具体的な話が出なかったと主張している。
そこで検討するに、稲垣は、公判廷において、「一条亭」での会食の席では、被告人Aの方から、エアカーゴ、航空宇宙、リニアなど戦プロについての具体的な話が出ており、これに対して、被告人Dは「勉強していきたい。」と述べ、遅れてきた被告人Cも「特別な体制を作ってでも協力したい。」と言って、いずれも関心を示していたが、どちらかといえば、被告人Cが積極的であったのに対し、被告人Dの方はしんどいという感じであったと証言している。この証言は、その場の会話内容、雰囲気につき極めて具体的かつ明確なものであるうえ、被告人Aが前記のとおり右会食の直前に被告人Bに対して戦プロ関係の調査項目につき具体的な相談をしていることからしても、被告人Aがこの会食の席で戦プロについて具体的な話をしたとしても不自然ではないこと、開研と道コンとは従前から取引関係があり、営業上対立関係にあったというわけではなく、また、この会食の席も被告人Bの来道が契機となって設けられたものであるから、道コン側の出席者が、被告人Bも同席する場で、稲垣の供述する程度の発言をすることは了解できること、稲垣が、特に公判廷で偽証をしてまで、被告人らを罪に陥れる必要を窺わせる事情が全く存在しないことなどに照らすと、その信用性は高いと認められる。また、被告人C及び被告人Dも、捜査段階においては、「一条亭」での夕食会の席で戦プロ関係の話が出たことは認めており、その供述内容にも、不自然、不合理な点は存在しない。
そうすると、「一条亭」での会食の席では、戦プロ関係調査のことが話題に上り、道コン側もその委託業務につき受注の希望があることを被告人Aに伝えていたものと認定することができる。もっとも、昭和六〇年度戦プロ可能性調査の外部委託費として一億三〇〇〇万円の予算が計上されることについては、昭和六〇年二月五日に初めて新聞報道されたものであるところ、「一条亭」での会食はそれ以前から予定されていたことや、道コン側の出席者がいずれも海外での調査等を通じて被告人A又は中橋と知り合いであったこと等に照らすと、この会合が、当初から、もっぱら戦プロ関係調査の受注を意図した道コンの営業活動であったとまでは認めることができない。
被告人四名の弁護人は、同業者である開研と道コンが同席していたこと、被告人Cが遅れてきたこと、会食の席順が普通でないこと、当時の戦プロの進捗状況からして会話内容が不自然であること等を理由として、稲垣の証言は信用できないと主張するが、それらはいずれも独自の見解であって、稲垣の前記証言の信用性に疑問を生じさせるものではない。
(二) 「ポプラ」における金員供与の要求
被告人Aが、昭和六〇年三月上旬、札幌グランドホテル内の喫茶店「ポプラ」に被告人Dを呼び出し、昭和六〇年度戦プロ可能性調査の受注に関して金員の供与を要求した状況については前記犯罪事実に認定したとおりである。
これに対して、被告人Aは、公判廷において、その面談の趣旨は、被告人Dに対し、リニア、エアカーゴ、コミュータという交通関係の戦プロ可能性調査につき「企画書」ないし「仕様書」を作成するよう個人的に要請するとともに、一般論として、道の予算がつかなかった戦プロ関係の事務費を受注業者の側で負担することができるかという点を尋ねたもので、一五パーセントとか二〇パーセントとかいう負担金額も、戦プロ可能性調査との具体的な関連において道コン側に負担要請をしたものではなかったという趣旨の供述をしている。
しかしながら、被告人Dをはじめ、その場に同席した中橋及び窪田も、公判廷において、被告人Aが、道コンに交通関係の三本の可能性調査を委託する、一本一五〇〇万円位のもので三本になるという趣旨のことを言い、被告人Dが、これに対してエアカーゴにつき質問をするなど、交通関係の戦プロ可能性調査が道コンに発注されることを前提とした内容の会話があり、引き続いて、被告人Aから、道の予算では事務費がつかなかったので、道の職員の「活動費」として発注金額の一五パーセント位を負担してほしいとの話があった旨、ほぼ一致して具体的かつ明確に供述している。これらの供述は、その内容自体合理的であり、被告人D、被告人Cの供述によって認められる、被告人Dの被告人Cに対する帰社後の報告内容とも符合しており、その信用性は高いと認められる。
そうすると、「ポプラ」において、被告人Aから被告人Dに対し、昭和六〇年度戦プロ可能性調査の委託業務を道コンに発注することを前提として、その受注額の一定額を割り戻すという方法による金員供与の要求があったことは優に認定することができる。
被告人Aの前記供述は、その内容自体不合理、不自然であるうえ、その後の被告人Dの行動や被告人Cの対応とも符合せず、到底採用の限りではない。
(三) 金員供与の約束と請託
被告人Cと被告人Dの弁護人は、昭和六〇年度の交通関係三本の戦プロ可能性調査の委託業務は、道が独自に道コンに発注する方針を固めて打診してきたもので、被告人Cと被告人Dの立場は受動的なものにすぎないから、両被告人の側から「請託」するということは論理的にも常識的にもあり得ないし、実際にも、道コンは一種の道策会社であり、道の仕事はたとえ赤字であっても受注するのが当然のことであり、しかも、戦プロの可能性調査は当初から赤字の予想される業務で、営業面ではマイナスであったから、両被告人としては、道コンの受注に向けて被告人Aに働きかける状況にはなく、結局、被告人Cと被告人Dによる「請託」は存在しなかったと主張する。
しかしながら、「一条亭」での会食の席で戦プロ関係調査に関する話題が出ていたものと認められることは前述したとおりであり、また、被告人Cは、被告人Dから「ポプラ」の席での話の報告を受けた際、「しゃーないな。」と答えて被告人Aの依頼を承諾し、これを受けた被告人Dが、翌日、被告人Aに対して電話をかけ、「あの件は承知しました。宜しくお願いします。」と述べているのであるから、当初金員の供与を要求したのは被告人Aの方であったとしても、最終的には、被告人Cと被告人Dの側も、その要求に応じて金員を供与する旨被告人Aに約束し、昭和六〇年度戦プロ可能性調査の委託業務の道コンによる受注に向けての便宜な取り計らいを要請したといえる。
道コンの性格や戦プロ可能性調査受注の採算性に関して弁護人が指摘する点は、被告人Cと被告人Dの側から受注に向けての積極的・能動的な働きかけを行う必要性を否定する根拠となる場合はあるとしても、本件のように、道の戦プロ担当者の側から、道コンへの発注を前提として、その受注額の一定割合の金額を割り戻すという方法による金員供与の要求があり、これに応じる形で消極的・受動的に請託を行うことまで当然に否定する根拠とはなり得ないというべきである。しかも、被告人Cと被告人Dが捜査段階で述べているように、将来、戦プロ関連事業が現実化し、道コンの他の現業部門が担当する現業関係の受注が見込まれる場合に備えるために、当初の赤字は覚悟のうえで中・長期的な展望から戦プロ可能性調査を受注するということも、企業の経営方針として十分あり得ることである。
以上によれば、被告人Cと被告人Dは、共謀して、被告人Aに対し、道コンによる昭和六〇年度戦プロ可能性調査の委託業務の受注につき便宜な取り計らいをするよう請託をしたものと認定することができる。
(四) 被告人Cの関与
被告人Dが、「ポプラ」での面談の様子を被告人Cに報告した状況は前述したとおりであるところ、被告人Cと被告人Dの弁護人は、被告人Cとしては、昭和六〇年度戦プロ可能性調査に関する「活動費」の負担の件で被告人Aと直接話をしたこともなく、被告人Dから被告人Aに対して、被告人Cの関与につき言及したことも一切ないから、被告人Aと被告人Cとの間で金員供与の約束が成立するというのはあり得ないと主張し、被告人Aも、被告人Cが「活動費」の負担の件に関与していたとの認識を欠いていたという趣旨の供述をしている。
しかしながら、被告人Dと被告人Cが右請託の共謀を遂げたことは前述のとおりであり、また、被告人Aの収賄罪の成立には、被告人Cとの直接的な折衝がなくても、被告人Dからの金員供与の約束と請託があれば十分であるから、弁護人の主張は、被告人Aや被告人D・被告人Cの犯罪の成立に影響を及ぼすものではない。しかも、被告人A自身、公判廷で、「活動費」の負担は、被告人D個人ではなく、道コンに会社として依頼するつもりであった旨認めており、さらに「一条亭」での会食の席でも、前述のとおり、被告人Dの上司である被告人Cが、被告人Aの戦プロに関する説明に積極的な関心を示していたのであるから、「ポプラ」で被告人Dが「活動費」の負担につき即答を避け、その場では「会社に帰って相談してから御返事します。」と返答したことで、道コン側の請託について被告人Cが関与することを、未必的にせよ認識し得たものと認められる。
また、被告人Cが、金員供与の約束を成立させ、道コンへの委託業務発注の請託を伝達するためには、何も自分自身で直接被告人Aと折衝する必要はなく、部下である被告人Dに指示し、同被告人を通じて、自らの意向を被告人Aに伝えることで十分である。そして、実際にも、被告人Cは、「活動費」の負担に関する被告人Aとの折衝につき逐次被告人Dから報告を受け、その都度被告人Dに必要な指示や承諾を与えていたのであるから、「活動費」という名目による金員供与の約束や道コンによる委託業務の受注に向けての請託について、主体的・実質的に関与していたものと認めることができる。
そうすると、前記のとおり、昭和六〇年度戦プロ可能性調査の委託業務の外部発注に関し、被告人Aが、被告人Cと被告人Dの両名に対して、「活動費」という名目による金員の供与を要求し、被告人Cと被告人Dの両名が、被告人Aに対して、道コンの受注を前提として金員を供与する旨約束するとともに、道コンへの発注につき便宜な取り計らいをするよう請託をしたものと認定することができるのである。
被告人Cと被告人Dの弁護人の前記主張は、外形的・形式的な事象のみを根拠とする独自の見解であって、採用できない。
二  昭和六一年度戦プロ推進調査関係
1 開研関係
(一) 被告人Aの弁護人及び被告人Bの弁護人は、昭和六一年度戦プロ推進調査の委託業務については、すでに同年二月の段階からいわゆる「前倒し」実施がなされており、前年度の受注業者に継続発注されることが確実であったから、被告人Bには戦プロ推進調査の受注に関して「請託」を必要とする理由は全くなかったと主張する。
しかし、昭和六一年度戦プロ推進調査の委託業務についても、昭和六〇年度の場合と同様、受注額の一定割合の金額を割り戻すという方法により金員を供与することを承諾した者が、その前提となる受注を望まないということはあり得ないことであるばかりか、当時の状況としては、昭和六一年度についても、指名競争入札の方法により受注業者が決定されることも十分予想し得たところであり、現に、道庁財政課はこの方法によることを主張したため、被告人Aが、わざわざ部下に過去の先例を調査させるなどして、財政課と折衝した結果、随意契約の形式に改められたという経緯がある。また、仮に当初から随意契約の方式をとることになっていた場合でも、その契約業者が前年度の受注業者と一致すべき必然性はなく、実際にも、開研の成果品の中には、出来が悪く、開発調整部の方でやり直したものも存在していた。
そうすると、昭和六一年度においても、指名競争入札の形式をとるにせよ、随意契約の形式をとるにせよ、戦プロ推進調査を開研に発注すること自体が開研にとって有利な取扱いになるのであるから、被告人Bの側には、昭和六一年五月の時点において、前年同様、被告人Aからの要求に応じる形で、被告人Aに対し、戦プロ推進調査を開研に委託発注することで便宜な取り計らいを要請する理由は十分存在していたものと認められる。
(二) また、被告人Bの弁護人は、被告人Bが昭和六一年度戦プロ推進調査につき有利な取り計らいを求める言葉を現実に口に出して言っていないから、「請託」は存在しないと主張する。
しかし、贈収賄における請託は、何も言葉等で明示的に行う必要はなく、収賄者側から便宜供与の見返りとして金員供与の要求があった場合に、これに応じること自体で暗黙に行うこともできるから、弁護人の主張には飛躍がある。そして、被告人Bは、昭和六一年度戦プロ推進調査の委託業務は昭和六〇年度戦プロ可能性調査の委託業務と一連のものと認識していたというのであるから、前述のとおり、昭和六〇年度戦プロ可能性調査の委託発注に関して「請託」の存在が認められる以上、昭和六一年度戦プロ推進調査についても、同様の趣旨で、被告人Aの金員供与の要求を承諾したものと推認するに難くない。
(三) 以上によると、昭和六一年度についても、昭和六〇年度の場合と同様、開研の受注と金員の供与が表裏一体の関係になっている本件においては、被告人Aと被告人Bが昭和六一年五月の会合で前記戦プロ推進調査を開研に受注させることにつき意思を通じたことをもって、被告人Bの被告人Aに対する請託があったと認定することができる。
2 道コン関係
被告人Aの弁護人及び被告人Cと被告人Dの弁護人は、昭和六一年度戦プロ推進調査の委託業務については、すでに同年二月の段階からいわゆる「前倒し」実施がなされており、前年度の受注業者に継続発注されることが確実であったとして、被告人Cと被告人Dには戦プロ推進調査の受注に関して「請託」を必要とする理由はなかったと主張する。また、被告人Cと被告人Dの弁護人は、被告人Dは被告人Aの金員供与の要求に応じただけで、昭和六一年度戦プロ推進調査について有利な取り計らいを求める言葉を現実に口に出して言っていないから、「請託」は存在しないと主張している。
しかしながら、被告人Bについて述べたのとほぼ同様の理由から、被告人Cと被告人Dの側には、昭和六一年四月の時点において、被告人Aからの要求に応じる形で、被告人Aに対し、昭和六一年度戦プロ推進調査を道コンに委託発注することで便宜な取り計らいを要請する理由が十分存在していたと認めることができるし、また、被告人Dが、昭和六一年四月下旬ないし五月上旬ころ、被告人Aから道コンの受注額の中から金員を割り戻すよう要求され、これを承諾して、道コンの受注に関する便宜供与につき暗黙の意思を通じたことをもって、被告人Dの被告人Aに対する請託があったと認定することができる。
第三  賄賂性の有無
一  昭和六〇年度戦プロ可能性調査関係
1 被告人四名の弁護人は、昭和六〇年度戦プロ可能性調査の業務委託に関して授受された金員は、戦プロ事業の推進に必要不可欠な「事務費」に充てるための「調整費」あるいは「活動費」であって、賄賂に当たらないと主張し、特に、被告人Aの弁護人は、昭和六〇年度の戦プロ関係予算については、事務費が計上されなかったため、被告人Aとしては、戦プロ関係調査の推進のためには事務費の手当が必要不可欠と考え、受注業者側に負担してもらおうとしたにすぎず、私利私欲のために金員の供与を要求したものではないから、開研や道コンから振込送金された金員は賄賂には当たらないと主張している。
しかしながら、昭和六〇年度戦プロ可能性調査は、当初から民間への委託発注が予定されていたものであるから、それに関する開発調整部内の事務費としてそれほど多額の金員を必要とする性質のものではなかったうえ、戦プロ自体も、新長期計画の一環として位置付けられており、そのための事務費も新長期計画関係の予算に一括して計上されていたのであるから、何も昭和六〇年当初の段階から、被告人Aが、道庁内部の正規の予算手続を経ることなく、個人的に、将来における戦プロの実現に向けて事務費の調達をしておく必要性はなかったものというべきである。そのうえ、被告人Aが、「事務費」あるいは、「活動費」として想定していたという金員の支出項目は、道庁職員の出張旅費や各種の会議費というものであって、本来、一公務員である被告人A個人が調達すべき筋合いの金員ではないし、そもそも昭和六〇年三月上旬の時点において、道庁職員の出張や各種会議の開催が、戦プロの実現にとってまさに必要不可欠であったという事情も認められない。そして、戦プロ可能性調査を進めていく過程で突発的に事務費の不足が生じたような場合には、その都度、道庁内で対策を講じたり、具体的な使途を明確にして個別に業者側の協力を求めれば済むことであって、前もってその資金をプールしておくために、個別的、具体的な使途を明らかにせず、受注額の一定割合の金額を割り戻させる方法で金員を要求する必要性は全く存在しない。しかも、本件においては、「調整費」あるいは「活動費」の使途ないし運用方法についてはすべて被告人Aに一任されており、被告人Bや被告人C、被告人Dの側でその事後的な確認や承認をすることも全く予定されていなかったものであるから、結果として、被告人Aには「調整費」ないし「活動費」の使途、運用方法等につき自由裁量ないし独占権限が与えられることになり、それ自体、北海道吏員としての被告人Aの活動、地位、評価、影響力等について職務上、身分上の利益をもたらすという関係になっていた。また、受注業者の側としても、正規の受注契約による限り、何も受注額の一定割合の金員を割り戻す必要はないわけで、仮にそのような支出が当初から必要なのであれば、当然その分を差し引いた金額の経費によって受注業務を遂行することにならざるを得ず、結果として、その業務に関しては、成果品の品質低下、作業日程の遅れ等の面で発注者側に不利益を被らせることにもなりかねない。
このようにみてくると、昭和六〇年度戦プロ可能性調査の委託発注に関して授受された金員は、戦プロ可能性調査の委託業務の受注を期待する業者が、発注側の公務員に対して、正規の予算手続を経ていないことを承知のうえで、その使途ないし運用方法を公務員個人に一任して供与したものであるから、たとえその全部又は一部が結果的に戦プロ事業の推進のために使用されたとしても、受領者である公務員にとっては、まさに不正の利益に当たるというべきである。
2 次に、被告人四名の弁護人は、昭和六〇年度戦プロ可能性調査の発注形式については、開発調整部では当初から随意契約とすることが予定されていたのであるから、被告人Aに便宜供与を図る余地はなく、金員の供与と職務行為との間には対価性はないとして、本件の「調整費」ないし「活動費」には賄賂性はないという趣旨の主張もしている。また、被告人Aの弁護人は、さらに、被告人Aが道の指名業者決定委員会に欠席し、株式会社野村総合研究所に対して指名競争入札に参加するよう説得するために出張していたことをもって、昭和六〇年五月三一日に行われた指名競争入札は単に形式的なもので、同年度の戦プロ可能性調査の委託業務の発注は実質的には随意契約によるものであったということの根拠として、そのような発注形式においては、被告人Aに受注業者の決定に関して便宜供与を図る余地はなかったという主張もしている。
しかしながら、被告人Aは、前述のとおり、昭和六〇年三月当時、開発調整部参事(計画)の主幹として、戦プロの立案、予算化、発注等の事務の遂行に関して中心的な役割を果たしており、委託発注方式の決定、受注業者の選定等に関して、影響力を行使できる地位と職務権限を有していたものである。そうすると、仮に指名競争入札ではなく、随意契約の方式を採用することとなれば、その影響力行使の可能性はより強くなるという関係にあったというべきであるし、結果的に、指名競争入札の方式をとることになったとしても、指名業者への選抜、いわゆる当て馬業者への根回し、落札予定価格の事前漏洩等、いろいろな便宜供与を図る余地は大きいものがあったと認められる。
したがって、昭和六〇年三月に被告人Aが「調整費」ないし「活動費」を要求した時点においても、被告人Aには、開研や道コンに対して、委託発注方式の決定、受注業者の選定等について、便宜供与を図る余地があったといえるし、実際にも、被告人Aは、開発調整部参事(計画)の参事に昇格した後、昭和六〇年五月三一日の指名競争入札の実施に当たり、開研や道コンに対して、指名業者への選抜や他の業者への根回し、入札予定価格の事前漏洩などの便宜供与を図っている。また、被告人B、被告人C及び被告人Dの公判供述や捜査段階における供述によれば、昭和六〇年度において開研や道コンで「調整費」ないし「活動費」を負担するのには、戦プロ可能性調査を受注することが当然の前提となっており、被告人Aとしても、開研や道コンが「調整費」ないし「活動費」を負担しない限り、開研や道コンのために右のような便宜供与を図るはずはないものであるから、開研や道コンによる「調整費」ないし「活動費」の負担と戦プロ可能性調査の受注とは、まさに表裏一体の関係にあったものと認めることができる。
3 以上によると、被告人Aの職務行為と開研や道コンによる「調整費」ないし「活動費」の支払との間には優に対価性を肯定することができ、結局、昭和六〇年度戦プロ可能性調査の業務委託に関して授受された「調整費」ないし「活動費」は賄賂であると認めることができる。
二  昭和六一年度戦プロ推進調査関係
1 被告人四名の弁護人は、昭和六一年度戦プロ推進調査の業務委託に関して授受された金員も、戦プロの推進に必要不可欠な事務費に充てるための「調整費」ないし「活動費」であって、賄賂に当たらないとの主張をしている。
しかしながら、昭和六一年度においては、道庁の予算においても戦プロ関係独自の事務費が計上されており、我孫子開発調整部長や神山参事をはじめ、実際に戦プロ業務の遂行に携わっていた同部職員らの証言ないし供述によると、昭和六一年度の戦プロ関係業務については事務費に不足をきたしたことはないと認められるし、仮に、戦プロ推進調査を進めていく過程で不測の事態が生じて、突発的に事務費の不足が生じるような場合には、その都度、道庁内で対策を講じたり、具体的使途を明確にして個別に業者側の協力を求めれば済むことであって、前もって資金をプールしておくために、個別的、具体的使途を明らかにせず、受注額の一定割合の金額を割り戻させる方法で金員を要求する必要性は全く存在しない。さらに、昭和六一年度においても、被告人Aが想定していたという支出項目である出張旅費や会議費は、本来一公務員である被告人A個人が調達すべき筋合いの金員ではないし、昭和六一年四月ないし五月上旬の時点において、そのような活動が戦プロ推進調査の実現にとって必要不可欠であったという事情も認められない。しかも、本件においては、前述のとおり、「調整費」ないし「活動費」の使途、運用方法については被告人Aに自由裁量ないし独占権限が与えられるという関係になっていたのであるから、「調整費」ないし「活動費」の供与は、結果として、北海道吏員としての被告人Aの活動、地位、評価、影響力等についての職務上、身分上の利益をもたらすべきものであった。また、受注業者の側としても、そのような金員を負担するとなれば、結果的に発注者側に不利益を被らせる事態になりかねないことも、前述したとおりである。
このようにみてくると、昭和六一年度戦プロ推進調査の業務委託に関して授受された「調整費」ないし「活動費」についても、戦プロ推進調査の委託業務の受注を期待する業者が、発注側の公務員に対して、正規の予算手続を経ていないことを承知のうえで、その使途ないし運用方法を公務員個人に一任して供与したものであるから、たとえその全部又は一部が結果的に戦プロ事業の推進のために使用されたとしても、受領者である公務員側にとっては、まさに不正の利益に当たるというべきである。
2 なお、被告人Aは、昭和六一年度においては道の予算で戦プロ関係独自の事務費が計上されたにもかかわらず、昭和六一年度戦プロ推進調査についても「調整費」ないし「活動費」を要求した理由について、将来開発調整部以外のいわゆる原部局が右調査の発注主体になった場合には、正規に予算計上された事務費はこれらの部局に割り振らなければならなくなるため、開発調整部独自の事務費を留保しておく必要があった、あるいは、例えば原子力関係の秘密調査など、表面には出せない事業の遂行のための費用を調達しておく必要があったからであるなどと供述している。
しかし、前者の理由については、仮に、他の部局が戦プロ推進調査の発注主体となるのであれば、開発調整部自体においては、受注額の一五ないし二〇パーセントという多額の事務費が必要になるはずはないのであるし、後者の理由についても、戦プロ事業の推進と直接的な関係を有する調査事項ではなく、何も昭和六一年度戦プロ推進調査にからめて受注業者からの割り戻しという方法により資金を捻出すべき筋合いのものではない。そうすると、被告人Aの右供述は、単なる弁解の域を出るものではなく、到底採用することができない。
3 次に、被告人四名の弁護人は、昭和六一年度戦プロ推進調査は、前年度の受注業者に対して随意契約の方法により発注されることが当然に予定されていたものであるから、受注業者の選定等に関して被告人Aに便宜供与を図る余地はなく、結局、金員の供与と職務行為との間には対価性はないとして、本件の「調整費」ないし「活動費」には賄賂性はないという趣旨の主張もしている。
しかしながら、前述のとおり、昭和六一年度においても、財政課は、当初は道の事業の公正さを担保するためにも指名競争入札の方が望ましいと考えていたのであり、それを、開発調整部の方が、被告人Aの指示に基づき、前例を検索するなどしたうえ、随意契約の方式を採用するよう働きかけたという経緯が存在する。そうすると、被告人Aが、開発調整部参事(計画)の参事の地位にあり、昭和六一年度戦プロ推進調査の業務委託に関して「調整費」ないし「活動費」を要求した昭和六一年四月ないし五月上旬の時点においては、被告人Aには、開研や道コンに対して、委託発注方式の決定、受注業者の選定等について、便宜供与を図る余地があったといえるし、実際にも、被告人Aは、財政課への働きかけ等を通じ、開研や道コンが戦プロ推進調査を受注できるように便宜供与を図っている。そして、昭和六一年度についても、開研や道コンで戦プロ推進調査を受注することが、「調整費」ないし「活動費」を負担することの前提となっていたことは、被告人Bや被告人C、被告人Dの公判供述や捜査段階の供述からも明らかであり、被告人Aとしても、開研や道コンが「調整費」ないし「活動費」を負担しない限り、右のような便宜な取り計らいをするはずはないのであるから、開研や道コンの「調整費」ないし「活動費」の負担と戦プロ推進調査の受注とは、まさに表裏一体の関係にあったものと認めることができる。
4 以上によると、被告人Aの職務行為と開研や道コンによる「調整費」ないし「活動費」の支払との間には優に対価性を肯定することができ、結局、昭和六一年度戦プロ推進調査の業務委託に関して授受された「調整費」ないし「活動費」についても、賄賂であると認めることができる。
三  被告人Aの弁護人が引用する裁判例について
被告人Aの弁護人は、本件の「調整費」ないし「活動費」の支払は、特定の公務員の職務に対する対価ではなく、道庁全体の事業に対する資金の援助たる性格を有するものであって、そのような性質の金員が賄賂に該当しないことは判例上も認められていると主張し、東京高裁昭和四一年七月一五日判決(東京高検速報一四九九号一一頁)を引用する。
しかしながら、本件では、道庁の職員である被告人Aが、単独で、独自の判断により、受注業者も決定されていない段階において、戦プロ関係調査の受注により業者側に利益が出るかどうかに関係なく、受注額の一定割合の金額を割り戻させるという方法で金員の供与を要求し、業者側も、発注業者の選定等に関して便宜供与を求める意図で、この要求に応じて、被告人Aが自由に使用できるような方法で金員を交付したものであるから、本件の「調整費」ないし「活動費」の提供を、道庁全体の事業に対する資金援助たる性格を有していたものとみることはできない。右の裁判例は、当時の国鉄職員数名が、正規の予算では賄い切れない接待費や飲食費等の捻出方法につき相談した結果、駅工事を受注した建設業者が取得する利益の中から一定額を負担してもらうこととし、その旨を受注業者に要請したところ、受注業者側は、駅工事につき有利かつ好意ある取り計らいを求める意図のないまま、その利益の一部を割いて、組織としての国鉄東京工事局建築課や川崎工事区側に金員を交付したという事案に関して、国鉄職員個人に対する贈収賄罪の成立を否定したものであって、本件とは事実関係を異にする裁判例であるから、本件に直接当てはめることはできない。したがって、被告人Aの弁護人の右主張は、採用できない。
第四  贈収賄の動機、賄賂性の認識
一  被告人Aについて
1 被告人Aの弁護人は、被告人Aには開研や道コンに対して賄賂を要求する動機はなく、また、仮に賄賂だと認識していたのであれば、喫茶店「ポプラ」のような人目の多い場所でその供与を要求するという「やましい」行為をするはずはないとして、被告人Aが本件「調整費」ないし「活動費」につき賄賂であるとは認識していなかったという趣旨の主張をし、被告人Aも、公判廷において、この主張に沿う供述をしている。
2 そこで、まず、動機の点について検討する。
(一) たしかに、弁護人が指摘するとおり、被告人Aの自白供述のない本件証拠関係においては、同被告人の金員供与の要求の動機の全てが特定できているとはいい難い。しかし、被告人Aが、道庁の正規の経理手続を経ず、自らの自由裁量により使用するつもりでいる金員を、自らの意思で決断して要求する行為に出た本件においては、その動機の具体的内容がどのようなものであったかはともかく、この行為に対応する動機が存在していたことは明らかであるから、動機の特定性は問題が直ちに被告人Aの収賄罪の成否に影響を及ぼすような関係にあるわけではない。しかも、次に述べるように、被告人Aには、金員供与の要求をするについての具体的な動機もいくつか認められるのである。
(二) 検察官は、被告人Aの金員供与の要求の動機について、被告人Aは、昭和六二年に予定されていた北海道知事選挙での保守政党による道政の奪還を目指し、昭和六〇年度戦プロ可能性調査の業務委託に関して受領した「調整費」ないし「活動費」についても、自由民主党の中川義雄道議会議員を同知事選挙の候補者として擁立するための政治集会であったトークイン北海道(以下「トークイン」という。)の開催費用等に支出したとして、被告人Aの開研や道コンに対する金員供与の要求が、そのような政治的動機に基づくものであったという趣旨の主張をしている。
たしかに、被告人Aの供述、中橋、稲垣、白尾宣彦及び石山雅博の証言、石山直行及び安武良平の検察官調書等によれば、被告人Aが、昭和六〇年秋ころ、北海道の政治には保守党政権の方が望ましいと考え、選挙対策事務所としても使用可能な事務所の確保を指示するなど、中川道議会議員の知事候補擁立に向けての具体的な活動を開始していたことが認められるほか、開研や道コンから振込送金された「調整費」や「活動費」の中からは、少なくとも一時的には実際にトークイン関係の費用の支出に充てられたものとみて不自然ではない帳簿処理がなされていたことも認めれる。そうすると、被告人Aが初めて「調整費」ないし「活動費」を要求した昭和六〇年三月の時点において、その動機には、調達した資金を将来トークイン関係の費用に充てるという意図が含まれていたとみることもできる。
しかしながら、他方、被告人Aは、開研や道コンから振込送金された「調整費」ないし「活動費」を、戦プロに関連した各種委員会の運営費や京王プラザホテル札幌の室料、道庁職員の出張の際の宿泊料など、トークインの開催費用以外にも支出していることが認められる。したがって、前記金員供与の要求の動機には、これらの費用に充てようとの意図も含まれていたとみることもできるのであって、もっぱら北海道知事選挙をにらみ、中川道議会議員擁立のためのトークインの開催費用を捻出するという政治的な意図だけが、その動機であったとまで認定することは困難である。
(三) また、被告人Aが、昭和六〇、六一年当時、戦プロ事業の実現を望んでそのための職務に熱心に取り組んでいたことは、弁護人も主張するとおりであるが、他方、被告人Aは、この目標を達成すことにより、自分自身の公務員としての栄達や影響力の増大を図り得る立場にあったものである。そして、被告人Aは、実際にも、数名の部下達に対してそれぞれ現金一〇万円を手渡すなどして、戦プロ関係事務の推進に対する協力を求め、自らの影響力の増大を図っていたことが認められる。そうすると、被告人Aが、本件の「調整費」ないし「活動費」を要求した動機には、このような栄達や影響力の増大を図ろうとの意図が含まれていたとみることもできる。
3 次に、被告人Aの賄賂性の認識について検討する。
(一) 贈収賄罪における賄賂性の認識は、職務行為の対価としての不正な利益であることを認識していれば足りるのであって、いわゆる「やましい」などという心情的背景に裏付けられている必要のないことはいうまでもない。そして、被告人Aは、昭和六〇、六一年において、開発調整部の上司や同僚に何ら相談することなく、道庁の正規の手続では到底捻出できない性質の金員を、自らの裁量ないし権限により自由に使用するという暗黙の了解のもとに、戦プロ関係調査の委託発注の前提条件として、特定の発注先候補業者に要求したものであり、かつ、被告人Aの公判供述によれば、これらの事実関係については、被告人A自身の認識においても何ら欠けるところはなかったと認められる。
そうすると、被告人Aは、昭和六〇年度戦プロ可能性調査及び昭和六一年戦プロ推進調査の業務委託に関して開研や道コンから振込送金された「調整費」ないし「活動費」が賄賂であることを認識していたと認定することができる。
(二) 被告人Aの賄賂性の認識を否定する弁護人の主張については、前述のとおり、賄賂性の認識に「やましい」などという心情的背景は必要でないこと、金員供与の要求は、ごく短時間でも、また「賄賂」と明言しなくても行い得る事柄であるから、人目につきやすいとの弁護人の主張を前提としても、「ポプラ」における全体としても約一〇分程度で終了した会話の中で行うことは十分可能であったこと、被告人Aの弁護人が自らの見解を裏付ける根拠として引用する東京高裁平成四年三月三日判決(いわゆる撚糸工連事件控訴審判決。判例時報一四二三号一三八頁等。)は、賄賂とされる現金の授受の現場に関して判断したものであって、本件のような金員の要求の現場について判示したものではないから、事実関係を異にし、本件の先例的価値を有するものではないことなどに照らすと、採用することができない。
二  被告人Bについて
1 昭和六〇年度戦プロ可能性調査関係
(一) 被告人Aの弁護人は、被告人Bが昭和六〇年二月八日に被告人Aから依頼された「企画書」の作成を同年三月まで遅延したことにも現れているように、被告人Bには当時被告人Aに対して賄賂を贈る動機が存在しなかったとして、また、被告人Bの弁護人は、被告人Bが、メープル企画の発起人や取締役に就任したこと、「調整費」ないし「活動費」(以下、被告人Bの供与した金員については「調整費」の用語を用いることとする。)の支払を銀行振込という方法で公然と行ったこと、開研社内にもメープル企画への支出につき明確に説明・報告していることなどを理由として、いずれも被告人Bには昭和六〇年度戦プロ可能性調査の業務委託に関して授受された金員につき賄賂であることの認識がなかったと主張し、被告人Bも、捜査段階では賄賂性の認識があったことを肯定する趣旨の供述をしていたものの、公判廷ではこれを否定し、弁護人の主張に沿う供述をしている。
(二) そこで、まず、動機の点につき検討すると、昭和六〇年度戦プロ可能性調査の民間委託の話は、被告人Aの方から被告人Bに対して持ちかけられたものであって、被告人Bとしては、この調査に対して、当初から積極的に開研として参画しようという意図を持っていたわけではないから、被告人Bが、他の手持ちの作業の処理のために、被告人Aから依頼された企画書の作成を遅延させてしまったことをもって、直ちに被告人Bには賄賂を贈る動機がなかったということになるわけではない。むしろ、営利企業である開研にとっては、被告人Aの依頼に応じる形で戦プロ関係の仕事を受注できるのであれば、その利益に資することは明らかな状況にあったから、被告人Aから企画書の作成を依頼された昭和六〇年二月の時点では、年度末の仕事が山積していて、その作成に取りかかるのが遅れたが、戦プロ可能性調査の民間への委託発注が確実になった同年三月の時点においては、被告人Aに金員を供与してでも道の仕事を受注したいと考えたという趣旨の被告人Bの捜査段階における供述は、当時の状況に照らして極めて自然であり、十分信用できるというべきである。したがって、被告人Bには、右供述どおりの賄賂の動機があったと認定できるから、動機の欠如を前提として賄賂性の認識を争う弁護人の主張部分は、その前提を欠くことになる。
(三) 次に、被告人Bの賄賂性の認識の点について検討すると、被告人Bとしては、昭和六〇年三月当時、被告人Aから、同年度には戦プロ関係独自の事務費が計上されなかったとの説明を受け、戦プロ可能性調査の受注の前提条件として、正規の手続では到底捻出できない性質の金員を、被告人Aの裁量ないし権限により自由に使用するという暗黙の了解のもとに、「調整費」として被告人Aに支払う旨承諾したものであり、しかも、被告人Bの側ではその使途ないし運用方法についての事後的な確認や承認をすることは全く予定されていなかったのであって、これらの事実関係について被告人B自身が正確に認識していたことは、同被告人の公判供述によっても認めることができる。
そうすると、賄賂性の認識を肯定する内容の被告人Bの捜査段階における供述は、十分信用することができるのであって、被告人Bが昭和六〇年度の「調整費」を賄賂であると認識していたことは優に認定することができる。そして、このことは、被告人Bが、同年五月から六月にかけて、受注額の約二〇パーセントに当たる金員を割り戻すために、開研社内の経理処理としては実体のない再委託契約の形式を作出し、その振込送金先としても、被告人Aに指示されたとおり、道庁とは何の関係もないメープル企画という新設の民間会社宛に行う旨の約束をしたことからも裏付けられる。
これに対して、被告人Bの弁護人が、被告人Bの賄賂性の認識を否定する根拠として指摘する個別事情は、次に述べるとおり、その根拠となるものではない。まず、「調整費」の支払を銀行振込の方法によることにしたのは、被告人Aからの指示に従ったにすぎないのであるし、また、銀行振込という方法が、関連事項の記録が残るという点では、手交等に比べてより公然性があることは否定できないところであるとしても、銀行取引として保護される範囲では秘密性が保持されるのであって、およそ賄賂を供与する方法としてはとり得ないほど公然性のあるものではないから、銀行振込の送金方法をとったことをもって、賄賂性の認識を欠く根拠とすることはできない。次に、被告人Bが、開研社内においてメープル企画に対する再委託のことについて説明・報告していたという点は、被告人Aに割り戻す金員を開研が道庁から受領する調査委託費の中から再委託の形をとって捻出することとしたため、必然的に行わざるを得なかったものと理解されるのであり、また、仮に、被告人Aへの金員供与につき真に社内的な了解を得るためであったというのであれば、その再委託が、成果品の納入を伴わない単に形式を整えるだけのものであるということまで、ありのままに説明・報告すべきものであるのに、被告人Bはそこまでの説明・報告をしていないのであるから、この点も、被告人Bの賄賂性の認識を否定する根拠とはなり得ない。さらに、被告人Bが、メープル企画の発起人や取締役に就任したことは、賄賂性の認識の存在と何ら矛盾するものではない。以上のとおり、弁護人の主張は、いずれも理由がない。
また、被告人Bは、公判廷において、開研としては、以前にも官公庁側に「調整費」ないし「活動費」を支出する例があったとして、それを根拠に本件における賄賂性の認識を否定する趣旨の供述をしている。
しかし、被告人B自身、相手に迷惑がかかるなどとして、その具体的な内容を明らかにすることを拒否しているうえ、開研の創始者である笹生仁も、そのような慣行の存在を明確に否定する証言をしているから、被告人Bの右公判供述は裏付けを欠き、信用することがでいない。なお、念のため付言すると、被告人B自身、その前例の内容としては、具体的な使途が定められ、定額で支出するというものであったとし、本件のように、発注業者の決定以前の段階で、各種の会議費や道庁職員の主張旅費という以外に個別的、具体的な使途も明示されず、受注額の一定割合による金額を包括的に負担するよう要求され、しかも、官公庁とは何ら関係のない新設の民間会社に対して、実体のない再委託の形式をとって支払ったというものではなかったと認めているから、被告人Bのいう前例は、同被告人の賄賂性の認識の存否の判断に影響を及ぼすようなものではない。
2 昭和六一年度戦プロ推進調査関係
被告人Bの弁護人は、昭和六一年五月当時は、戦プロ関係調査の事業化に向けて各種委員会や関係企業・研究機関等の意見交換会も活発になっていた時期で、昭和六一年度戦プロ推進調査の遂行のためにはまさに「調整費」ないし「活動費」が必要な状況にあったのであり、さらに、被告人Bが、昭和六〇年度と同様、メープル企画への再委託につき開研の経営者会議等で報告し、執行計画書等の社内書類にも明確に記載し、銀行振込という必然の送金方法をとるなど、メープル企画への送金の事実をことさら隠匿していないことからしても、被告人Bには、昭和六一年度の「調整費」について賄賂性の認識がなかったと主張し、被告人Bも、公判廷で、この主張に沿う供述をしている。
しかしながら、被告人Bは、昭和六一年度においても、昭和六〇年度と同様、戦プロ推進調査の受注の前提条件として、正規の手続では到底捻出できない性質の金員を、被告人Aの裁量ないし権限により自由に使用するという了解のもとに、その使途等についても事後的な確認や承認を全く予定せずに、「調整費」として被告人Aに支払う旨承諾したものであり、これらの事実関係について被告人Bが正確に認識していたことは、同被告人の公判供述によっても認められる。そうすると、賄賂性の認識を肯定する内容の被告人Bの捜査段階における供述は、十分信用することができるというべきであって、被告人Bが昭和六一年度の「調整費」についても賄賂であると認識していたことを優に認定することができる。そして、このことは、被告人Bが、同年五月、被告人Aの指示に基づき、開研社内の経理処理や振込送金先も前年度と同じようにして、後述のとおり、受注額の約二〇パーセントに当たる一五〇〇万円を割り戻す旨の約束をしたことからも裏付けられる。
被告人Bの弁護人が、昭和六一年度の「調整費」に関し、被告人Bの賄賂性の認識を否定する根拠としてあげる前記の個別的な事情は、昭和六〇年度の場合と同様の理由で、その根拠となるものではないから、弁護人の主張は採用できない。
3 なお、被告人Bの弁護人は、開研は、被告人Aが道庁を退職した後に発注された昭和六三年度の戦プロ関係調査についても継続受注したが、同年度においては「調整費」ないし「活動費」を負担していないのであるから、昭和六〇、六一度においても、「調整費」の支払と開研の受注とは対価関係にはなかったとして、被告人Bには賄賂性の認識が存在しないという趣旨の主張もしている。
しかしながら、開研が昭和六三年度の戦プロ関係調査の業務委託を受注した際には、発注者側から「調整費」ないし「活動費」の支払を要求されていないのであって、その要求があった昭和六〇、六一年度とは受注に至る経緯が異なるのであるから、弁護人の主張は当を得ていない。昭和六〇年度や同六一年度において、開研が「調整費」を支出したのは、まさに被告人Aが道庁に在職して戦プロ関係の事務を担当・統括し、被告人Bに対してその負担を要求したからこそであって、このことは、かえって被告人Aの職務行為と「調整費」の支払とが対価関係にあったことを示す証左であるというべきものである。
三  被告人Dについて
1 昭和六〇年度戦プロ可能性調査関係
(一) 被告人Aの弁護人と被告人Dの弁護人は、昭和六〇年三月当時は、道コンにしても被告人D個人にしても、被告人Aに対して賄賂を供与する動機がなかったとし、また、被告人Dの弁護人は、昭和六〇年度の「活動費」の負担要請の経緯をみても、道庁のエリート職員であり、被告人Dも全幅の信頼を置いていた被告人Aや中橋が、喫茶店「ポプラ」というオープンな場所で、道庁の予算では戦プロ関係の事務費が計上されなかったとの説明をして、道コン側に「活動費」の負担を要請したものであり、しかも、その支払方法も銀行振込という公然の手段が用いられているのであるから、被告人Dにおいて本件「活動費」が賄賂であると考える余地はなかったとして、いずれも被告人Dには賄賂性の認識はなかったと主張し、被告人Dも、捜査段階では賄賂性の認識があったことを肯定する趣旨の供述をしていたものの、公判廷ではこれを否定している。
(二) そこで、まず、動機の点につき検討すると、昭和六〇年度戦プロ可能性調査を道コンに発注するという「ポプラ」での話は、昭和六〇年二月八日の「一条亭」でのやり取りがあった後、被告人Aの方から被告人Dに対して持ちかけられたものであるから、被告人Dとしては、自分の方から積極的に賄賂を供与してまで戦プロ可能性調査を受注しようとの意図を持っていなかったとしても、そのことで直ちに賄賂を贈る動機がなかったということになるわけではない。
被告人C、被告人Dの公判供述等によれば、道コンはいわゆる「道策会社」であって、会社としての体面上も、道の大型プロジェクトは赤字を覚悟でも引き受けるという営業姿勢をとっていたというのであるから、昭和六〇年度戦プロ可能性調査の民間への委託発注の方針が広く知れ渡っていた昭和六〇年三月の時点では、道コンとして戦プロ関係の仕事を受注することができるのであれば、右のような道コンの営業姿勢や、戦プロ事業が実現した際に現業関係の受注も期待できるという同社の長期的利益にも合致するという関係にあったものと認められる。被告人Dは、捜査段階において、この「ポプラ」における被告人Aからの「活動費」の負担要請について、道コンとしては交通関係の戦プロ可能性調査を是非受注したいと考えたので、「活動費」の負担要請があったからといってその場で受注を断ることはできなかった、そこでその席では即答を避け、被告人Cに事情を報告し、その了解を得て「活動費」の負担要請に応じることとしたという趣旨の供述をしているところ、この供述内容は、右のような道コンの立場や当時の状況に照らして極めて自然であり、十分信用できるというべきである。したがって、被告人Dには、贈賄の動機があったと認められるから、これを欠くことを前提とする弁護人の主張は失当というべきである。
(三) 次に、被告人Dの賄賂性の認識の点につき検討すると、被告人Dとしては、昭和六〇年三月当時、被告人Aから、同年度には戦プロ関係独自の事務費が計上されなかったとの説明のもとに、受注額の一五パーセントに当たる金員を「活動費」として道コン側で負担してほしいとの要求を受け、戦プロ可能性調査の受注の前提条件として、正規の手続では到底捻出できない性質の金員を「活動費」として被告人Aに支払うかどうかという点につき、上司である被告人Cに報告・相談し、その了承を得たうえ、「ポプラ」での会合の翌日には、被告人Aの裁量ないし権限により自由に使用するという暗黙の了解のもとに、「活動費」として支払うことを承諾する旨被告人Aに伝えたものであり、しかも、被告人Dや被告人Cの側ではその使途ないし運用方法についての事後的な確認や承認をすることは全く予定されていなかったのであって、これらの事実関係について被告人Dが正確に認識していたことは、その公判供述によっても認められる。
そうすると、賄賂性の認識を肯定する内容の被告人Dの捜査段階における供述は、十分信用することができるというべきであって、被告人Dが昭和六〇年度の「活動費」を賄賂であると認識していたことは優に認定することができる。そして、このことは、被告人Dが、同年六月に、本来の外注費を除く道コンの受注額の約二〇パーセントに当たる金員を割り戻すために、道コン社内の経理処理としては実体のない再委託契約の形式を作出し、その振込送金先としても、被告人Aに指示されたとおり、道庁とは何の関係もないメープル企画という新設の民間会社宛に行う旨の約束をしたことからも裏付けられる。
被告人Dの弁護人が被告人Dの賄賂性の認識を否定する根拠としてあげる個別事情のうち、被告人Aや中橋の道庁における地位やこれらの者に対する被告人Dの信頼という点は、被告人Dが、「活動費」の負担要請の話を聞いて返答に躊躇し、その場での即答を避けていること等に照らすと、被告人Dが「活動費」につき道コンとして当然負担すべき金員であると考えていなかったことは明らかであるから、被告人Dの賄賂性の認識を否定する根拠となるものではない。その余の事情も、被告人Bについて述べたのとほぼ同様の理由から、いずれも採用することができない。
また、被告人Dは、公判廷において、道コンとしては、以前にも官公庁側からの要請により、正規の予算では賄い切れない事務費を負担した例があったとして、それを根拠に本件における賄賂性の認識を否定する趣旨の供述をしている。
しかし、この供述は、公判で突如なされたものであるうえ、被告人Dは、相手に迷惑がかかるなどとして、その具体的な内容を明らかにすることを拒否していて、その裏付けを欠いており、信用性に乏しい。さらに、被告人Dの述べる前例の内容は、官公庁側から研究機関等に発注される調査について、一定額の費用を負担するというものであったというのであり、本件のように、発注業者の決定以前の段階で、各種の会議費や道庁職員の出張旅費という以外には個別的、具体的な使途も明示されず、受注額の一定割合による金額を包括的に負担するよう要求され、しかも、官公庁とは何ら関係のない新設の民間会社に対して、実体のない再委託の形式をとって支払ったというものではなかったというのである。そうすると、被告人Dのいう前例は、同被告人の賄賂性の認識の存否の判断に影響を及ぼすようなものではない。
2 昭和六一年度戦プロ推進調査関係
被告人Dの弁護人は、被告人Dが被告人Aから昭和六一年度の「活動費」の負担を要請された昭和六一年五月上旬当時、被告人Dとしては、昭和六一年度の交通関係の戦プロ推進調査が一〇〇パーセント道コンに継続発注されるものと確信していたのであるから、受注の見返りとしての賄賂の要求と受け止める余地がなかったとして、昭和六一年度の「活動費」についても、被告人Dには賄賂性の認識がなかったと主張し、被告人Dも、この主張に沿う供述をしている。
しかしながら、昭和六一年度の交通関係の戦プロ推進調査が、道コン側で「活動費」の支払を拒否したとしても、なお道コンに継続発注されるという保証がなかったことや、被告人Dに昭和六〇年度の「活動費」について賄賂性の認識が認められることは、前述のとおりであるところ、被告人Dは、被告人Aから、「今年も例の件をお願いしたい。」と言われて、昭和六一年度の「活動費」の支払を要請されたものであるから、その金員の趣旨が、昭和六〇年度の「活動費」と同じものであると考えていたものと認められる。
そうすると、昭和六一年度の「活動費」についても、被告人Dには賄賂性の認識があったと認定することができる。
四  被告人Cについて
1 昭和六〇年度戦プロ可能性調査関係
(一) 被告人Aの弁護人及び被告人Cの弁護人は、昭和六〇年三月当時は、道コンにしても被告人C個人にしても、被告人Aに対して賄賂を供与する動機はなかったとし、また、被告人Cの弁護人は、被告人Dについて述べた喫茶店「ポプラ」での会合の状況や金員支払の方法等に加えて、被告人Cが直接被告人Aと接触していないこと、被告人Cは「活動費」の負担要請を即座に承諾していること等に照らすと、被告人Cには本件「活動費」が賄賂であると考える余地はなかったとして、いずれも被告人Cに賄賂性の認識はなかったと主張し、被告人Cも、捜査段階では、賄賂性の認識があったことを肯定する趣旨の供述をしていたものの、公判廷では、これを否定している。
(二) そこで、まず、動機の点につき検討すると、被告人Cにとっても、昭和六〇年度戦プロ可能性調査を道コンに発注するという話は、被告人Aの方から持ちかけられたものであるから、被告人Cとしては、積極的に賄賂を供与してまで戦プロ可能性調査を受注しようとの意図を持っていなかったとしても、そのことで直ちに賄賂を贈る動機がなかったということになるわけではない。
また、道コンとしても、いわゆる「道策会社」としての体面上、道の大型プロジェクトには赤字を覚悟でも協力するという営業姿勢をとっており、昭和六〇年度戦プロ可能性調査を受注することができるのであれば、道コンの営業姿勢や前記のような長期的利益に合致するという関係にあったと認められることも、前述のとおりである。
そうすると、被告人Cとしては、被告人Dから「ポプラ」での会合内容につき報告を受けた際、「活動費」の内容については詳細な説明がなく、腑に落ちない点があるとは思いながらも、道コンとして交通関係の戦プロ可能性調査を是非受注したいと考え、「活動費」を負担してでもその仕事を発注してほしい旨被告人Aに伝えるよう被告人Dに指示したという趣旨の被告人Cの捜査段階における供述は、当時の状況に照らして極めて自然であり、十分信用できるというべきである。したがって、被告人Cには、賄賂の動機があったと認められるから、これを欠くことを前提とする弁護人の主張は失当である。
(三) 次に、被告人Cの賄賂性の認識の点について検討すると、被告人Cとしては、昭和六〇年三月に、部下である被告人Dから、道庁の予算で賄い切れない戦プロ関係の事務費につき、受注額の一五パーセントに当たる金額を「活動費」として道コン側に負担してほしいという要請が被告人Aからあったとの報告を受け、戦プロ可能性調査の受注の前提条件として、正規の手続では到底捻出できない性質の金員を、被告人Aの裁量ないし権限により自由に使用するという暗黙の了解のもとに、「活動費」として支払う旨了承し、被告人Dを通じて、被告人Aにその旨を伝えたものであり、しかも、被告人Cや被告人Dの側ではその使途ないし運用方法について事後的な確認や承認をすることは全く予定されていなかったのであって、これらの事実関係について被告人C自身が正確に認識していたことは、その公判供述によっても認められる。
そうすると、賄賂性の認識を肯定する内容の被告人Cの捜査段階における供述は、十分信用することができるというべきであって、被告人Cについても、昭和六〇年度の「活動費」を賄賂であると認識していたことを優に認定することができる。そして、このことは、被告人Cが、被告人Dの報告に基づき、被告人Aに対し、本来の外注費を除く道コンの受注額の約二〇パーセントに当たる金員を割り戻すために、道コン内の経理処理としては実体のない再委託契約の形式を作出し、その振込送金先としても、被告人Aの指示どおり、前記のようなメープル企画宛に行うことを異議なく了承したことからも裏付けられる。
被告人Cの弁護人が主張する被告人Aの道庁における地位、これに対する被告人Cの認識、「ポプラ」での会合の状況、金員支払の方法等については、前述のとおり、いずれも、被告人Cの賄賂性の認識を否定する根拠となるものではない。また、被告人C自身が被告人Aと直接接触していないという点も、被告人Cが、部下である被告人Dから報告を受けて「活動費」の負担を承諾し、被告人Dに指示して被告人Aにその旨を伝えていることに照らすと、被告人Cの賄賂性の認識を肯定することの妨げにはならない。さらに、被告人Cが被告人Dからの報告を受けたその場で「活動費」の負担を承諾したとの点も、被告人Cが、いったんは「活動費」の内容に疑問を持ち、ためらいを感じながらも、戦プロ可能性調査の受注のためには仕方がないという態度で承諾したものであることに照らすと、被告人Cが「活動費」につき道コンとして当然負担すべき金員であるとは考えていなかったことは明らかであるから、やはり被告人Cについても、賄賂性の認識を否定する根拠となるものではない。
なお、被告人Cも、被告人Dと同様に、公判廷において、道コンでは、以前にも官公庁側からの要請により、正規の予算では賄いきれない事務費を負担した例があったとして、それを根拠に本件における賄賂性の認識を否定する趣旨の供述をしている。しかし、被告人Cも、相手に迷惑がかかるなどとして、その具体的な内容を明らかにすることを拒否しているばかりか、その前例の内容としても、本件のように、発注業者の決定以前の段階で、個別的、具体的な使途も明示されず、受注額の一定割合による金額を、官公庁とは何ら関係のない新設の民間会社に対して、実体のない再委託の形式をとって支払ったというものではなかったと認めている。そうすると、被告人Cのいう前例は、同被告人の賄賂性の認識の存否の判断に影響を及ぼすようなものではない。
2 昭和六一年度戦プロ推進調査関係
被告人Cの弁護人は、被告人Cについても、被告人Dと同様の理由により、昭和六一年度の「活動費」について賄賂性の認識がなかったと主張し、被告人Cも、この主張に沿う供述をしている。
しかしながら、昭和六一年度の交通関係の戦プロ推進調査が、道コン側で「活動費」の支払を拒否したとしても、なお道コンに継続発注されるという保証がなかったことや、被告人Cに昭和六〇年度の「活動費」について賄賂性の認識が認められることは、前述したとおりであり、しかも、被告人Cは、被告人Dから、昭和六一年度においても、昭和六〇年度と同様の「活動費」を被告人Aに支払うことになった旨の報告を受けて、即座にこれを了承しているのであるから、被告人Cの認識としても、その金員の趣旨が、昭和六〇年度の「活動費」と同じものと考えていたものと認められる。
そうすると、昭和六一年度の「活動費」についても、被告人Cには賄賂性の認識があったと認定することができる。
第五  メープル企画及びピーアンドデーの役割
一  昭和六〇年度戦プロ可能性調査関係
1 被告人Aの弁護人は、メープル企画は、白尾の発案に基づき、道内におけるシンクタンクを養成するために設立したもので、戦プロ可能性調査のための事務局的な役割を期待されていたものであるから、検察官が主張するように被告人Aと一体の関係にはなく、メープル企画に振り込まれた「活動費」に対しては被告人A個人の支配は及んでいなかったとして、被告人Aの収賄罪は成立しないと主張し、被告人Aも、公判廷において、当初は自らのメープル企画やピーアンドデーに対する支配関係を肯定する旨の供述をしていたものの、後にこれを否定する供述をしている。
しかしながら、白尾は、公判廷において、新たにシンクタンク会社を設立し、その本店所在地を東京に置くという構想は被告人Aの発想に基づくものであり、白尾自身、特に具体的な事業プランを持っていたわけでもなく、白尾が代表取締役に就任したのも、被告人Aが公務員で、矢尾板も自分の会社を経営していたという消極的な理由によるものであって、いわゆるペーパーカンパニーを設立するという認識であった旨の供述をしている。また、実際にも、メープル企画は、昭和六〇年度戦プロ可能性調査についての「調整費」ないし「活動費」が振込送金された昭和六〇年七月から一〇月にかけては、活動の本拠となる事務所さえなく、開研や道コンからの再委託に関する業務はおろか、実質的な事業活動を全く行っていないし、戦プロ可能性調査の推進のための事務局的な役割も何ら果たしていない。しかも、白尾は、公判廷で、メープル企画自体としては、開研や道コンから入金された「調整費」ないし「活動費」を使用する目的はなく、単に被告人Aに銀行口座を貸しているという立場にあり、メープル企画からのその分の金銭の支出は、すべて被告人Aの指示によって行われていたものであると明確に供述しているうえ、被告人A自身も、白尾が、被告人Aからのその分の金銭支出の要請を拒んだことはなかった旨認めている。
そうすると、メープル企画は、被告人Aが昭和六〇年度戦プロ可能性調査に関する「調整費」ないし「活動費」を受領するため、その「受け皿」として設立したダミー会社であるという側面を有することは否定できないというべきである。したがって、昭和六〇年度の「活動費」については、被告人A自身が受領したものと認めることができるから(この点で、第三者供賄罪の成立する余地もない。)、被告人Aの弁護人の主張は採用しない。
2 被告人Bの弁護人は、被告人Bとしては、メープル企画の設立目的は道内におけるシンクタンク活動であると聞かされており、戦プロの関係でもメープル企画が事務局的な役割を果たすものと考えていたのであるから、メープル企画が賄賂の「受け皿」であるとの認識を有していなかったという趣旨の主張をし、被告人Bも、公判廷で、被告人Aがメープル企画の経営に関与していたという認識はなかった旨の供述をしている。
しかしながら、被告人Bは、被告人Aから指示されたとおりに、昭和六〇年度戦プロ可能性調査に関する「調整費」をメープル企画の銀行口座に振込送金したものであるうえ、公判廷でも、メープル企画からのその分の金銭の支出については、すべて白尾が被告人Aの指示に従って行っていると考えていた旨供述している。そうすると、被告人Bとしては、少なくとも「調整費」の入金と出金に関する限り、被告人Aがメープル企画に対して支配を及ぼしていたと認識していたものと推認することができる。したがって、被告人Aとメープル企画との一体性に関する贈賄側の認識の欠如を理由として、被告人A自身の収賄罪の成立を否定することもできないというべきである。
二  昭和六一年度戦プロ推進調査関係
1 被告人Aの弁護人は、昭和六〇年一〇月二六日のメープル企画の札幌事務所開設は、検察官が主張するようにトークイン活動を支援するためではなく、白尾の意向に基づき、本来のシンクタンク活動を目指して行われたものであり、実際にも、白尾は、昭和六一年三月から主体的にシンクタンク業務を展開し、同年九月には、被告人Aに相談することもなく、メープル企画の商号をピーアンドデーに変更するなどしているのであるから、被告人Aとメープル企画及びピーアンドデーとは一体の関係にはなく、昭和六一年度についても、被告人A個人が開研や道コンから振込送金された「調整費」ないし「活動費」に対する支配関係を及ぼしていたとはいえないから、被告人Aには収賄罪は成立しないと主張し、被告人Aも、これに沿う供述をしている。
しかしながら、白尾は、公判廷において、昭和六〇年の九月ないし一〇月ころ、矢尾板から、トークイン関係の活動をするため、メープル企画の札幌事務所を開設するよう被告人Aから要請があった旨の話を聞き、メープル企画としては、特に事務所を必要とするような事業計画がなかったにもかかわらず、被告人Aの意向と資金調達に基づいて、選挙事務所用としても使用できるような事務所を探して賃借した後、同年一一月から昭和六一年三月まで道内数か所で開催されたトークイン活動の拠点としての役割を果たした旨明確に供述している。また、白尾は、昭和六一年三月から主体的に事業活動を開始した理由についても、当時トークインが終了し、事務員の給料や事務用品のリース料等の支払のために実質的な営業活動をする必要があり、トークイン活動で培ったノウハウを生かして新しい仕事を開拓できる見込みもあったためであると供述し、商号変更の理由についても、メープル企画はトークイン活動に関与し、社名にも「政策企画」という言葉が入っていて、非常に政治性の強い会社であるという認識を持たれている可能性があるので、北海道の地域開発等に関する一般的な仕事をするためには、従来の商号では差し障りがあると考えたからであると説明している。そして、白尾は、開研や道コンから昭和六一年度の「調整費」ないし「活動費」が入金された昭和六一年五月から昭和六二年一月にかけてのメープル企画ないしピーアンドデーの資金状況に関し、会社としての事業活動から得られた収益としては、レインボーメーキングに下請けをさせた中川道議会議員や吉川貴盛道議会議員の選挙活動に関する一〇〇万ないし一五〇万円を除いて他に見るべきものはなく、会社の収入は、もっぱら被告人Aが調達してくる現金や借入金と、開研や道コンなどから振り込まれた架空の再委託契約に基づく送金とによって賄われており、しかも、再委託契約の形式を整えるための書類の作成や、会社にとって必要な日常経費等以外の支出は、すべて被告人Aの指示に従って行ったものであるとの供述をしている。
このような白尾の証言について、被告人Aの弁護人は、白尾は、本件の捜査当初、被告人Bあるいは被告人Aの共犯者の疑いで逮捕、勾留され、起訴猶予になった経緯があるから、その供述も、いわゆる「危険な共犯者の供述」類似のものとして、信用性を慎重に検討すべきであると主張している。しかし、白尾は、実際上、自らの訴追の可能性がなくなった公判段階においても、前述の趣旨の明確かつ具体的な証言をしているのであって、その内容も、昭和六〇年ないし六一年当時のメープル企画やピーアンドデーの活動内容、白尾自身の立場等の客観的状況に照らして合理的であるうえ、当時メープル企画やピーアンドデーに勤めていた武村圭の証言や捜査段階における供述とも合致しており、その信用性は高いものと認められる。
これらの検討によると、メープル企画の設置の経緯やその後の事業活動、さらにピーアンドデーへの商号変更等を根拠として、これらの会社に対する被告人Aの支配関係を否定する被告人Aの弁護人の主張は、その前提を欠くというべきであり、結局、昭和六一年度についても、被告人Aが、これらの会社を「受け皿」として、自ら「調整費」ないし「活動費」を受領したものであると認めることができる(したがって、昭和六一年度についても、第三者供賄罪が成立する余地はない。)。
2 被告人Bの弁護人は、被告人Bが昭和六一年度の「調整費」として支払ったのは六〇〇万円であって、残りの九〇〇万円は、被告人Aの要請に基づくものではなく、被告人Bと白尾との話合いにより、開研からメープル企画ないしピーアンドデーに対する資金援助として送金されたものであると主張し、被告人Bも、捜査段階では、昭和六一年度の「調整費」が一五〇〇万円であった旨認めていたものの、公判廷では、弁護人の主張に沿う供述をしている。
しかしながら、被告人B自身、公判廷において、昭和六一年五月七日に被告人Aから六〇〇万円の負担を要請された際、それが「戦プロの活動に伴う費用」というように理解したと述べ、昭和六一年度の送金総額が一五〇〇万円になったことについても、前年度も受注額の二〇パーセントに当たる金額を負担したので、おおむねそれと同じ割合の金額を設定したと述べて、最終的な送金額が昭和六一年度戦プロ推進調査の受注額を基準として決定されたものであることや、残りの九〇〇万円についても、六〇〇万円と同様に、メープル企画ないしピーアンドデーに対する架空の再委託という形式で社内の経理処理がなされたことを認めている。しかも、被告人Bは、昭和六一年度戦プロ推進調査の正式契約締結以前の段階で、同年度の「調整費」としては六〇〇万円でよいと考えた理由や、開研がメープル企画やピーアンドデーに対して資金援助をする目的、理由等について、何ら合理的な説明をなし得ていないばかりか、白尾との間では事前に援助額や資金計画についての相談があったとしながら、白尾側から九〇〇万円につき一括請求がなされたことなどの矛盾点について質問をされると前言を撤回するなど、まさに単なる弁解の域を出ない供述に終始している。
これに対して、白尾は、昭和六一年度の開研からの送金についても、被告人Aから総額一五〇〇万円のうちの残額九〇〇万円の支払方法について被告人Bと相談するように指示されたことや、この九〇〇万円の趣旨が昭和六一年二月に開研から援助を受けた一〇〇万円とは異なることを明確に供述しており(被告人Bの弁護人によるこの点についての白尾証言の理解は、白尾証言の他の部分を併せて検討すれば、正当なものではない。)、その内容にも不合理な点や不自然な点はない。
以上によると、昭和六一年度戦プロ推進調査の業務委託に関する送金額についての被告人Bの捜査段階における供述は、十分に信用することができ、昭和六一年度の「調整費」として被告人Bが振込送金した金額は一五〇〇万円であったと認定することができる。
第六  捜査段階における供述の信用性
被告人B、被告人C及び被告人Dの捜査段階における供述のうち、前記各争点に関係する部分の信用性については、それぞれの箇所で判断を示したところであるが、これらの被告人の弁護人は、捜査官の取調状況等を理由として、右供述の信用性を争っているので、以下に当裁判所の判断を示すこととする。
一  被告人Bの検察官調書の信用性
被告人Bの弁護人は、被告人Bに対する検察官の取調べは、深夜に及ぶ異常な状況の中で、被疑者の人権を無視する暴言を用い、始終自白を強要する攻撃的、糾問的な態度で行われたものであって、その結果作成された被告人Bの検察官調書に信用性はないと主張し、被告人Bも、公判廷で、この主張に沿う供述をしている。
しかしながら、被告人Bは、強制捜査の前に任意の取調べが先行していたことから、自己の立場について弁明するための準備期間が十分あったはずであるし、逮捕後も、頻繁に弁護人の接見を受けて法的な助言を与えられ、自己の法的立場を理解し防御手段を講じ得る状況にあった。また、検察官調書の内容をみても、書類その他の物的証拠から認められる戦プロ関係調査の民間委託をめぐる道庁内部の動きや「調整費」ないし「活動費」の入金と出金をめぐる金の流れという客観的状況に照らして、不自然、不合理であるというべき点も存在しないし、被告人B自身に有利な事情についても、そのまま記載されている。そして、被告人Bは、検察官調書の内容を認めて署名指印しているし、被告人Bの弁護人も、取調官の態度を非難しながらも、検察官調書の任意性までは積極的に争っていない。
これらの事情を総合すると、被告人Bの検察官調書は、その信用性を保障する外部的な情況の存在のほか、内容的にも、全体として、相当の信用性があると認めることができる。そうすると、被告人Bの弁護人の右主張は、各争点に関連して既に述べた被告人Bの捜査段階における供述の信用性についての判断を左右するものではない。
二  被告人C、被告人Dの検察官調書の信用性
被告人C及び被告人Dの弁護人は、同被告人らの捜査段階の供述のうちの不利益事実の承認に当たる部分は、捜査官の強引な押し付けによるものであり、取調べの方法も不公正であったとして、同被告人らの検察官調書には信用性がないと主張し、同被告人らも、公判廷で、この主張に沿う供述をしている。
しかしながら、被告人C及び被告人Dについても、強制捜査の前に任意の取調べが先行していたことから、自分たちの立場について弁明するための準備期間が十分あったはずであり、実際にも、被告人両名は、任意捜査のころには、取調べの都度お互いに情報交換をしていたということであるし、逮捕後も、頻繁に弁護人の接見を受けて法的な助言を与えられ、自分達の法的立場を理解し防御手段を講じ得る状況にあった。また、検察官調書の内容をみても、被告人Bの場合と同様に、書類その他の物的証拠から認められる戦プロ関係調査の民間委託をめぐる道庁内部の動きや「活動費」の入金と出金をめぐる金の流れという客観的状況に照らして、不自然、不合理であるというべき点も存在しないし、両被告人に有利な事情や訂正申立てのあった点についても、そのまま記載されている。そして、被告人両名とも、検察官調書の内容を認めて署名指印しているし、両被告人の弁護人も、取調官の態度を非難しながらも、検察官調書の任意性までは積極的に争っていない。
これらの事情を総合すると、被告人C及び被告人Dの検察官調書も、その信用性を保障する外部的な状況の存在のほか、内容的にも、全体として、相当の信用性があると認めることができる。そうすると、被告人C及び被告人Dの弁護人の右主張も、各争点に関連して既に述べた両被告人の捜査段階における供述の信用性に関する判断を左右するものではない。
なお、被告人Aが、被告人Dに対して、昭和六一年度の「活動費」を要求した時期については、道コンの社内資料等からは、昭和六一年四月下旬ないし五月上旬ころと推認され、被告人Cと被告人Dの検察官調書の記載とは若干のずれがあるが、このこと自体は、単なる記憶違いであるとも考えられ、両被告人の検察官調書の全体としての信用性に影響を及ぼすものではない。
(法令の適用)
一  被告人Aにつて
罰条 いずれも包括して刑法一九七条一項後段
併合罪加重 刑法四五条前段、四七条本文、一〇条(犯情の最も重い第一の二の1の罪の刑に加重)
刑の執行猶予 刑法二五条一項
追徴 刑法一九七条の五後段
訴訟費用の負担 刑事訴訟法一八一条一項本文
二  被告人Bについて
罰条
行為時 包括して平成三年法律第三一号による改正前の刑法一九八条、一九七条一項後段、同罰金等臨時措置法三条一項一号
裁判時 包括して右改正後の刑法一九八条、一九七条一項後段
刑の変更 刑法六条、一〇条(軽い行為時法の刑による)
刑種の選択 懲役刑
刑の執行猶予 刑法二五条一項
訴訟費用の負担 刑事訴訟法一八一条一項本文
三  被告人C、同Dについて
罰条
行為時 包括して刑法六〇条、平成三年法律第三一号による改正前の刑法一九八条、一九七条一項後段、同罰金等臨時措置法三条一項一号
裁判時 包括して刑法六〇条、右改正後の刑法一九八条、一九七条一項後段
刑の変更 刑法六条、一〇条(軽い行為時法の刑による)
刑種の選択 懲役刑
刑の執行猶予 刑法二五条一項
訴訟費用の負担 刑事訴訟法一八一条一項本文
(量刑の事情)
一  被告人Aについて
1  不利な事情
被告人Aは、北海道開発調整部参事(計画)の主幹、参事として、道民全体が北海道の将来を託し強い関心を寄せていた新長期計画の戦プロ関係調査に関する事務を担当、統括する立場にありながら、その地位を濫用して発注予定業者に賄賂を要求し、業者側からの請託を受けたうえ、本来公正であるべき発注業者の選定等の手続に当たって特定業者に対する便宜な取り計らいをし、その見返りとして、総額三九四八万円というすこぶる高額の賄賂を受け取ったもので、犯情は非常に悪質である。
被告人Aが受け取った賄賂は、もともとは道民全体の利益のために使用されるべき道の予算から支出された民間委託費の一部を割り戻し(いわゆるキックバック)により供与されたものであるうえ、その受領方法についても、当初は営業実体のない形式だけの会社を新たに設立し、賄賂の「受け皿」として介在させるなど、犯行態様は巧妙で背信的である。
被告人Aは、本件によって、戦プロの実現にむけての道民の期待を裏切り、道政に対する一般の信頼を損ねたもので、社会に与えた衝撃も大きい。
被告人Aは、公判廷でも、自己の立場を正当化するための不合理な弁解を繰り返し、必ずしも真摯な反省の態度が見受けられない。
2  有利な事情
被告人Aは、受領した賄賂の大部分を自己の道庁での職務に関連する出費や自己の政治的信条に基づく活動に関連した支出に充てており、賄賂によっていわゆる私腹を肥やしていたとまでは認められない。
被告人Aは、他方では、当時の北海道の社会的、経済的な停滞状況について深く憂慮し、戦プロ関連事業の実現のため、その職務に熱心に取り組んでいた。
被告人Aには、これまで前科がない。
二  被告人B、同C、同Dについて
1  不利な事情
被告人らは、もともと道民の税金等で構成される道の予算から支出された民間委託費の一部を被告人Aに対して賄賂として供与し、本来公正であるべき戦プロ関係調査の発注業者選定手続を歪め、公務員の職務の公正に対する一般の信頼を損ねたもので、犯情は悪質である。
被告人らは、公判廷において、被告人Aや自分達の立場を正当化するための不合理な弁解を繰り返し、必ずしも真摯な反省の態度が見受けられない。
2  有利な事情
被告人らは、いずれも、被告人Aの方から賄賂の提供を要求され、これに応じるという受動的、消極的な形で賄賂を供与したものである。
被告人らは、本件に至るまで、家族と共に善良な社会人として生活し、それぞれの職場で重要な職責を果たしてきた。
被告人らには、これまで前科がない。
三  以上のような事情を総合考慮し、被告人らに対しては、それぞれ主文の刑を量定したうえ、それぞれの期間その刑の執行を猶予するとともに、被告人Aについては、その受領した賄賂が振込送金受領の時点でメープル企画やピーアンドデーの他の銀行預金と混同し没収不能となったことにより、その全額につき価額を追徴することとした。
(求刑)
被告人A 懲役三年、追徴金三九四八万円
被告人B、同C、同D 懲役一年六か月
(裁判長裁判官植村立郎 裁判官草間雄一 裁判官波多江真史)

別紙  訴訟費用負担一覧表〈省略〉


「選挙 コンサルタント」に関する裁判例一覧
(1)令和元年 9月 6日 大阪地裁 令元(わ)2059号 公職選挙法違反被告事件
(2)平成31年 3月 7日 知財高裁 平30(行ケ)10141号 審決取消請求事件
(3)平成30年12月18日 高知地裁 平28(行ウ)8号 損害賠償請求及び公金支出差止請求事件
(4)平成30年 9月28日 東京地裁 平26(ワ)10773号 損害賠償請求事件(本訴)、損害賠償請求反訴事件(反訴)
(5)平成30年 6月 6日 東京高裁 平29(ネ)2854号 株主代表訴訟控訴事件
(6)平成30年 4月25日 東京地裁 平28(ワ)31号 証書真否確認、立替金等返還債務不存在確認等請求事件、立替金返還請求反訴事件、立替金請求反訴事件
(7)平成30年 3月30日 東京地裁 平27(ワ)37147号 損害賠償請求事件
(8)平成30年 3月28日 東京地裁 平27(行ウ)616号 閲覧謄写請求事件
(9)平成30年 3月26日 東京地裁立川支部 平28(ワ)2678号 損害賠償請求事件
(10)平成30年 2月 8日 仙台高裁 平29(行コ)5号 政務調査費返還履行等請求控訴事件、同附帯控訴事件
(11)平成29年 5月22日 東京地裁 平28(特わ)807号 公職選挙法違反被告事件
(12)平成29年 3月28日 東京地裁 平25(ワ)28292号 謝罪広告等請求事件
(13)平成29年 3月 8日 東京地裁 平26(行ウ)300号 地位確認等請求事件
(14)平成29年 2月 2日 東京地裁 平26(ワ)25493号 株式代金等請求事件(本訴)、損害賠償請求反訴事件(反訴)
(15)平成29年 1月31日 仙台地裁 平25(行ウ)11号 政務調査費返還履行等請求事件
(16)平成28年 9月16日 福岡高裁那覇支部 平28(行ケ)3号 地方自治法251条の7第1項の規定に基づく不作為の違法確認請求事件
(17)平成28年 9月 2日 福岡高裁 平28(う)180号 入札談合等関与行為の排除及び防止並びに職員による入札等の公正を害すべき行為の処罰に関する法律違反、公契約関係競売入札妨害、加重収賄被告事件
(18)平成28年 4月22日 新潟地裁 平25(行ウ)7号 政務調査費返還履行請求事件
(19)平成28年 3月30日 東京地裁 平21(行ウ)288号 損害賠償(住民訴訟)請求事件
(20)平成28年 3月17日 東京地裁 平26(ワ)23904号 地位確認等請求事件
(21)平成28年 3月17日 福岡地裁 平26(わ)1215号 入札談合等関与行為の排除及び防止並びに職員による入札等の公正を害すべき行為の処罰に関する法律違反,公契約関係競売入札妨害,加重収賄被告事件
(22)平成28年 3月17日 福岡地裁 平26(わ)968号 入札談合等関与行為の排除及び防止並びに職員による入札等の公正を害すべき行為の処罰に関する法律違反、公契約関係競売入札妨害、加重収賄被告事件
(23)平成27年 4月22日 東京地裁 平25(行ウ)792号 土地区画整理組合設立認可取消等請求事件
(24)平成27年 2月19日 東京地裁 平25(ワ)19575号 遺言無効確認請求事件、不当利得返還請求事件
(25)平成26年10月27日 熊本地裁 平23(行ウ)9号 損害賠償履行請求事件
(26)平成26年10月20日 東京地裁 平25(ワ)8482号 損害賠償請求事件
(27)平成26年 2月28日 東京地裁 平25(ヨ)21134号 配転命令無効確認仮処分申立事件 〔東京測器研究所(仮処分)事件〕
(28)平成26年 2月26日 東京地裁 平24(ワ)10342号 謝罪広告掲載等請求事件
(29)平成25年 1月29日 和歌山地裁 平19(行ウ)7号 政務調査費違法支出金返還請求事件
(30)平成24年 5月28日 東京地裁 平24(ヨ)20045号 職務執行停止・代行者選任等仮処分命令申立事件
(31)平成23年 8月31日 東京地裁 平22(行ウ)24号 損害賠償(住民訴訟)請求事件
(32)平成22年 7月22日 東京地裁 平20(ワ)15879号 損害賠償請求事件
(33)平成21年10月14日 東京高裁 平20(う)2284号
(34)平成21年 7月28日 東京地裁 平18(ワ)22579号 請負代金請求事件
(35)平成21年 4月28日 大阪地裁 平19(わ)4648号 談合被告事件
(36)平成21年 4月28日 大阪地裁 平19(わ)3456号 談合、収賄被告事件
(37)平成21年 3月27日 宮崎地裁 平18(わ)526号 競売入札妨害、事前収賄、第三者供賄被告事件
(38)平成21年 3月 3日 東京地裁 平19(ワ)10972号 謝罪広告等請求事件
(39)平成21年 3月 3日 水戸地裁 平18(行ウ)7号 小型風力発電機設置事業に係わる損害賠償請求事件
(40)平成21年 3月 2日 東京地裁 平20(ワ)6444号 売上代金請求事件
(41)平成20年10月31日 大阪地裁 平17(行ウ)3号 損害賠償請求、不当利得金返還請求事件(住民訴訟) 〔枚方市非常勤職員特別報酬住民訴訟〕
(42)平成20年 9月29日 東京地裁 平18(ワ)7294号 損害賠償請求事件 〔つくば市 対 早稲田大学 風力発電機事件・第一審〕
(43)平成20年 9月 9日 東京地裁 平18(ワ)18306号 損害賠償等請求事件
(44)平成20年 8月 8日 東京地裁 平18(刑わ)3785号 収賄、競売入札妨害被告事件〔福島県談合汚職事件〕
(45)平成20年 5月27日 東京地裁 平18(ワ)24618号 損害賠償請求事件
(46)平成20年 3月27日 東京地裁 平18(ワ)18305号 損害賠償等請求事件
(47)平成20年 1月18日 東京地裁 平18(ワ)28649号 損害賠償請求事件
(48)平成19年11月 2日 東京地裁 平19(ワ)4118号 損害賠償請求事件
(49)平成19年 3月13日 静岡地裁沼津支部 平17(ワ)21号 損害賠償請求事件
(50)平成17年11月18日 和歌山地裁 平15(わ)29号 収賄、背任被告事件
(51)平成17年 8月29日 東京地裁 平16(ワ)667号 保険金請求事件
(52)平成17年 7月 6日 東京地裁 平17(ワ)229号 請負代金等請求事件
(53)平成17年 5月31日 東京高裁 平16(ネ)5007号 損害賠償等請求控訴事件
(54)平成17年 5月24日 岡山地裁 平8(行ウ)23号 損害賠償等請求事件
(55)平成17年 2月23日 名古屋地裁 平13(ワ)1718号 労働契約上の地位確認等請求事件 〔山田紡績事件〕
(56)平成17年 2月22日 福島地裁郡山支部 平14(ワ)115号 損害賠償請求事件
(57)平成16年 9月 9日 名古屋地裁 平15(行ウ)34号 損害賠償請求事件
(58)平成16年 8月10日 青森地裁 平15(ワ)32号 名誉毀損に基づく損害賠償請求事件
(59)平成16年 5月28日 東京地裁 平5(刑わ)2335号 贈賄被告事件 〔ゼネコン汚職事件〕
(60)平成15年11月26日 大阪地裁 平14(行ウ)186号 不当労働行為救済命令取消請求事件 〔大阪地労委(大阪ローリー運輸労組・双辰商会)事件・第一審〕
(61)平成15年 7月28日 東京地裁 平14(ワ)21486号 損害賠償請求事件
(62)平成15年 4月10日 大阪地裁 平12(行ウ)107号 埋立不許可処分取消請求事件
(63)平成15年 3月 4日 東京地裁 平元(刑わ)1047号 日本電信電話株式会社法違反、贈賄被告事件 〔リクルート事件(政界・労働省ルート)社長室次長関係判決〕
(64)平成15年 2月20日 広島高裁 平14(う)140号 背任被告事件
(65)平成15年 1月29日 広島地裁 平12(ワ)1268号 漁業補償金支払に対する株主代表訴訟事件 〔中国電力株主代表訴訟事件・第一審〕
(66)平成14年10月10日 福岡地裁小倉支部 平11(ワ)754号 損害賠償請求事件
(67)平成14年10月 3日 新潟地裁 平13(行ウ)1号 仮換地指定取消請求事件
(68)平成14年 5月13日 東京地裁 平13(ワ)2570号 謝罪広告等請求事件
(69)平成13年 7月18日 大阪地裁 平12(ワ)4692号 社員代表訴訟等、共同訴訟参加事件 〔日本生命政治献金社員代表訴訟事件〕
(70)平成12年 8月24日 東京地裁 平10(ワ)8449号 損害賠償等請求事件
(71)平成12年 3月14日 名古屋高裁 平10(う)249号 収賄、贈賄被告事件
(72)平成12年 2月18日 徳島地裁 平7(行ウ)13号 住民訴訟による原状回復等請求事件
(73)平成10年 4月20日 大阪地裁 平6(ワ)11996号 損害賠償請求事件 〔誠光社事件・第一審〕
(74)平成10年 3月31日 東京地裁 平7(ワ)22711号 謝罪広告請求事件
(75)平成10年 3月26日 名古屋地裁 平3(ワ)1419号 損害賠償請求事件 〔青春を返せ名古屋訴訟判決〕
(76)平成 9年10月24日 最高裁第一小法廷 平7(あ)1178号 法人税法違反被告事件
(77)平成 9年 3月21日 東京地裁 平5(刑わ)2020号 収賄、贈賄等被告事件 〔ゼネコン汚職事件(宮城県知事ルート)〕
(78)平成 8年 2月14日 東京高裁 平6(う)342号 法人税法違反被告事件
(79)平成 7年 9月20日 福岡地裁 平5(行ウ)17号 地方労働委員会命令取消請求事件 〔西福岡自動車学校救済命令取消等事件〕
(80)平成 7年 2月23日 最高裁第一小法廷 平5(行ツ)99号 法人税更正処分等取消請求上告事件
(81)平成 6年12月21日 東京地裁 平元(刑わ)1048号 日本電信電話林式会社法違反、贈賄被告事件 〔リクルート事件政界ルート判決〕
(82)平成 6年 5月 6日 奈良地裁 昭60(わ)20号 法人税法違反被告事件
(83)平成 5年 3月16日 札幌地裁 平元(わ)559号 受託収賄被告事件 〔北海道新長計汚職事件〕
(84)平成 2年 8月30日 福岡地裁 昭58(ワ)1458号 損害賠償請求事件
(85)平成 2年 4月25日 東京高裁 昭63(う)1249号 相続税法違反被告事件
(86)平成 2年 3月30日 広島地裁呉支部 昭59(ワ)160号 慰謝料請求事件
(87)平成元年 3月27日 東京地裁 昭62(特わ)1889号 強盗殺人、死体遺棄、通貨偽造、銃砲刀剣類所持等取締法違反、火薬類取締法違反、強盗殺人幇助、死体遺棄幇助被告事件 〔板橋宝石商殺し事件・第一審〕
(88)昭和63年11月 2日 松山地裁 昭59(行ウ)4号 織田が浜埋立工事費用支出差止請求訴訟第一審判決
(89)昭和62年 7月29日 東京高裁 昭59(う)263号 受託収賄、外国為替及び外国貿易管理法違反、贈賄、議院における証人の宣誓及び証言等に関する法律違反被告事件 〔ロッキード事件丸紅ルート・控訴審〕
(90)昭和62年 2月19日 東京高裁 昭61(ネ)833号 損害賠償等請求控訴事件 〔総選挙当落予想表事件〕
(91)昭和61年 6月23日 大阪地裁 昭55(ワ)5741号
(92)昭和61年 3月31日 大阪地裁 昭59(ヨ)5089号
(93)昭和60年 9月26日 東京地裁 昭53(行ウ)120号 権利変換処分取消請求事件
(94)昭和60年 3月26日 東京地裁 昭56(刑わ)288号 恐喝、同未遂被告事件 〔創価学会恐喝事件〕
(95)昭和60年 3月22日 東京地裁 昭56(特わ)387号 所得税法違反事件 〔誠備グループ脱税事件〕
(96)昭和59年12月19日 那覇地裁 昭58(ワ)409号 損害賠償請求事件
(97)昭和58年10月12日 東京地裁 昭51(特わ)1948号 受託収賄、外国為替及び外国貿易管理法違反、贈賄、議院における証人の宣誓及び証言等に関する法律違反事件 〔ロッキード事件(丸紅ルート)〕
(98)昭和56年 9月 3日 旭川地裁 昭53(ワ)359号 謝罪広告等請求事件
(99)昭和55年 7月24日 東京地裁 昭54(特わ)996号 外国為替及び外国貿易管理法違反、有印私文書偽造、有印私文書偽造行使、業務上横領、議院における証人の宣誓及び証言等に関する法律違反事件 〔日商岩井不正事件(海部関係)判決〕
(100)昭和52年 9月30日 名古屋地裁 昭48(わ)2147号 商法違反、横領被告事件 〔いわゆる中日スタジアム事件・第一審〕
(101)昭和50年10月 1日 那覇地裁 昭49(ワ)51号 損害賠償請求事件 〔沖縄大蔵興業工場建設協力拒否事件・第一審〕


■選挙の種類一覧
選挙①【衆議院議員総選挙】に向けた、政治活動ポスター貼り(掲示交渉代行)
選挙②【参議院議員通常選挙】に向けた、政治活動ポスター貼り(掲示交渉代行)
選挙③【一般選挙(地方選挙)】に向けた、政治活動ポスター貼り(掲示交渉代行)
選挙④【特別選挙(国政選挙|地方選挙)】に向けた、政治活動ポスター貼り(掲示交渉代行)


【資料】政治活動用事前街頭ポスター新規掲示交渉実績一覧【PRドットウィン!】選挙,ポスター,貼り,代行,ポスター貼り,業者,選挙,ポスター,貼り,業者,ポスター,貼り,依頼,タウン,ポスター,ポスター,貼る,許可,ポスター,貼ってもらう,頼み方,ポスター,貼れる場所,ポスター,貼付,街,貼り,ポスター,政治活動ポスター,演説会,告知,選挙ポスター,イラスト,選挙ポスター,画像,明るい選挙ポスター,書き方,明るい選挙ポスター,東京,中学生,選挙ポスター,デザイン


(1)政治活動/選挙運動ポスター貼り ☆祝!勝つ!広報活動・事前街頭(単独/二連)選挙ポスター!
勝つ!選挙広報支援事前ポスター 政治選挙新規掲示ポスター貼付! 1枚から貼る事前選挙ポスター!
「政治活動・選挙運動ポスターを貼りたい!」という選挙立候補(予定)者のための、選挙広報支援プロ集団「選挙.WIN!」の事前街頭ポスター新規掲示プランです。

(2)圧倒的に政界No.1を誇る実績! 政治ポスター(演説会告知|政党|個人|二連三連)掲示交渉実績!
地獄のポスター貼りやります! ドブ板選挙ポスタリストが貼る! ポスター掲示交渉実績を大公開!
政治ポスター貼りドットウィン!「ドブ板選挙を戦い抜く覚悟のあなたをぜひ応援したい!」事前街頭PRおよび選挙広報支援コンサルティング実績!

(3)今すぐ無料でお見積りのご相談 ☆大至急スピード無料見積もり!選挙広報支援プランご提案
ポスター掲示難易度ランク調査 ご希望のエリア/貼付箇所/貼付枚数 ☏03-3981-2990✉info@senkyo.win
「政治活動用のポスター貼り代行」や「選挙広報支援プラン」の概算お見積りがほしいというお客様に、選挙ドットウィンの公職選挙法に抵触しない広報支援プランのご提案が可能です。

(4)政界初!世界発!「ワッポン」 選挙管理委員会の認証確認済みPR型「ウィン!ワッポン」
完全無料使い放題でご提供可能! 外壁街頭ポスター掲示貼付ツール 1枚から対応/大至急/一斉貼付け!
「ガンガン注目される訴求型PRポスターを貼りたい!」というお客様に、選挙ドットウィンの「ウィン!ワッポン」を完全無料使い放題でご提供する、究極の広報支援ポスター新規掲示プランです。

(5)選べるドブ板選挙広報支援一覧 選挙.WIN!豊富な選挙立候補(予定)者広報支援プラン一覧!
政治家/選挙立候補予定者広報支援 祝!当選!選挙広報支援プロ集団 世のため人のため「SENKYO.WIN」
アポイントメント獲得代行/後援会イベントセミナー集客代行/組織構築支援/党員募集獲得代行(所属党本部要請案件)/演説コンサルティング/候補者ブランディング/敵対陣営/ネガティブキャンペーン(対策/対応)

(6)握手代行/戸別訪問/ご挨拶回り 御用聞きによる戸別訪問型ご挨拶回り代行をいたします!
ポスター掲示交渉×戸別訪問ご挨拶 100%のリーチ率で攻める御用聞き 1軒でも行くご挨拶訪問交渉支援
ご指定の地域(ターゲットエリア)の個人宅(有権者)を1軒1軒ご訪問し、ビラ・チラシの配布およびアンケート解答用紙の配布収集等の戸別訪問型ポスター新規掲示依頼プランです。

(7)地域密着型ポスターPR広告貼り 地域密着型ポスターPR広告(街頭外壁掲示許可交渉代行)
街頭外壁掲示許可交渉代行/全業種 期間限定!貴社(貴店)ポスター貼り サイズ/枚数/全国エリア対応可能!
【対応可能な業種リスト|名称一覧】地域密着型ポスターPR広告(街頭外壁掲示許可交渉代行)貼り「ガンガン注目される訴求型PRポスターを貼りたい!」街頭外壁掲示ポスター新規掲示プランです。

(8)貼る専門!ポスター新規掲示! ☆貼!勝つ!広報活動・事前街頭(単独/二連)選挙ポスター!
政治活動/選挙運動ポスター貼り 勝つ!選挙広報支援事前ポスター 1枚から貼る事前選挙ポスター!
「政治活動・選挙運動ポスターを貼りたい!」という選挙立候補(予定)者のための、選挙広報支援プロ集団「選挙.WIN!」の事前街頭ポスター新規掲示プランです。

(9)選挙立札看板設置/証票申請代行 絶対ここに設置したい!選挙立札看板(選挙事務所/後援会連絡所)
選挙事務所/後援会連絡所届出代行 公職選挙法の上限/立て札看板設置 1台から可能な選挙立札看板設置
最強の立札看板設置代行/広報(公報)支援/選挙立候補者後援会立札看板/選挙立候補者連絡所立札看板/政治活動用事務所に掲示する立て札・看板/証票申請代行/ガンガン独占設置!


お問い合わせ【選挙ドットウィン!】ドブ板選挙広報支援および政治ポスター掲示交渉代行 お問い合わせ 050 お問い合わせ 050plus お問い合わせ 0sim お問い合わせ 109 お問い合わせ 109シネマズ お問い合わせ 10万円給付 お問い合わせ 16銀行 お問い合わせ 17kg お問い合わせ 17ライブ お問い合わせ 31 お問い合わせ 3ce お問い合わせ 3coins お問い合わせ 3ds お問い合わせ 3m お問い合わせ 4ーc お問い合わせ 4b4 お問い合わせ 551 お問い合わせ 551蓬莱 お問い合わせ 5kplayer お問い合わせ 77銀行 お問い合わせ 77銀行アプリ お問い合わせ 7id お問い合わせ 7order お問い合わせ 7pay お問い合わせ 81プロデュース お問い合わせ 9090 お問い合わせ 9monsters お問い合わせ au wallet お問い合わせ au お問い合わせ 0120 au お問い合わせ 157 au お問い合わせ 24時間 au お問い合わせ 無料 back number お問い合わせ contact form 7 お問い合わせ contact form 7 お問い合わせ 表示されない dazn お問い合わせ didi お問い合わせ diesel お問い合わせ diga お問い合わせ dinos お問い合わせ dion お問い合わせ dior お問い合わせ discord お問い合わせ dish// お問い合わせ disney お問い合わせ duo お問い合わせ ep-4004 お問い合わせ ep-707a お問い合わせ ep-802a お問い合わせ ep-803a お問い合わせ ep-805a お問い合わせ ep-806aw お問い合わせ ep-807ab お問い合わせ ep-807aw お問い合わせ ep-808ab お問い合わせ ep-808aw お問い合わせ ep-879aw お問い合わせ ep-978a3 お問い合わせ ep-979a3 お問い合わせ gu お問い合わせ lenovo お問い合わせ line pay お問い合わせ line pay お問い合わせ 電話 line お問い合わせ 電話 lineモバイル お問い合わせ microsoft 365 お問い合わせ nec お問い合わせ パソコン nec お問い合わせ ルータ nec お問い合わせ 電話番号 netflix お問い合わせ nuro お問い合わせ 電話 nuro お問い合わせ 電話番号 nuroモバイル お問い合わせ nuro光 お問い合わせ nuro光 お問い合わせ 電話番号 nuro光 マンション お問い合わせ nuxt お問い合わせ office 365 お問い合わせ peach お問い合わせ pitapa お問い合わせ playstation 4 お問い合わせ px-049a お問い合わせ px-5500 お問い合わせ q10 お問い合わせ q10 お問い合わせ 返信 qbハウス お問い合わせ qcy お問い合わせ qnap お問い合わせ qoo10 お問い合わせ 見方 qrio お問い合わせ qtネット お問い合わせ qtモバイル お問い合わせ qvc お問い合わせ so-net お問い合わせ so-net お問い合わせ line surface pro 7 お問い合わせ tsutaya discas お問い合わせ u-next お問い合わせ vaio お問い合わせ viber お問い合わせ viewカード お問い合わせ vimeo お問い合わせ visa お問い合わせ visa お問い合わせ 電話 visa お問い合わせ 日本 vlive お問い合わせ vプリカ お問い合わせ windows 10 お問い合わせ wordpress お問い合わせ ページ zaif お問い合わせ zaim お問い合わせ zara お問い合わせ zoff お問い合わせ zoho お問い合わせ zoom お問い合わせ zozo gmo お問い合わせ zozotown お問い合わせ 電話 zozoカード お問い合わせ ヴィーナススキン お問い合わせ エポスカード お問い合わせ 24時間 エレコム お問い合わせ ルーター お問い合わせ 0120 お問い合わせ 2-7-0 お問い合わせ 404 お問い合わせ amazon お問い合わせ apple お問い合わせ au お問い合わせ biglobe お問い合わせ cgi お問い合わせ cocoon お問い合わせ contact お問い合わせ css お問い合わせ epic games store お問い合わせ fgo お問い合わせ google お問い合わせ googleフォーム お問い合わせ html お問い合わせ inquiry お問い合わせ line お問い合わせ lixil お問い合わせ mailto お問い合わせ makuake お問い合わせ minne お問い合わせ nec お問い合わせ no お問い合わせ nofollow お問い合わせ note お問い合わせ ntt西日本 お問い合わせ ntt東日本 お問い合わせ pairs お問い合わせ php お問い合わせ pixiv お問い合わせ pop お問い合わせ q&a お問い合わせ rails お問い合わせ sony お問い合わせ ssl お問い合わせ twitter お問い合わせ ufj お問い合わせ ui お問い合わせ uq お問い合わせ weblio お問い合わせ webデザイン お問い合わせ webページ お問い合わせ wordpress お問い合わせ wordpress プラグイン お問い合わせ zozotown お問い合わせ アイコン お問い合わせ アイコン ベクター お問い合わせ アイコン 無料 お問い合わせ アドレス お問い合わせ アマゾン お問い合わせ ありがとう 英語 お問い合わせ ありがとうございます お問い合わせ イメージ画像 お問い合わせ イラスト お問い合わせ イラスト フリー お問い合わせ ウィジェット お問い合わせ ウイルスバスター お問い合わせ お支払い照合番号 メール お問い合わせ お支払照合番号 迷惑メール お問い合わせ お断りメール お問い合わせ お問合せ お問い合わせ お問合せ 公用文 お問い合わせ お礼 お問い合わせ お礼 メール お問い合わせ お礼 例文 お問い合わせ ガイダンス お問い合わせ キューピー お問い合わせ グーグル お問い合わせ グーグルフォーム お問い合わせ ください お問い合わせ クッキー お問い合わせ クックパッド お問い合わせ クラス名 お問い合わせ グラブル お問い合わせ グリー お問い合わせ クリックポスト お問い合わせ クリニック お問い合わせ グループ お問い合わせ グルメ お問い合わせ グレイル お問い合わせ クレーム お問い合わせ クローズ お問い合わせ クロネコ お問い合わせ ゲーセン お問い合わせ ゲーム お問い合わせ コンバージョン お問い合わせ ご質問 お問い合わせ ご質問 類語 お問い合わせ ご相談 窓口 からのメール お問い合わせ ご相談窓口 メール お問い合わせ ご相談窓口 迷惑メール お問い合わせ ご相談窓口 迷惑メール 住所 お問い合わせ ご問い合わせ お問い合わせ ご連絡 お問い合わせ サービス内容の変更 お問い合わせ サービス内容の変更 迷惑メール お問い合わせ サンクスページ お問い合わせ サンクスメール 例文 お問い合わせ サンプル お問い合わせ システム お問い合わせ ジャニーズ お問い合わせ すかいらーく お問い合わせ スクール お問い合わせ スクエア お問い合わせ スクエニ お問い合わせ ステップ お問い合わせ スパム お問い合わせ スペイン語 お問い合わせ する お問い合わせ する側 お問い合わせ セキュリティ お問い合わせ セブンイレブン お問い合わせ センター お問い合わせ ソニー お問い合わせ ソフトバンク お問い合わせ ソフトバンク光 お問い合わせ ダイキン お問い合わせ タイトル お問い合わせ タイ語 お問い合わせ チャット お問い合わせ チャットボット お問い合わせ チラシ お問い合わせ ツイステ お問い合わせ ツイッター お問い合わせ ディズニー お問い合わせ デザイン お問い合わせ デザイン css お問い合わせ デザイン 参考 お問い合わせ テンプレート お問い合わせ というメール お問い合わせ ドイツ語 お問い合わせ ドコモ お問い合わせ とは お問い合わせ ドメイン お問い合わせ ニコス お問い合わせ ニコニコ お問い合わせ ニトリ お問い合わせ ネイルサロン お問い合わせ ネットショップ お問い合わせ の使い方 お問い合わせ は 英語 お問い合わせ バーバリー お問い合わせ パーマリンク お問い合わせ バイト お問い合わせ はくばく お問い合わせ ハコスコ お問い合わせ はじめて お問い合わせ パスワード お問い合わせ バズ部 お問い合わせ パソコン お問い合わせ パソコン工房 お問い合わせ バッファロー お問い合わせ はてな お問い合わせ はてなブログ お問い合わせ バナー お問い合わせ バナー デザイン お問い合わせ バナー 素材 お問い合わせ バナー 無料 お問い合わせ バナー画像 お問い合わせ パナソニック お問い合わせ はなまるうどん お問い合わせ バリデーション お問い合わせ パンテーン お問い合わせ パンフレット お問い合わせ ヒアルロン酸 お問い合わせ ピーチサポート お問い合わせ ピクトグラム お問い合わせ ビザ お問い合わせ ビジネス お問い合わせ ビジネスメール お問い合わせ ビジネス文書 お問い合わせ ひな形 お問い合わせ フォートナイト お問い合わせ フォーム お問い合わせ フォーム html お問い合わせ フォーム php お問い合わせ フォーム デザイン お問い合わせ フォーム 無料 お問い合わせ フォーム 例文 お問い合わせ プライバシーポリシー お問い合わせ プライバシーポリシー 同意 お問い合わせ プラグイン お問い合わせ プラグイン wordpress お問い合わせ プラン変更 迷惑メール お問い合わせ プラン変更送り先 メール お問い合わせ フリー素材 お問い合わせ ふりがな お問い合わせ プルダウン お問い合わせ フロー お問い合わせ ブログ お問い合わせ ペイパル お問い合わせ ベーカリー お問い合わせ ページ お問い合わせ ページ デザイン お問い合わせ ページ 作り方 お問い合わせ ペット お問い合わせ ベトナム語 お問い合わせ ベルパーク お問い合わせ ホームページ お問い合わせ ポケモン お問い合わせ ポケモンgo お問い合わせ ポスター お問い合わせ ボタン お問い合わせ ボタン css お問い合わせ ボタン html お問い合わせ ボタン デザイン お問い合わせ ボタン フリー お問い合わせ ポルトガル語 お問い合わせ マーク お問い合わせ マーケティング お問い合わせ マイクロソフト お問い合わせ マカフィー お問い合わせ マナー お問い合わせ マニュアル お問い合わせ みずほ お問い合わせ ムービック お問い合わせ メーラー起動 お問い合わせ メール お問い合わせ メール お礼 お問い合わせ メール 英語 お問い合わせ メール 件名 お問い合わせ メール 返信 お問い合わせ メールアドレス お問い合わせ メールアドレス 例 お問い合わせ メルカリ お問い合わせ モンスト お問い合わせ ヤフオク お問い合わせ ヤマト お問い合わせ ヤマト運輸 お問い合わせ やり方 お問い合わせ ユニクロ お問い合わせ よくあるご質問 お問い合わせ よくある質問 お問い合わせ ヨドバシ お問い合わせ ライン お問い合わせ リクシル お問い合わせ リクルート お問い合わせ リフォーム お問い合わせ リンク お問い合わせ リンク デザイン お問い合わせ ルミネ お問い合わせ ルミネカード お問い合わせ レスポンシブ お問い合わせ レターパック お問い合わせ レノボ お問い合わせ レンタカー お問い合わせ ローソン お問い合わせ ローチケ お問い合わせ ロゴ お問い合わせ ロッテ お問い合わせ ロボット お問い合わせ ワードプレス お問い合わせ ワイモバイル お問い合わせ ワイヤーフレーム お問い合わせ わかさ生活 お問い合わせ ワコム お問い合わせ を英語で お問い合わせ 挨拶 お問い合わせ 意味 お問い合わせ 一覧 お問い合わせ 営業 お問い合わせ 営業お断り お問い合わせ 営業日 お問い合わせ 英語 お問い合わせ 英語 ホームページ お問い合わせ 英語 メール お問い合わせ 英語 件名 お問い合わせ 英語で お問い合わせ 英訳 お問い合わせ 何度も お問い合わせ 荷物 お問い合わせ 画像 お問い合わせ 画像 フリー お問い合わせ 画像 素材 お問い合わせ 画像添付 お問い合わせ 画像認証 お問い合わせ 画面 お問い合わせ 回答 お問い合わせ 回答 お礼 お問い合わせ 確認画面 お問い合わせ 学校 お問い合わせ 楽天 お問い合わせ 楽天カード お問い合わせ 楽天モバイル お問い合わせ 完了 例文 お問い合わせ 完了画面 お問い合わせ 漢字 お問い合わせ 管理 お問い合わせ 韓国語 お問い合わせ 企業 お問い合わせ 貴社 お問い合わせ 偽名 お問い合わせ 求人 お問い合わせ 給付金 お問い合わせ 銀行 お問い合わせ 熊本市 お問い合わせ 契約条項通知 お問い合わせ 契約条項通知 メール お問い合わせ 契約条項通知 迷惑メール お問い合わせ 敬語 お問い合わせ 敬語 メール お問い合わせ 芸大 お問い合わせ 結び お問い合わせ 件名 お問い合わせ 件名 メール お問い合わせ 件名 英語 お問い合わせ 件名とは お問い合わせ 見積もり お問い合わせ 見本 お問い合わせ 減らす お問い合わせ 現金書留 お問い合わせ 現状 お問い合わせ 言い換え お問い合わせ 言い方 お問い合わせ 言葉 お問い合わせ 言葉遣い お問い合わせ 個人情報 同意 お問い合わせ 個人情報保護 お問い合わせ 個人情報保護方針 お問い合わせ 項目 お問い合わせ 佐川 お問い合わせ 最初 お問い合わせ 採用 お問い合わせ 在庫 お問い合わせ 在宅 お問い合わせ 作り方 お問い合わせ 三井住友銀行 お問い合わせ 参考 お問い合わせ 仕方 お問い合わせ 使い方 お問い合わせ 支払い照合番号 お問い合わせ 資料請求 お問い合わせ 歯医者 お問い合わせ 時間 お問い合わせ 自動返信メール お問い合わせ 自分 お問い合わせ 質問 お問い合わせ 写真 お問い合わせ 謝罪 お問い合わせ 種類 お問い合わせ 受付 メール お問い合わせ 受付時間 お問い合わせ 書き始め お問い合わせ 書き方 お問い合わせ 書き方 ゲーム お問い合わせ 承りました お問い合わせ 照会番号 迷惑メール お問い合わせ 森永 お問い合わせ 人 英語 お問い合わせ 正しい お問い合わせ 正式 お問い合わせ 西濃 お問い合わせ 設置 お問い合わせ 専修大学 お問い合わせ 選考 お問い合わせ 選考辞退 お問い合わせ 選択 お問い合わせ 素材 お問い合わせ 相談窓口 お問い合わせ 相談窓口 メール お問い合わせ 窓口 お問い合わせ 送り状番号 お問い合わせ 送信完了 お問い合わせ 送信完了画面 お問い合わせ 尊敬語 お問い合わせ 他の言い方 お問い合わせ 対応 お問い合わせ 対応 メール お問い合わせ 対応時間 お問い合わせ 代行 お問い合わせ 代理店 お問い合わせ 台湾語 お問い合わせ 大学 お問い合わせ 宅急便 お問い合わせ 担当者様 お問い合わせ 断り方 お問い合わせ 中国語 お問い合わせ 中文 お問い合わせ 注意事項 お問い合わせ 丁寧 お問い合わせ 丁寧語 お問い合わせ 追従 お問い合わせ 締めの言葉 お問い合わせ 店 お問い合わせ 添付 お問い合わせ 電話 お問い合わせ 電話 マナー お問い合わせ 電話 メール お問い合わせ 電話 話し方 お問い合わせ 電話対応 お問い合わせ 電話番号 お問い合わせ 土日 お問い合わせ 動詞 お問い合わせ 同意 お問い合わせ 同意する お問い合わせ 同義語 お問い合わせ 導入 お問い合わせ 匿名 お問い合わせ 特別体験終了 お問い合わせ 読み方 お問い合わせ 内容 お問い合わせ 日経 お問い合わせ 日本語 正しい お問い合わせ 日本郵便 お問い合わせ 日立 お問い合わせ 入力フォーム お問い合わせ 任天堂 お問い合わせ 農林水産省 お問い合わせ 反対語 お問い合わせ 番号 お問い合わせ 誹謗中傷 お問い合わせ 美容院 お問い合わせ 美容液 お問い合わせ 必須 お問い合わせ 必要 お問い合わせ 表記 お問い合わせ 表記 英語 お問い合わせ 表示 お問い合わせ 武蔵野美術大学 お問い合わせ 分析 お問い合わせ 文言 お問い合わせ 文字化け お問い合わせ 文字数 お問い合わせ 文章 お問い合わせ 文章 ゲーム お問い合わせ 文面 お問い合わせ 別の お問い合わせ 別の言い方 お問い合わせ 返信 お問い合わせ 返信 いつ お問い合わせ 返信 お礼 お問い合わせ 返信 こない お問い合わせ 返信 テンプレ お問い合わせ 返信 英語 お問い合わせ 返信 件名 お問い合わせ 返信 例文 お問い合わせ 返信メール テンプレート お問い合わせ 方法 お問い合わせ 褒める お問い合わせ 本名 お問い合わせ 翻訳 お問い合わせ 毎日 お問い合わせ 無視 お問い合わせ 無料 お問い合わせ 無料素材 お問い合わせ 名乗る お問い合わせ 名前 お問い合わせ 名前 偽名 お問い合わせ 名前 本名 お問い合わせ 迷惑メール お問い合わせ 目的 お問い合わせ 問い合わせ お問い合わせ 問合せ お問い合わせ 訳 お問い合わせ 郵便 お問い合わせ 要望 お問い合わせ 要望 書き方 お問い合わせ 留学 お問い合わせ 旅館 お問い合わせ 料金 お問い合わせ 料金確認 特別体験終了 お問い合わせ 料金確認 迷惑メール お問い合わせ 類語 お問い合わせ 例文 お問い合わせ 連絡こない お問い合わせ 連絡先 お問い合わせ 録音 お問い合わせ 話し方 お問い合わせ 亘理町 お問い合わせ(無料) お気に入り お問い合わせありがとうございます 英語 お問い合わせください お問い合わせフォーム お問い合わせフォーム 作り方 お問い合わせ番号 お問い合わせ番号が見つかりません お問合せ お問合せ イラスト お問合せ お礼 お問合せ する お問合せ とは お問合せ ピアノ教室 お問合せ ポータル お問合せ レンタカー お問合せ レンタル お問合せ ロゴ お問合せ 意味 お問合せ 画像 お問合せ 件名 お問合せ 公用文 お問合せ 佐川 お問合せ 三越 お問合せ 申し込み お問合せ 日本語 お問合せ 問い合わせ お問合せ 問合せ ギャラクシー お問い合わせ グラクロ お問い合わせ グラブル お問い合わせ ゲームアイテム名 グラブル お問い合わせ どこ グラブル お問い合わせ モバゲー グラブル お問い合わせ 巻き戻し ゲーム お問い合わせ 書き方 ゲームトレード お問い合わせ ゲオ お問い合わせ ザトール お問い合わせ ザレイズ お問い合わせ シャープ お問い合わせ 050 シャープ お問い合わせ 冷蔵庫 シャドバ お問い合わせ ネタ ズーキーパー お問い合わせ ズーム お問い合わせ ずんどう屋 お問い合わせ ゼクシィ お問い合わせ セディナ お問い合わせ ローン ゼノンザード お問い合わせ ゼロファクター お問い合わせ ゼンハイザー お問い合わせ ゼンリー お問い合わせ ゼンリン お問い合わせ ゾゾタウン お問い合わせ 電話番号 ソフトバンク お問い合わせ 157 ソフトバンク お問い合わせ 24時間 ソフトバンク お問い合わせ 無料 ダイソー お問い合わせ ダイソン お問い合わせ ドコモ お問い合わせ 151 ドコモ お問い合わせ 24時間 ドラクエウォーク お問い合わせ 2-7-4 トレクル お問い合わせ 400 トレクル お問い合わせ 502 ニトリ お問い合わせ 0570 ヌビアン お問い合わせ ネスレ お問い合わせ ノエル銀座クリニック お問い合わせ ノートン お問い合わせ ノーリツ お問い合わせ ノジマ お問い合わせ パスワード お問い合わせ バッファロー ルーター お問い合わせ ぴあ お問い合わせ ピカラ お問い合わせ ピクトリンク お問い合わせ ピグパ お問い合わせ ピザハット お問い合わせ ビセラ お問い合わせ ビックカメラ お問い合わせ ビューカード お問い合わせ ペアーズ お問い合わせ ペイペイ お問い合わせ 電話 ポケコロ お問い合わせ ポケットカード お問い合わせ ポケ森 お問い合わせ ポンタカード お問い合わせ マイナビ お問い合わせ 2021 ムーモ お問い合わせ メルカリ お問い合わせ ページ メルカリ お問い合わせ ログインできない モバイルsuica お問い合わせ ヤマト運輸 お問い合わせ 0570 ゆうパック お問い合わせ 見つからない りそな銀行 お問い合わせ 24時間 ルイヴィトン お問い合わせ ルフトハンザ お問い合わせ るるぶトラベル お問い合わせ ルンバ お問い合わせ ロコンド お問い合わせ 電話 ワイジェイカード お問い合わせ ワイモバイル お問い合わせ 電話 楽天 お問い合わせ 銀行 楽天モバイル お問い合わせ 無料 株式会社アークh.d お問合せ 逆seo対策 株式会社アークhd お問合せ 逆seo 銀だこ お問い合わせ 銀のさら お問い合わせ 銀座カラー お問い合わせ 銀座保険サービス お問い合わせ 劇団四季 お問い合わせ 佐川 お問い合わせ 見方 佐川急便 お問い合わせ 24時間 在留カード お問い合わせ 財宝 お問い合わせ 財務省 お問い合わせ 三井住友銀行 お問い合わせ 24時間 象印 お問い合わせ 税務署 お問い合わせ 全日空 お問い合わせ 全日空 お問い合わせ 電話 全労済 お問い合わせ 造園工事 お問い合わせ 奈良県緑化土木協同組合 大東建託 お問い合わせ 第五人格 お問い合わせ 年金 お問い合わせ 白猫 お問い合わせ 3203 白猫 お問い合わせ 3210 病院 お問い合わせ 崩壊 3rd お問い合わせ 野村證券 お問い合わせ 嵐 5ラ20 お問い合わせ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。